子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2017年 01月 15日

高感度サブ D750導入

この年末から新年にかけて、Cへの総入れ替えなんていう血迷ったことを実行しそうになっていたのですが
何とか思いとどまりだした結論がこれ
a0035279_00192949.jpg
いまさら感がありますがD750導入です。

そもそもなんでCに乗り換えなんて事を考えたかというとD500の高感度についての疑問でした。
ISO800までは僕的には十分。1000でちょっと気になり出すかな、って感じノイズなのですが
いざとなるともうちょっと高い感度も安心して使いたい所です。

具体的な状況は去年5月のオナガヒロハシの営巣シーン。広い画角で暗い所の飛び出しが撮りたい
そのためにはフルサイズと高感度とある程度のコマ数が欲しいです。
そこでメインを1DXにすれば・・・

なんて考えてしまったのですが、いまのD500のシステムも高感度意外は問題ありません。
APS-Cはでっかく写るのでむしろメインに使っていきたい所です。AFも一発調整できるしね。
ロクヨンFLもよく解像してくれるし、サンヨンPFも便利だし・・・
それじゃNに高感度に強いフルサイズを追加すれば問題解決じゃないですか。

ここでD5を導入できれば全く問題ないのですが先立つものがありません。
D810買い直しってのは論外。あのカメラも高感度的にはD500と変わらないんですよね。
フルサイズで5コマはちょっと遅いし、クロップのうまみもD500のある今、色あせてしまっています。
D4買い直し・・・ってのもなんだかなあ。今から思い返すと、被写体とちょっと距離があるといまいちな印象が・・・
D4sは1dxよか高いし・・・

大体フルサイズはあくまで暗い時用の限定マシーンでかまわないんですよね。
そこで白羽の矢が立ったのがD750でした。お値段お手ごろ、秒6.5コマはまあまあ。
画素数2400万というのはD500の2000万と併用するには絶妙ではないかと。もちろん高感度もいいらしいですしね。
問題はシャッター音の安っぽさですが、かつてEOS40Dで鍛えられた僕にはそんなに気になりませんでした。
あとバッファはRAWで12コマとの表示です。これがチョイ心配

でもこれであの時のオナガヒロハシをイメージすると、三脚にロクヨン+D500で止まり物をしっかり狙い、
手持ちD750+サンヨンPFで巣からの飛び出しを狙う・・・完璧じゃ~

というわけでD750購入。早速試撮りに行ってきました。
さっそく高感度のテストにもってこいの場所にルリビが居てくれたのでD500と比較。
共にピクチャーコントロールはニュートラルにしてあるので多少ノイズは目立たなくなっています。
a0035279_00195621.jpg
左がD500.右がD750です。D750の方が若干ざらついている気もしますが
ISOはD500が1000でD750は2500です。
この差なら十分かなあと僕的には思います。

画角の広さは鳥のいる風景を撮るにはやっぱりいいですねえ。
a0035279_00193555.jpg
こちらはルリビが思いのほか近くまで飛んできてくれたのでノートリで。
この時はフルサイズで良かった~と思いました。
a0035279_00193208.jpg
背景がこんな感じだとちと苦しいノイズですね。ISO2500
a0035279_00193816.jpg
でもこの背景ならISO6400でもあまり気にならないみたい。
a0035279_00194733.jpg
普段は撮りませんがテスト用に猫を撮って見ました。シジュウカラを狙ってます(^^;
a0035279_00194016.jpg
ジョウビの後ろに紅梅が咲いていたので色を入れて。
a0035279_00194492.jpg
と、こんな感じです。露出さえばっちりならISO2500は常用できそうです。
D5までのつなぎはこれで行きましょ(^^;




[PR]

by o-rat | 2017-01-15 09:33 | 撮影機材 | Comments(2)
Commented by BOUSYO_MS at 2017-01-15 21:16
話を聞いた時は、まさか!と思いましたが
良い解決策が見つかって良かったですね〜
Commented by o-rat at 2017-01-15 23:04
MSさん、今日はお疲れ様でした。
ほんと危ないとこでした、このお正月(^^;
今年もNで頑張ります!


<< ニシオジロリベンジ      新年初鳥は鷹祭り >>