子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 12 )


2017年 08月 18日

夏の東北ツーリング三日目 裏磐梯五色沼歩きまくり

浄土平を後にして裏磐梯に向けて下っていきますが見えるはずの絶景は霧の向こう。
a0035279_23062289.jpg


 それでも山を下りきって裏磐梯のエリアに入ると日差しが出てきました。影があるってのは幸せです。
a0035279_23062596.jpg

レイクライン(色々ラインがありますねえ)を快適に走りぬけ、今日の宿、裏磐梯レイクリゾートに到着。
本格的なリゾートホテルなんでなんかバイクには不釣合いな感じもしますがとってもリフレッシュできそう(^^)
ホテルのスタッフに駐輪場を聞くと軒先に止めさせていただける事になりました。
これなら雨が降っても安心です。
a0035279_23363957.jpg

チェックインを済ませ部屋に行くと、う~ん、ちゃんとしたリゾートだ~
a0035279_23063493.jpg

さあ、それじゃ恒例の到着を祝して乾杯!
a0035279_23063800.jpg

今日は五色沼を散策するつもりだったのであまり寄り道をせず早めに宿についたのですが
それでももう時刻は4時半。それじゃ暗くなる前に五色沼いっときましょ。
鳥がいる可能性もなくはないので一応サンヨン+1.4XテレコンをつけたD500を持って行きます。

五色沼の入り口はホテルの目の前。散策コースは片道3kmほどらしいので中間地点あたりまで行って戻ってくることにします。
早速歩き始めますが結構観光客が多くて鳥どころじゃないかな。聞こえてくるのもカラ類が少々だけ。

そしてまず現れたのは柳沼。普通の池ですな。

a0035279_23064347.jpg


次は青沼。青ってくらいだから青いんだろうなと思ったら青かった~

a0035279_23064733.jpg


次の沼は瑠璃沼、ちょっと緑っぽいかな?

a0035279_23575560.jpg


そして弁天沼。広くて青沼みたいな色。そう言えば天気もすっかり良くなってきましたねえ。
ここらへんで引き返す予定だったのですが気分もいいし2つ先の赤沼が本当に赤いか見に行ってみようかな。

a0035279_23065367.jpg

木々の中にはもう紅葉がはじまっているものもあります。まだ8月頭だってのにもう秋の気配なんですかね。
a0035279_23520065.jpg

こうして中間地点を超え次の深泥沼へ。沼への道沿いにはせせらぎが流れていて時期が良ければオオルリがいそう。
a0035279_23065789.jpg
そして着いた深泥池。別にドロドロしてませんねえ。ここでは奥の森から
キビの地泣きが聞こえてきました。でも姿を見ようなんて気は全く起こらないくらいの距離。
a0035279_23580294.jpg
さあ、次が赤沼、それだけ見たら戻りましょう。道を急ぎますがここに来て体調に異変が・・・
う~トイレ~ ビールがいけなかったな。どうしよう、戻るかそれともこのまま突っ切って向こう側のビジターセンターを目指すか・・・
でももう半分以上来ちゃってるし、こうなったら向こう側まで言ってバスで帰って来るのがベストじゃないかな?

と言う訳で先に進む事にして大急ぎで赤沼へ。全然赤くない!どういうこった!?
a0035279_23580758.jpg
まあ悩んでいる余裕もないのでさらに大急ぎで最後の毘沙門沼をクリア
a0035279_23070218.jpg
無事にビジターセンターにたどり着き、何とかトイレ間に合いました。
ホッとしつつこの前Cさんに聞いた話を思い出します。彼はかつて五色沼に行った時、やはり片道だけ歩きバスに乗って戻ろうとしたのですが、終バスの時間がすごく早く大変苦労したそうです。まあ随分前の話のようなので、さすがに今はそんな事ないだろうと思いバス停に行ってみると・・・
終バス4時台じゃん・・・時刻はもう既に6時、こりゃ歩いて帰るしかないか・・・
と諦めて毘沙門沼に戻る頃にはもう日が暮れそう。こんな道真っ暗になっちゃったら遭難しちゃうぞ。
a0035279_23581377.jpg
と焦りますが、まあ時速6kmで早歩きすれば3kmは30分、何とかなるか、
とかつて経験した事のないくらいの早足で歩き続け
予定通り6時半にはホテルに到着、でもメチャクチャ疲れました。

夕食は7時からなのでその前に一風呂浴びておこうと思い大浴場へ。するとここでもまた貸切!さらに露天風呂も貸切!
あまり時間がなくのぼせるまで使っては居られませんでしたが夕暮れの松原湖を眺めながらの露天風呂はほんとに気持ちよく
今日の疲れが全部ぶっ飛ぶようでした。しかし今回お風呂に関しては本当に恵まれていましたなあ。

お風呂上りにビールを一杯飲んでから待望の晩御飯。今日はみんな大好きバイキングです。
なんだかんだで色々取ってお腹いっぱい。
a0035279_23072888.jpg
でもデザートは別腹ってことでこちらもたっぷり頂いてもうぐるじいもいいところ。
a0035279_23073282.jpg
もうぶっ倒れそうになりながらもちょっとお土産を物色してから部屋に戻ると
ふかふかのベッドに倒れこむように爆睡。

[PR]

by o-rat | 2017-08-18 21:54 | Comments(6)
2016年 12月 31日

今年も一年ありがとうございました。

それでは皆様、良いお年を!

a0035279_22145482.jpg
来年もよろしくお願いいたします。


[PR]

by o-rat | 2016-12-31 22:15 | Comments(0)
2016年 04月 14日

桜のあとは海撮りです

桜カワセミのあとはシギチめぐり、ますはカワセミの池にいたバンを一枚。水面が桜色に染まっていました。
a0035279_8375239.jpg
そのあと場所を移動して内陸性のシギチ狙い。ここではオジロトウネンらしきのをゲット。シギチワールドだと「ジロネン」って呼ぶんですってね。詳しい人が教えてくれました。
a0035279_838468.jpg
あとはタシギ
a0035279_8381426.jpg
クサシギ タカブシギなどをゲット。ここで朝からご一緒してくれたMSさんと別れ、午後からは海の方へ行って見ました。

干潮いっぱいがお昼過ぎだったので広い干潟が出ています。しかし潮干狩りの人もかなりの数。なので最初はかなり沖目の干潟に行かないとシギチの姿は見られませんでした。
長靴じゃなかったので歩いていけるところを選びながらたどり着くと、そこに群れていたのはハマシギとダイゼン?
a0035279_8382494.jpg
浜の端っこの方にはここで一番会いたかったミヤコドリの群れに遭遇。100羽くらいいるんじゃないかというくらいの大群です、ミヤコドリって珍しいと思ってたんだけどこんなにいるんですねえ・・・
a0035279_8384119.jpg
いっぱいいるとバトルもあります。シギチもなかなか面白いかも。
a0035279_8385392.jpg

しかしこんな簡単に憧れのミヤコドリに会えるとはちょっと拍子抜けだな。
a0035279_839567.jpg
オオソリハシシギの夏羽も飛んでゆきます。
a0035279_8391182.jpg
草地にはコチドリ
a0035279_2054892.jpg
そしてダイシャクシギ?(間違ってたら教えてください)ホウロクシギを撮ってこの日は終了。(ukiukivideoさんありがとうございました)
a0035279_8392098.jpg
a0035279_8423161.jpg

SさんMさんともおしゃべりできて楽しい海撮りになりました。どうもありがとうございました~(^^)
[PR]

by o-rat | 2016-04-14 00:07 | Comments(2)
2016年 03月 18日

卒業式

早いもので今日はたいきの中学校の卒業式でした。
a0035279_21143104.jpg

中高一貫校なので本人を含めあまり実感はないのですが(^^;)
でももう高校生だもんな、ほんと早いですねえ!
[PR]

by o-rat | 2016-03-18 21:08 | Comments(6)
2015年 11月 11日

神戸遠征2日目 後半

 紅葉の綺麗な池の畔を後にして渓流沿いをひたすら歩いていくと、やっと公園を出てトレッキングロードのスタート地点の河原に到着。入り口からここまでで2kmくらいあったんじゃないでしょうか。すでにロクヨンが重たいです~

 いよいよここからトゥエンティークロスがスタート。標識には新神戸まで5kmと書いてありますが、うちらは途中から布引ロープウェイに乗っちゃう予定なので実質4kmくらいかな。それくらいならなんとかなるでしょ
a0035279_23213141.jpg

落ち葉がカサカサ動いているのでなんだろう?と三脚を降ろして見てみるとサワガニが出てきました。
a0035279_23302932.jpg


 先ずは川沿いにわりと平坦な道が続きます。途中何度か川を飛び石で渡るのですが、この道はこうやって川を20箇所渡るからトゥエンティクロスというそうです。
a0035279_23365711.jpg
これでカメラを落っことしでもしたらえらい事なので緊張はしますが、それほどきつくはなく、これならロクヨン背負ってても楽勝かなって感じでした。最初のうちは・・・

 ひーこと「3クロス!4クロス!」と川を渡っていくとやがて道は山の中へ。それと共に登りが始まりました。登ったあとは下りです、このアップダウンはロクヨンを担いでいる身には結構しんどいです・・・
a0035279_23385941.jpg

道端にカエルを見つけ一休み。あー疲れた~
a0035279_23405049.jpg

 以降もわりと平坦な場所もあるものの、堰堤を乗り越えるたびにアップダウンが襲ってきます。
 さらには弱った足腰には飛び石がまたきついです。
a0035279_23473564.jpg

 でももうここら辺まできてしまうと戻るのも至難の業。途中舗装道路に出れそうな所もまったくないし、怪我でもしたら遭難しかねません。
 そんな中、ジョウビタキの出現でちょっと復活。ロクヨンがやっと役に立ちました。
a0035279_23505429.jpg

そこから下るとやがて道は広い河原へ。ここまで来たらあともう少し。
a0035279_23443411.jpg
はるか彼方だと思っていた第1目標地点までの距離もあと1kmとなってきました。そこまで行けばもうちょっとでロープウェイの駅のはず。がんばろう!

 ヒーヒーー言いながら歩いているうちに。空はいつの間にか夕焼けに染まっていました。時間はもう4時半。急がないと日がくれそうです。
a0035279_2350422.jpg

 そしてやっと道に轍が見えてきました、これでもう激しいアップダウンはないでしょう。さらに街灯と民家が!やっと人里に降りてこれた~
 
 と思ったら廃墟。ここからしばらく廃墟が続き、これはこれで怖いです~

 廃墟トラップを脱出するとついにみやげ物屋街に到着。時間のせいか今日が平日だからかどこも店は閉まっていましたが、自販機は生きていたのでジュースを飲んで一服。さあ、あとはロープウェイまであと一息!最後の力を振り絞って出発!道際の街灯にはもう明かりが点り始めました。

 地図を見るとロープウェイの駅は車道沿いのようなので、遊歩道をそれ舗装道路を歩いていくと、木々の向こうに神戸の街並みが見えてきました!
a0035279_022256.jpg

そしてカーブを曲がるとついにロープウェイの駅が!やったー!ついたー!
 後はあそこに行けば自動的に新神戸まで行けるんだ!と石の様に重くなったロクヨンを担ぎ直し足を一歩一歩前に進めていくと、向こうからカメラを持ったお嬢さんがやってきました。公園を出てから初めて会う人です。 ついうれしくなってご挨拶をすると、ロープウェイに乗られるんですか?と聞かれました。
ハイ!そうなんです!と答えると、ロープウェイは5時15分で最終みたいですよ、との事。今は・・・5時12分・・・

 なんてこった~~~~!後3分であそこまで行くのは絶対無理じゃん~(TT)

 となるとここから新神戸まで歩いて降りていくしかないんですな。それしかないんじゃしょうがない、歩くしかないじゃないか~~~!

 お嬢さんも下まで歩いていくそうなのでご一緒させていただけたのは不幸中の幸い。新しい仲間が増えたのでちょっと気分もリフレッシュでき、元気もちょっとだけ回復しました。それにあそこでお嬢さんに会わなければロープウェイの駅まで行ってしまって事実と直面したわけで、そのときのダメージは計り知れなかったでしょう。

 そとなれば一刻も早く街に帰りましょう。薄暗い階段をひたすら降りて行き、先ずは布引貯水池のダムサイトに出ました。でもゆっくり景色を眺めている余裕はありません。先を急ぎましょう。

 貯水池から流れ出た沢に沿って歩いていくと、その河原にブヒブヒ音と共にイノシシ登場!新神戸の裏山にあんなのが居るなんてもうびっくり。道と河原とは高いフェンスで仕切られていたもののちょっとビビッてしまいました。

 こんな中で日がくれちゃまさにピンチ、さらに早足で急な道をずーっと降りていくと第1の滝に到着。ここではまだ撮影できる残照と余裕がありました。
a0035279_0481239.jpg


 しかしその後すぐに日がくれ辺りはすっかり夜。独りじゃ心細いなんてもんじゃなかったでしょう。
 道に沿って外灯は点々とあるものの、その感覚はかなり広くて足元はほぼ真っ暗。
 所々ある段差が危険です。ここではお嬢さんがスマホで足元を照らしてくれ、何とかみんな乗り切る事ができました。

 そんな道をひたすら歩き続けていくと、展望台があったので一休み。
するとそこにはすばらしい神戸の夜景が広がっていました。
a0035279_0451112.jpg
駅前のホテルがすぐそこに見えます。もうあとちょっとかな、なんて期待をしたものの・・・

 ここから先も結構長かった~
 道はひたすら下りしかも非常に急です。昇りよりはマシですがふくらはぎもパンパンだし体重がかかるつま先が痛くってかなり辛いです。 それでもなんとか二つ目の滝に到着。滝の前には何人もの人影が。皆下から登ってきたのでしょうか。だとしたらふもともあとちょっとでしょう。

 やがて人の住む家の明かりが見えてきたと思ったら、あっという間にコンクリだらけの新神戸駅の前に到着。ここから10分も歩けば三ノ宮ですよ、なんだこのギャップは!?ついさっきまで河原をイノシシが歩いてたって言うのに、恐るべし神戸。

 ここでお嬢さんとはお別れ。あなたが居なかったらきっと遭難してました。ほんとにいろいろありがとうございました~、

 そして僕らはライトがなくても歩ける平らな道を、棒のようになった足で何とかホテルに無事生還。靴を脱いだら親指の爪が死んでました。あ~しんどかった~

 とりあえずビールを飲んで生き返ったら再び靴を履き昨日見つけた近所の焼肉屋へ。

 ここで再び飲み放題&一頭食べつくしコースで晩御飯。
 まずはキムチにナムル
a0035279_2320273.jpg
ツラミ ホルモン タン塩、ウメ~
a0035279_23204012.jpg

塩で焼く高そうな肉、さがりとカルビだったっけ
a0035279_23221247.jpg
それを山葵でいただきます、う~ん、最高~
a0035279_23222058.jpg

そしてタレで食べるカルビとハラミ、当然ウマイ!
a0035279_232250100.jpg
いっぱい歩いたから何食べても美味しいです、それにお酒もうまいったらありゃしません、いったい何杯飲んだろ?(^^)
〆にゴマアイスが出て晩御飯は終了
a0035279_23241231.jpg

あとはフラフラになってホテルに戻り、そのまま爆睡したのは言うまでもありません。濃い一日でした。
[PR]

by o-rat | 2015-11-11 23:28 | Comments(4)
2006年 07月 06日

大量発生

a0035279_17122314.jpg

ちょっと目を離した隙に、すごい事になってました。
みんないっぺんに孵っちゃったよ~
[PR]

by o-rat | 2006-07-06 17:12 | Comments(2)
2006年 07月 04日

クロアゲハ

a0035279_17514529.jpg

おじいちゃんの家の蛹第二弾も羽化しました。
今度はクロアゲハでした。やった~
今度もちゃんと逃がしてあげましたよ!
[PR]

by o-rat | 2006-07-04 17:51 | Comments(2)
2006年 06月 28日

アゲハ蝶

a0035279_2133959.jpg

おじいちゃんの家で飼っていたアゲハ蝶の蛹が羽化したので外に逃がしてあげました。
残る蛹はあと四個。
今度はクロアゲハだといいな
[PR]

by o-rat | 2006-06-28 21:03 | Comments(4)
2006年 06月 10日

今日はババガンプ

a0035279_19361156.jpg

今日も惰眠を貪ってしまい、鳥撮りはおやすみ。
夕方からラクーアのババガンプに行っていっぱい飲んでます。
なので明日も起きられないの確実ですなー
[PR]

by o-rat | 2006-06-10 19:36 | Comments(7)
2005年 12月 29日

うちあげ

a0035279_181335100.jpg

うちあげは焼き鳥屋さんでした。
たいきは大好物なんです(^_^)v
[PR]

by o-rat | 2005-12-29 18:13 | Comments(2)