カテゴリ:虫撮り( 10 )


2016年 06月 05日

虫撮り強化週間 ミドリシジミ、マスダクロホシタマムシ、そしてオオムシクイ現る!

6月4日は虫の日、というわけで今週末は虫撮りに励みました。
この時期の花形といえばやはりミドリシジミ。今まで鳥にかまけて時期を逃してしまいスカってばかりだったので、今年は気合を入れて早起きして出かけてみました。
現地に着くと・・・お~!道端にミドリシジミが!
a0035279_22263521.jpg
これを見てみたかったんですよお~。
なんて綺麗なんでしょう。これは鳥にも勝る魅力、たまりません。
a0035279_21225663.jpg

と、その近くにはメスもいます。その場にいらっしゃった虫撮りの方にうかがうと、このオレンジと青の両方の色が出ているのがAB型といって一番レアなんだそうです。ほんと綺麗だ~
a0035279_2125697.jpg

そして青い模様だけが出るのがB型
a0035279_21264488.jpg

オレンジだけのがA型でほぼ真っ黒なのがO型ということ。
a0035279_21274023.jpg

でもやっぱりはじめて対面する身にはオスが魅力的に映ります。
a0035279_21283888.jpg
この緑色は構造色で見る角度で色の出方が変わります。カワセミの背中とかと一緒ですね。
a0035279_2130227.jpg

親切なお姉さんに前の方から見ると一番緑が鮮やかに見えると教えていただきました。ほんとピカーっと発色します。
a0035279_21311994.jpg
この角度からは青みが強く見えるようです。
a0035279_2132250.jpg

羽のアップ、構造色の元がこの同心円の燐粉でしょうか。それより目にまで毛が生えてるとは・・・
a0035279_2134849.jpg
しかしほんといい色。
a0035279_2135312.jpg
去年までの苦労がウソだったかのように乱舞してくれました。聞くと先日とこの日が今年のピークなんじゃないかとのこと。いい時に来れました(^^)
a0035279_2137512.jpg

何でこんな足元まで下りてくるのかな?朝露を吸っている個体もいたので水を飲みに来るのでしょうか?
a0035279_21481030.jpg

やがて日が高くなるとミドリシジミは木の上のほうに移動して行き、夢のような時間は終了。
a0035279_21391143.jpg

その後ちょっと虫探しをして見られたのは蛾の仲間のヨツホシホソバ
a0035279_21405871.jpg
キマダラセセリ
a0035279_2147831.jpg
ハートマークのカメムシ
a0035279_21463321.jpg
ベニシジミなど
a0035279_21412150.jpg
親切な虫撮りさんたちのおかげでとても楽しい時間が過ごせました。どうもありがとうございます。

そのあとはちょっと田んぼへ足を伸ばしてみると産卵中のギンヤンマに遭遇。
a0035279_21423543.jpg
葦の葉陰ではオオヨシキリが囀っていました。
a0035279_21442259.jpg
空ではヒバリが囀っています。
a0035279_21491719.jpg
出会い頭でキジにも遭遇。バイクに乗っていたので慌ててニュートラルにいれな斜め掛けにしていたカメラを構えて撮影。
a0035279_21454815.jpg
と、一応鳥撮りもしてこの日は終了。

 そして今日は雨が上がった昼過ぎから近所の公園へ出撃。第1目標はカマキリの赤ちゃんです。
昨日の虫撮りのお姉さんに「折角マクロレンズ持ってるんだから目に見えない世界を撮ってみて下さいね!」とお勧めいただいていたので今日はマクロ中心で攻めるつもりです。では先ず虻の複眼から。不思議な造形ですねえ
a0035279_21513742.jpg
葉っぱを丹念に探していくと2cmほどになったオオカマキリ赤ちゃん発見。ここの所下草をいっぱい刈っていたのでいなくなっちゃったんじゃないかと心配していたのですがホッとしました。
a0035279_2153829.jpg

他にもいないかな、とさらに虫目で葉っぱを眺めていくとなんだこれ?1cmくらいのめちゃめちゃ綺麗な甲虫発見。
a0035279_21575612.jpg
形はタマムシっぽいけどこんな小さいタマムシなんているのかなあ?
a0035279_2158776.jpg
帰ってからネットで調べたらマスダクロホシタマムシってやつみたいです。こんなのが地元にいるんですねえ・・・虫ワールド、なめちゃいけませんな。

 ひたすら下を見て歩いていくと、上のほうから聞きなれない鳥の声が聞こえてきました。
メジロやエナガの囀りに混じって聞こえてきた「ジジロ ジジロ」という声、メボソムシクイに似ているけど3声で途切れるこの鳴きかた、もしやこれは日本産鳥類目録第7版で独立種となったオオムシクイ!?
レンズをサンヨンPFに付け替えて声を頼りに姿を探すと・・・いました!ムシクイ系です!
a0035279_2294228.jpg

ファインダーの中で囀っていたのでオオムシクイに間違いないでしょう。
a0035279_2271662.jpg

他のムシクイより渡りが遅れるらしいのでこの時機にいてもおかしくないのかな?

一応確認も出来たので、レンズを再びマクロに付け替えて、咲き始めたアジサイに来たミツバチなど。マクロの世界はカラフルですね。
a0035279_2210329.jpg
ふと地面を見るとビロードハマキのカップルが落ちています。前にも見たことがあるのでここで世代交代してるのかもしれませんね。
a0035279_22133592.jpg
つつじの中からカナヘビが顔を出しました。最近非常に良く見かける気がします。
a0035279_2214528.jpg

そして最後に飛んで行くツミを撮って撮影終了。
a0035279_2216271.jpg

遠出しなかった割には中々充実した2日間となりました。
これから鳥シーズンが終わっちゃったらマクロに没頭するのもたのしいかも。
こんな感じで虫メインで鳥も撮るならD500にサンヨンPFと90mmマクロがあれば十分ですね。
[PR]

by o-rat | 2016-06-05 22:23 | 虫撮り | Comments(4)
2016年 04月 19日

ツマキチョウ乱舞

いよいよ本格的鳥枯れシーズンに突入。
ここは蝶でもということで旬のツマキチョウを撮りに行きました。
a0035279_23523051.jpg


a0035279_23524070.jpg
a0035279_23525053.jpg

思っていたより激しい乱舞が見られました。
a0035279_2353454.jpg
愛想のよいルリタテハもやってきて春爛漫。
a0035279_23513979.jpg

でも熊本はそれどころじゃないんですよね。
早く地震が収まってくれることを祈ります。
[PR]

by o-rat | 2016-04-19 00:03 | 虫撮り | Comments(0)
2014年 03月 30日

花見とちょい撮り

桜が咲きましたねえ
a0035279_10541425.jpg

まだ五分咲きってところですが、お弁当を持ってちょっとお花見へ
a0035279_11591519.jpg
食後はワットポーの大仏ばりにゴロゴロゴロゴロ
a0035279_1211119.jpg

一向に動く気配がないので、僕は一人で何かいないか生き物探しに行ってみました。獲物は身軽に50-500mmと90mmマクロ、ボディーはD7000。それにパナのFZ150です。
 桜以外にも辺りには花がいっぱい咲いていて、一気に春真っ只中って感じです。ユキヤナギは虫たちに大人気。ビロードツリアブを見るとすごく春っぽい気分になります。。
a0035279_1157159.jpg
真っ白な花の上のベニシジミ。なんとも鮮やかに映えていました。
a0035279_1157186.jpg
タンポポの上には
小さなアブ
a0035279_1157359.jpg
黄色いチョウセンレンギョウには小さなシジミチョウも。もうチョウ達も完全復活ですね。
a0035279_1523414.jpg
ここらへんまでなら50-500mmで十分。

 しかしマクロレンズを使ってみると解像力、やっぱ段違いですねえ。スミレの上のアブもマクロで狙うとすごく綺麗です。
a0035279_13324488.jpg

キタテハもマクロの解像を持ってすれば毛だらけなのがバレバレですな。
a0035279_13334415.jpg

後はXグモとか、
a0035279_13342398.jpg
コメツキムシの仲間とか
a0035279_1335315.jpg
細っこいハチを、FZ150のワイドマクロで春の風景と一緒に。
a0035279_13351148.jpg

ちなみに鳥はショウビのメスがいたくらい。この子ももうすぐ北に帰っちゃうんでしょうね。
a0035279_13355348.jpg

これからしばらく鳥枯れシーズン突入かな。
[PR]

by o-rat | 2014-03-30 20:47 | 虫撮り | Comments(0)
2013年 07月 23日

虫撮りの季節

沖縄行ってる間の予約投稿ってのをやってみます。


夏鳥で燃え尽きた後の1ヶ月ほど、八丈旅行記で苦しみつつ虫に走っておりました(^^;
そもそもは夏鳥シーズンも終わって放心状態の中、お手軽50-500mmとD7000だけ持って出かけた近所の公園で出会った、このクロアゲハ3頭(と蝶は数えるんです)のジェットストリーム吸水
a0035279_1158786.jpg
これでちょっと虫萌えが出始め、そのあと父のマイクロニッコール60mmを借りる機会があり、それをニコワンにつけて見て解像感とでっかく写り度のすごさにびっくり!
a0035279_22542627.jpg
カナヘビもいたけれどニコワンの手持ちMFはちょっと難しいことが判明。でもD7000に60mmじゃ換算90mm、ちと虫撮りには厳しいなあ、なんて思い始めてしまいました。
a0035279_22543881.jpg
a0035279_22545626.jpg

さらによく行くカワセミポイントが実はミドリシジミの名所と知りわざわざ蝶撮り遠征にそこで開翅こそ撮れなかったもののミドリシジミゲット。これはシグマの50-500mmが大変役に立ちました。
a0035279_22552297.jpg
200mm域だと1:3まで寄れるのでカミキリムシも撮れちゃいます。
a0035279_2255124.jpg
ワーキングディスタンスも長く取れるので、蝶やトンボにももってこい。描写も近距離ならばそんなに悪くないのです。鳥撮りだとボロボロですけどね(^^;
a0035279_22553423.jpg
じっとしている甲虫ならサブのG12のワイドマクロも中々良く取れます
a0035279_2256750.jpg
一方でVR18-200mmのあまりの描写は甘すぎ。どこにもピントがあっていないような画質に我慢できなくなり、ついにタムロンの90mmマクロとトレード。
標準レンズはニコワンの10-30mmとG12に一任する事にしました。
a0035279_22561853.jpg
あとはひたすら
a0035279_22563389.jpg
等倍マクロに浸ってしまい
a0035279_22564599.jpg
常にピントリングは最短距離
a0035279_22565597.jpg
やっぱりマクロは倍率1:2を超えてからが本領発揮ですね。
a0035279_2257949.jpg
複眼のハニカム模様を再現する事に没頭しておりました
a0035279_22572151.jpg
等倍で見ると身近な公園にも全く違う世界が広がっていてとても新鮮。
a0035279_22573126.jpg
種類はイマイチよく分からんのですが、綺麗なのを見つけると思わず嬉しくなっちゃいます。
a0035279_22574389.jpg
これはトウキョウヒメハンミョウ。これも一見地味だけど、マクロで寄るといろんな色がキラキラしていてとっても綺麗な虫。体長1cmくらいだったかな。ちっこいですよ~
a0035279_11564626.jpg
ハラビロカマキリの赤ちゃんも毎週見ているとだんだん大きくなっていっていました。
a0035279_22575484.jpg
アブも複眼萌えな人にはたまらないんでしょうなあ。
a0035279_22581168.jpg
おっさんみたいな顔の不細工カメムシ。カメムシってアップで見ると、みんな一対の目のほかにもう一対、赤い小さな目があるんですよねなんか宇宙生物っぽいかも。
a0035279_22583427.jpg
5mmくらいのゾウムシ撮ってると、マクロ買って良かったなあとしみじみ思います。
a0035279_22585369.jpg
もうこのサイズ(6cmくらい)のカヤキリ?になると巨大生物扱いです。ピンが目にしかこないもんなあ
a0035279_2259864.jpg
そんな中でも花形はやっぱカメムシ。嫌な奴だけど外で会う分には綺麗なのも多いしね。
a0035279_22592494.jpg
これは体長5mmほどのナナフシの赤ちゃん。肉眼じゃ葉っぱのカスにしか見えませんでした。
a0035279_2259362.jpg


というわけで順調に行って入れば今頃は西表にいるはずです~
[PR]

by o-rat | 2013-07-23 18:30 | 虫撮り | Comments(0)
2012年 06月 25日

梅雨の色

今週末もちょっとだけ虫撮り。さすがにもう鳥のことは諦めたので100mmマクロとフィッシュアイの10-17mm、テレコン、それとクリアファイルで造ったディフューザー付きのストロボの虫専用装備で出撃です。ボディーがKissDNだけってのが玉にキズですが・・・

マクロレンズを通して覗いたガクアジサイは海の中の腔腸動物みたいでした。
a0035279_8172711.jpg

今回のメインターゲットは、今が旬のカマキリの赤ちゃん。よく探すと体長1cmほどのチビの姿がそこここに・・・
ガクアジサイの葉っぱの裏にも隠れていました。
a0035279_8182840.jpg

こうやってお腹を反らせるように持ち上げるのはハラビロカマキリの赤ちゃんなんだそうで、オオカマキリより生まれてくるのがちょっと遅いそうです。だからチビばっかりなんだ。
a0035279_8293938.jpg


一方のオオカマキリの赤ちゃんは先週より一回り大きくなっていました。
a0035279_8215115.jpg
カマキリの赤ちゃんとアジサイなかなかよい風景です。
a0035279_834563.jpg

カエルの赤ちゃんも先週よりちょっと大きくなったかな?
a0035279_8175640.jpg
道端に咲いていた花を100mmマクロ+1,4Xテレコンの変態マクロで覗いてみたら、しべの中でありがちょこまか動き回っていました。肉眼じゃ分からなかったぞ~
a0035279_8303229.jpg

このセットだとハムシもドアップ
a0035279_8174776.jpg

ツユクサについていたゴミみたいなのも、拡大して見たらクモでした。
a0035279_8181323.jpg

アジサイの中にも小さなクモ発見。
a0035279_8185233.jpg

これは全長5mm位の小さい小さいギンバエ?金属光沢がとっても綺麗だけどマクロ目じゃなかったら全体見逃していただろうな。
a0035279_819534.jpg
アゲハチョウは産卵中。この卵が孵って蝶になるころはもう秋でしょうか。
a0035279_8192074.jpg

後半はフィッシュアイで遊んでみました。
a0035279_8193173.jpg
これはこれでなかなか面白いかも。
a0035279_8194128.jpg
今日のハナムグリは小さいやつが白い花にいっぱいたかっていました。こいつも結構ブンブン飛びます。甲虫飛ぶのってやっぱり苦手ジャ~
a0035279_8195191.jpg

ってなかんじで身近で楽しめるムシムシワールド、今年の夏はこれで乗り切るかな。
[PR]

by o-rat | 2012-06-25 13:04 | 虫撮り | Comments(2)
2012年 06月 18日

梅雨の止み間に

雨の止み間に100mmマクロを持って虫捕りに
a0035279_9322026.jpg
池の周りでは2cm位のカエルの赤ちゃんがそこら中を跳び回っていました。
a0035279_9351920.jpg
ツバメは巣立ち雛に空中給餌中。こうやって餌捕りの訓練をしてるのかな?
a0035279_9352814.jpg

ハムシの仲間、みんな体長5mmちょい。よく見るときいろいのやら赤いのやら色々種類がいるみたい。
a0035279_9323073.jpg
a0035279_932383.jpg
a0035279_9324726.jpg
a0035279_9325756.jpg

クモはアップで見るとなんかメカっぽくてかっこいいです。
a0035279_9331221.jpg
これなんかグラジエーター(無人機Ver)みたいじゃなくね?(^^)
a0035279_9332252.jpg

これはテントウムシの幼虫、親とは似ても似つかない姿ですよね。
a0035279_9333653.jpg

この季節、鳥はこれといったのがいないけれど、花にとっては最盛期なんでしょうか。色々な花が咲き、それに集まってくる虫たちも賑やかです。
a0035279_933494.jpg
a0035279_9341077.jpg

シロテンハナムグリはでかい上に結構頻繁に飛びまわるので少々苦手。
a0035279_9345496.jpg

カノコガも吸蜜に
a0035279_935356.jpg
そんな虫たちの中でもひときわ目を引くのはカメムシ。ボルネオではさんざん悩まされたけど、野外で対面する分には魅力的。
これはセアカツノカメムシ。中々綺麗な色をしています。飛ぶと羽かお腹か分かりませんが真っ赤な色が目立ちます、
a0035279_9342297.jpg
さらに綺麗なのがアカスジキンカメムシ。熱帯の昆虫みたいなメタリックグリーンに輝いていました。こいつは臭いの出さないようです。いいやつじゃん
a0035279_934359.jpg
蝶は端境期なのか、モンシロチョウとジャノメチョウくらいしかいませんでした。
a0035279_9312137.jpg
その代わりカマキリの赤ちゃんがよく目に付くこの季節です。1cm位のチビを見つけるとちょっと得した気分♪
a0035279_931303.jpg
a0035279_9314840.jpg
a0035279_932278.jpg

というわけで近所で虫撮り終了。ジメジメしてて暑かった~、ほんと梅雨真っ只中になっちゃいましたねえ。
[PR]

by o-rat | 2012-06-18 12:52 | 虫撮り | Comments(8)
2012年 05月 23日

アゲハ撮りと金冠日食

春の渡りも終わってしまったようですっかり静かになった近所の公園。
これからの主役はマクロの生き物達です。。

シグマの50-500mmにD7000と一脚を持って出かけて見たら、アゲハチョウの仲間が良く目に付きました。

 まずはキアゲハ。アゲハチョウに似てますが、上翅の付け根に黒い部分があって、全体に色が濃い目。ちょっとありがたみアップです。
a0035279_8591433.jpg

 アオスジアゲハは花にでも来てくれないとなかなか撮れませんな。いい色で大好き。
a0035279_8594746.jpg

 カラスアゲハは好物のツツジの花がほとんど終わってしまったので、わずかにまだ残っているところに集まってきていました。綺麗な蝶です。子供の頃の僕にとってはかなりランクの高い所にいるチョウだったのですが、大人になってから結構身近でも見かけるようになりました。それでもやっぱりメタリックグリーンの羽を見るとときめいちゃいます。
a0035279_85957100.jpg
そしてこの日も最後はカナヘビでシメ
a0035279_90645.jpg


 そして今週の月曜日はいわずと知れた金冠日食!かるろすが分けてくれたNDシートでロクヨン用のフィルターを作って準備万端。
a0035279_901650.jpg
みんなでベランダから観察しました。
a0035279_903753.jpg
クライマックスで急に雲が増えてきて焦りましたが、何とか見ることができてよかったよかった(^^)。金冠の画像はそこら中にあふれていますけど、まあ一応記念ということで。ちなみにロクヨンに1.4Xテレコンを入れて、D7000で撮ったので1260mm相当。
a0035279_905646.jpg
それよか黒点が見えたのにビックリでした。普段見慣れてる太陽だけど、実はこんなシミがあったなんてねえ。
a0035279_91254.jpg
これもNDシートのお陰です、かるろすありがと(^^)
次は6月6日の金星通過の時に活躍してもらいましょ。そのときはニコ1で動画だな。
[PR]

by o-rat | 2012-05-23 13:22 | 虫撮り | Comments(8)
2012年 05月 08日

GW蝶探し

あまりにも鳥がいない状況でロクヨンを担いであるくのもしんどくなってきたため、連休最終日はもう鳥はほぼ諦めてD7000とシグマ50-500にキスNと100mmマクロを持って虫撮りに。それというのも前日鳥待ちの間にツツジに止る綺麗なカラスアゲハを見たからでした。
a0035279_8495782.jpg

そしてまず見かけたのが越冬組でしょうか、ボロボロのキタテハ。
a0035279_8501133.jpg

こちらはジャコウアゲハ。最近ずいぶん増えた気がするけど、いままで気づかなかっただけなのかな?
a0035279_8554387.jpg
菜の花にはいろんな蝶が来ていました、これは普通のアゲハチョウ。
a0035279_8555434.jpg
ツマキチョウもまだいました。
a0035279_856871.jpg
普段は連休前にはいなくなるのですが、今年は時期がちょっと遅いみたいです。でもやはりシーズン終盤、よく見ると結構翅が傷んでいました。
a0035279_8562032.jpg

ミスジチョウは蝶好きの父によるとちょっと珍しいそうです。コミスジってのはよくいるんですけどね
a0035279_856343.jpg
このクモは何かに擬態してるんでしょうか?変な格好です
a0035279_8564757.jpg
アオスジアゲハは飛んでいると速くて追いきれませんが、このときは夢中で吸蜜していたのでいっぱい撮らせてもらいました。
a0035279_8565877.jpg
100mmマクロを取り出して撮ったのはカメムシ(^^;いやなやつだけどよく見ると結構綺麗ですよね。室内に大量にいなけりゃほんと何てことないんですが・・・
a0035279_857724.jpg
そしてベニシジミを撮っていたら・・・
a0035279_8571936.jpg
一天にわかにかき曇り、ものすごい雷鳴と共に土砂降りの雨が降り出して蝶撮りは強制終了。びしょ濡れになって家に帰りました。ほんとはもう1種、とっても撮りたかったのがいたのですがこの日はスカ。
これから鳥も少なくなるので地元では虫撮りにもえるかな。
[PR]

by o-rat | 2012-05-08 14:53 | 虫撮り | Comments(10)
2011年 07月 07日

ハンミョウ?

 あっという間の一週間、もうすぐ週末ですねえ。
そして今日は七夕。せっかくパーティーやろうと思ったのに、たいきが塾なのでお預けになっちゃいました。
やっぱ5年生にもなると色々忙しいねえ。
ちなみに近づきつつある僕の誕生日もたいきは林間学校でいないんだって。
これじゃパーティーはきたいできないなあ・・・

 それはともかく、この前の日曜日はまた虫撮りでした。
今日の主砲は仕事場に転がっていたシグマの17-70mm。単体で撮影倍率1/2.3という中々のマクロレンズ、こんなのがいたのを忘れてました(^^;
 これにテレプラス1.4Xをかましたので撮影倍率は1/2を超えるのでかなりのクローズアップが楽しめます。
ただ問題はワーキングディスタンスの短さ。ズームだからしょうがないのかもしれませんが、最大撮影倍率を得ようとすると、レンズ直前まで被写体に寄らなくてはなりません。当然内蔵ストロボは光がまわらないので外付けを試しますが、そのストロボが380EXというボロのせいか、7Dじゃ露出補正さえ出来ません。しかもどうもTTLさえ効いていなさそう・・・Mk4なら光量調整とかいろいろ出来たんだけど、ここらへんに真のフラッグシップとの差が出ますね。

 こんなストロボじゃ使いにくくてしょうがないので、レンズの上に乳白色のプラスティックの箱をディフューザー代わりに輪ゴムで取り付けたらこれが中々いい感じ。さすがに内蔵ストロボなのでE-TTL2とか言うのも効いているみたい。これで撮影開始しました。
やっぱりフォトジェニックなカマキリの赤ちゃん。
a0035279_8414971.jpg
大分育ったのもいるようで、3cmくらいのも見かけました。

その後見つけたのがこの虫。大きさ1cmほどで、最初はハエかと思ったのですが、良く見てみるとハンミョウのシルエット。図鑑で調べたらトウキョウヒメハンミョウという虫でした。甲虫らしいシルエットなのでちょっと萌えますが、回りに蚊がすごくって、虫除け塗っていたにもかかわらずボコボコになっちゃいました(^^;
a0035279_8422523.jpg

こちらはウスバカゲロウの成虫。この幼虫はいわゆるアリ地獄で、とても貪欲なんですが、成虫になると食べ物を一切口にしないとか・・・
a0035279_8424668.jpg
この虫の卵は細い糸の先に産み付けられます。この糸が「ウドンゲの糸」と呼ばれているもの、と色々ストーリーの多い虫ですが、あんまりかわいくないですね。

最後にきのこを撮ってから、出口の所にいた爺さんとケンカしてから帰ってきました(汗)
a0035279_8431555.jpg

しかしほんとにマクロレンズ欲しくなってきたなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2011-07-07 21:34 | 虫撮り | Comments(8)
2011年 06月 06日

アブのホバ

 この週末は虫撮りをしてみました。手軽な上中々面白いっす。
アブでもホバは萌えますね(^^)
a0035279_16213145.jpg
a0035279_16214929.jpg
a0035279_16201045.jpg

マクロレンズほしくなっちゃうなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2011-06-06 16:39 | 虫撮り | Comments(12)