カテゴリ:2011年石垣島( 6 )


2012年 02月 10日

2011年石垣島旅行記完成!

a0035279_19541162.jpg
いつもながら、やっとのことで去年の夏の石垣島旅行記が完成しましたこちらですので気が向いたら覗いていってやってください。
これでこころおきなくボルネオの準備に入れるぞ~
19:54更新完了!
[PR]

by o-rat | 2012-02-10 12:16 | 2011年石垣島 | Comments(10)
2011年 09月 15日

田んぼは宝の山

今回の石垣島、アカ様の方がちょっとアレだったもんで、気分を変えて水辺の鳥を探しに行って見ることにしました。

 前に来たときは田んぼにシギチがいっぱい入ってたんだけど、何処にあるかな?

 高台から見下ろすと、サトウキビ畑の中に所々水をたたえて光る水田が見えたので、畦道を通って直行(^^)
 この簡単さも石垣島の魅力の一つかも。カーナビなんかなくても迷子になりませんからね。
 そして到着した田植え直後の田んぼには、予想通りシギが歩き回っていました。
a0035279_8575613.jpg
a0035279_858363.jpg

 
 少し伸びた稲の間には、バンの親子の姿も見えます。
a0035279_8453371.jpg


 路肩に車を停めて車内から撮影していると、対岸の畦に所になんかちょっと感じの違う鳥の姿を発見。あ~!タマシギだ!初見です。綺麗だな~
a0035279_8432569.jpg

 オスメス2羽で歩いていましたが、こちらの気配に気付いたようで、草むらに隠れてしまいました。これは出てくるまで待つしかないか。
 しかしそんなこっちの気持ちも見透かされてしまったようで、2羽のタマシギはすぐに草の中から飛び出すと、はるか彼方の田んぼの方へ・・・

 もう見つけられる気はしないけど、初めてのタマシギに未練も残るので一応そっちのほうに移動。
 すると、かわりにセイタカシギを発見しなんだかちょっと得した気分(^^) 
a0035279_8434470.jpg


 エンジンを切ってじっくり撮影していると、後ろからトラックがやってきました。この畦道は車1台通るのがやっと。すれ違いもできないくらいなので、こうなったらもうそのまま前に進むしかありません。慌ててエンジンをかけて前進。するとトラックは畦道の十字路を曲がって畑の中の廃物置き場のような所に入って行きました。こんな道でも車通りがあるんだなあ。

 そのあとまたセイタカシギの所に戻ろうか考えたのですが、たいきとひーこに朝ご飯を買っていく約束をしていたのでこの日はひとまずそのまま撤収。

 翌日の朝も再び柳の下の2羽目のタマシギを狙って同じ田んぼへ
 昨日みたいに後続車に立ち往生させても悪いので、今回はちょっと離れた幅の広い道に車を止めて、ポイントまで歩いて撮影することにしました。

 しかし剥き身となるとシギチの警戒心は一気にアップ。まだ100m以上離れている状況でも、こちらの姿に気付いて飛び立ってしまいます。
 セイタカシギもこちらがまだ姿を確認する前から奥の田んぼへ避難していました。これじゃ撮影は全然無理。やっぱり車のブラインド効果はすごいんだなあ・・・

 しかたないので車に戻り、他の車が来ないように祈りながら進んで行くと、さっき飛んだシギたちが奥の田んぼに集まってきていました。車の中からだと「さっきの警戒ぶりはなんだったの?」って位こっちのことを気にしません。
a0035279_8464131.jpg
a0035279_846585.jpg
a0035279_847988.jpg
a0035279_8471949.jpg

 おかげでウジャウジャいるキアシシギやアオアシシギ、ムナグロなどをたっぷり撮影する事ができ大満足。

 普段はあまり積極的には撮りに行かないどこにでもいるシギチですが、石垣島で撮っているとなんだか魅力的に感じてしまいます。次回はタマシギのメス、じっくり撮りたいなあ
[PR]

by o-rat | 2011-09-15 12:28 | 2011年石垣島 | Comments(5)
2011年 08月 31日

たいき初マンタ

 今回の石垣遠征の目的のひとつはたいきにマンタを見せること。
 3年ほど前、スノーケリングでチャレンジしたときは、船酔いでヘロヘロになって、ボートのすぐ真下を マンタが泳いでいたにもかかわらず起き上がることさえできなかったんですよね。

 今回はCカードも取ったので水中からのチャレンジです。船の上やスノーケリングだと酔っちゃう場面でも、水中に入ってしまえば意外と平気なことが多いので今度こそマンタが見られるかも。

 というわけでやる気満々で川平石崎マンタシティにエントリー。船酔いも大丈夫みたいです。

 潜行の時ちょっと耳が抜けずに苦労して、バタバタしているうちにレギュレーターが外れちゃったりしてましたが自分でリカバリー。講習の成果が早くも・・・(^^;

 しかし初日はでっかいサザナミフグが寄ってきただけでマンタは空振り。
a0035279_22461765.jpg
ここでスカを食ったのは初めてです。もしかしてたいき魚運悪いのか!?

 そして翌日の2本目、再びマンタシティーへ。
 隣に止まっていたボートの兄ちゃんがこっちに向かってOKサインをしています。おおっ、マンタいるみたい!はやる気持ちを抑えてエントリーします。
 たいきは一本ごとに上達しているようで、今回は何の問題もなく潜行できました。

 そしてしばらく水中移動していくと、根の周りに取り付いたダイバー達発見。どうやらここがポイントのようです。

 うちらも根に張り付くように姿勢を低くして待つこと数分。根の向こうから巨大なマンタが現れました!何度見ても圧倒される瞬間です。
a0035279_22464148.jpg
たいきの方を確認すると、こっちを見てうなづいています。よっしゃ!たいきにマンタ見せられた!

そこから先はマンタ出ずっぱり。根の上をぐるぐる回り、たまに真上を通過することも・・・
a0035279_22465258.jpg

さらに根の上で宙返りしたと思ったらブハっと大量の糞をばら撒いたり(後で聞いたら腸洗いをしていたんだそうです)見るのは珍しいらしい1mくらいの子マンタを含む3匹で乱舞したりと大サービス。
a0035279_2247726.jpg


これはツーショットを撮らねば!と意気込んだものの。周りにいる人たちのエアーが入ったりしてなかなかうまく撮れません。
a0035279_22472140.jpg
この勝負はひーこの勝ち!
a0035279_22484052.jpg

 そしてみんなそろそろマンタに飽きてきたころ、それを察したのかマンタは根の向こうへ消えて行きました。

 こうしてたいきのマンタ初遭遇は大成功。
マリンダイビング8月号の「海ボーイ」コーナーの「ダイビングでやりたい事」のところに「マンタが見たい」って書いてたけど実現できてよかったよかった(^^)

そんなたいきはただいま夏休みの宿題に沖縄旅行記を書いてます。完成は確実に僕よか早いな(汗)
[PR]

by o-rat | 2011-08-31 18:21 | 2011年石垣島 | Comments(12)
2011年 08月 19日

デジ一で水中マクロ

 今回の石垣島遠征ですが、直前にキスデジNのハウジングと100mmマクロを手に入れちゃったので、気分的には鳥よりも水中写真のウェイトが高くなってました。

 デジタルだからと思ってシャッター切りまくったつもりでも意外とコマ数が少なくて(連写するわけじゃないからね)これならまだ水中でフィルムを使ってる人がいるのもうなづけるなあと思いました。

 AFに関してはやっぱりコンデジとはえらい違い。100mmマクロはUSMなので、フィルム一眼時代に使ってたギア駆動のレンズと比べるとAFスピードも格段の差。ファインダーも水中では思っていたより大きく見えます。ただ深度が浅いので目にバチピンは難しかった~

というわけでつたない水中デジ一デビューのマクロ写真です。

これはアカフチリュウグウウミウシ。たいちょう3cmほど。
OWダイバーデビューのたいきが見つけてくれました。
動かない逃げないので撮りやすい被写体ですね。蛍光オレンジの触覚は水中でも鮮やかでした。
a0035279_4591068.jpg


こちらはオジロスズメダイ。体長2cm位。こういうのをコンデジで撮るのは難しいです。さすが一眼!とうれしくなっちゃいました。
a0035279_4532059.jpg


こちらはイシガキカエルウオ。逃げさえしなければ、岩などの上でじっとしていてくれるので撮りやすいです。だからいる度に撮っちゃいます
a0035279_4534036.jpg


こちらもカエルウオに近い仲間で、同じく撮りやすいヒトスジギンポ。
a0035279_454119.jpg


ハタタテハゼはコンデジのとき中々ピントが合わずに苦労させられたんですが、デジ一なら楽勝♪
a0035279_4541545.jpg


こちらはカンムリベラの幼魚。ちょこまか動き回るのでなかなかフレームに入らず、こんなヘンなドアップになっちゃいました。この魚、成魚になると緑色のボディーに線が一本、という幼魚とは比べ物にならないような姿になります。
a0035279_4543169.jpg


ベラ系にはそういうのが多いんですが、こちらもそんな変身チームの一種、ノドグロベラ。体長1cmもなかったと思います。パッと見は波に漂う藻のクズにしか見えません。
a0035279_4544754.jpg


これはサンゴに寄生するイバラカンザシの巣穴にさらに寄生していたカンザシヤドカリ。殻を背負うんじゃなくてサンゴを背負っているので移動できないと思うんですが、どうやって餌を採ってるんでしょうね。ひたすら受身なのかな。
a0035279_455342.jpg


ニセクレナイスズメはすごい色をしています。水中でもひときわ目を引く青紫、結構好きな魚です。
目つきの悪さがなんかセクシー。オーバーハングした岩陰などの薄暗いところでちょこまか動き回っています。
a0035279_4552845.jpg

 そしていつものハマクマノミ。これ位の大きさのものだと100mmマクロはちょっと長い気もしました。35mm換算で160mmですもんね。ファインダーに入れる大変さは陸上でロクヨン+1.4X テレコンの時みたい。
a0035279_4554524.jpg

メガネゴンべは全体が入りきらなかったので顔面アップ。綺麗なメガネが良くわかるでしょ。
a0035279_4562682.jpg

ハマクマノミも撮りやすいです。
a0035279_456424.jpg

大型のアイゴ系は顔しか入りません。
a0035279_4565919.jpg

アケボノチョウチョウウオは画面いっぱい。
やっぱオールラウンドマクロは60mmあたりかなあ・・・
a0035279_4571533.jpg

これはヘビギンポの仲間?このサイズを撮るにはちょうどいいですね。
a0035279_457291.jpg

そして最後はマンタ待ちの合間に撮ったヤシャベラのドアップ。
a0035279_457509.jpg

とこんな感じですが、4本潜ってこれだけ、正直物足りません!もっといっぱい撮りて~
水中にいると時間が限定されるのでシャッターを押す回数も限られてしまうんだけど、
それでももっと色々撮っておけばよかったと心残りです。
また潜りに行っちゃおうかな~(^^;
[PR]

by o-rat | 2011-08-19 20:17 | 2011年石垣島 | Comments(21)
2011年 08月 16日

帰ってきちゃいました・・・

みなさんただいま~
帰ってきたくなかったけど帰ってきちゃいました(^^;

今年のアカショウビンは中々厳しくて一日に1羽か2羽会えればいい程度。
ちょっとパラダイスとは言いがたかったかな。
a0035279_954437.jpg

地元の人の話だと、この時期は子育ても終わって森の中に入ってしまうから
なかなか見つけられないとのこと。今回は台風明けの腹ペコショウビンもいなかったしね。

それでも一応撮影できたし、マンタもたいきに見せられたし、ミーバイも釣れたし、エイサーも見れたし、滝まで行けたし、石垣島満喫できました。

やっぱ石垣島はいいなあ。住みたいなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2011-08-16 12:45 | 2011年石垣島 | Comments(10)
2011年 08月 07日

これから出発~

夏遠征、これからいってきます~
いつのも機材ショット、今回は水中機材が増えたので
ちんまりとは収まりきらず、まず部屋を片付けるとこから
はじめなきゃならなくなっちゃいました(^^;
a0035279_91472.jpg


今晩は那覇で一泊。そして明日石垣入り。
帰ってくるのは15日です。
それではみなさん。また来週(^^)
[PR]

by o-rat | 2011-08-07 09:15 | 2011年石垣島 | Comments(8)