子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2012ボルネオ( 22 )


2012年 04月 25日

セグロミツユビカワセミ&旅行記完成!

長いことお付き合いいただいたダナンバレー編もついに最終回。
最後は真打、セグロミツユビカワセミです。
こちらは幼鳥。最初のバリ島のセアカミツユビもそうだったけど、幼鳥に縁があるのかな?
a0035279_20463546.jpg
で、こちらは最後の最後ででてきてくれた綺麗な成鳥。にゃっちさんが見つけてくれました。セグロって行ってもほぼ青ですよね。綺麗だよなあ。
a0035279_20465231.jpg

ただし両方ともプリント画質には程遠く、リベンジしないわけにはいかなそうです。
あ~あ、またダナンバレー行きたいなあ・・・

そして旅行記もやっと完成!暇な時にでも見てやってください。
a0035279_1721472.jpg
今回短めの4泊5日だったのに何でこんなに長くなっちゃったんだろう・・・RICKさん、遅くなってゴメンね(^^;
それじゃ長いことお付き合いいただいた皆さん、ありがとうございました~
さ、それじゃ明後日からのシンガポールの準備しなくっちゃ(汗)
[PR]

by o-rat | 2012-04-25 17:02 | 2012ボルネオ | Comments(8)
2012年 04月 24日

コシアカキヌバネドリ

ダナンバレーのキヌバネドリといえば、僕的には一番がこのコシアカキヌバネドリ。マユゲのコバルトブルーが良い感じ。でも枝かぶりが激しくて、なかなか全身すっきりって訳には行きませんでした
a0035279_204431100.jpg
一方メスは開けたところに長いこといてくれたので画像たっぷり。途中から夕陽が当たって綺麗でした。
a0035279_20444653.jpg

旅行記あとちょっと。そして遠征まであと三日!頑張るぞ~!
[PR]

by o-rat | 2012-04-24 17:03 | 2012ボルネオ | Comments(6)
2012年 04月 17日

おなじみ

そろそろネタがなくなってきたのでおなじみサメビタキ。
つり橋のたもとにいたこいつがトレッキングで最初にまともに撮った鳥だったんでかなり拍子抜けでした(^^;
a0035279_9123394.jpg
レストラン前の広場の木でもフライングキャッチを繰り返していて、雨で出歩けない間良い被写体になってくれました、が、日本でも見られるからねえ・・・
a0035279_9124837.jpg
a0035279_913013.jpg

ツバメもいっぱい飛んでいました。電線ないとちゃんと木の枝にも止れるんじゃん!
a0035279_913111.jpg
こちらはコシラヒゲちゃんのライバル
a0035279_914698.jpg

さあ、それじゃそろそろラストスパートだ!
[PR]

by o-rat | 2012-04-17 13:09 | 2012ボルネオ | Comments(2)
2012年 04月 10日

アカエリキヌバネドリ

久しぶりにボルネオっす。
こちらはアカエリキヌバネドリ。道路わきのやぶのなかでPitta待ちをしていたら変わりにこいつがでてきてくれました。これも見たかった鳥です。いかにも熱帯って色合いですよね。
a0035279_20291675.jpg

でもジャングルは草ぼうぼう、枝だらけで抜ける所を探すのは至難の業でした。
a0035279_20292979.jpg

旅行記も極秘裏に製作中。ほんとは3月中にアップする予定だったんだけどねえ・・・
[PR]

by o-rat | 2012-04-10 12:49 | 2012ボルネオ | Comments(6)
2012年 03月 22日

夜の生き物

ダナンバレーに着いた日の夜はナイトドライブに行きました。ラッキーな事に車はうちらのチームで貸切。荷台に乗るとガイドさんがスポットライトで辺りをせわしなく照らしながら出発。

カメラはD3をISO6400にセットして、レンズはシグマの50-500mm。果たしてこれで撮れるかな?

 生き物がいればスポットライトを当てると目が光るからすぐわかるようで、ライトをブンブン振り回すようにしてそこら中をチェックしながら進んでいくと、まずシベットってやつを見つけてくれたのですが、これは撮る間もなく藪の中へ入ってしまいました。

しかしムササビは何度か姿を見せてくれ、撮影するチャンスも。スポットライトの明かりでもAFはあってくれるし何とか撮影もOK.さすが高感度番長D3(^^)
a0035279_828757.jpg
ムササビは見ているとどんどん木の上のほうに登っていき、ある程度の高さまで来るとジャンプ!その姿はなんかUMAみたいですね~
a0035279_8284585.jpg

道端の草の上で眠っていたのはアオハウチワドリ(Yellow-bellied Prinia)。こんなとこで寝てたらあっという間に食べられちゃうんじゃないかと思うんですが、大丈夫なのかな?
a0035279_828574.jpg
スローロリスも見ることができましたが、光がイヤみたいで顔を背けるため、こちらを向いてる姿は撮れませんでした。
a0035279_8291265.jpg

そして圧巻は帰り際に寄った職員宿舎の周り。見たかった夜禽をバッチリ見せてもらえました。これはオオフクロウ。確かにでかかった~
a0035279_8402127.jpg
そしてマレーウオミミズク、しかもペアーです。シマフクロウを彷彿させるようなその勇姿。萌えます。
a0035279_8403544.jpg

途中ライトを消すと蛍がいっぱい飛び回り、空にはすごい数の星。とっても充実したナイトドライブでした。
[PR]

by o-rat | 2012-03-22 14:13 | 2012ボルネオ | Comments(6)
2012年 03月 16日

ベニサンショウクイ

ヤベー一日さぼっちった(汗)
鳥に戻って赤いサンショウクイ・・・ベニ、ヒイロどっちだろ?ロッジの部屋のすぐそばの木の比較的低い所にいたんですが、最初はハナドリ辺りかと思って余り気にしてなかったんです。で、XXサンショウクイだと気付いた時にははるか見上げのポジションに・・・くやし~
a0035279_827920.jpg
この角度じゃよくわかりませんね。
a0035279_8271751.jpg
おっ、えらい逆光だけど羽がちょっと見えた
a0035279_23264857.jpg
この角度なら確実かな。羽の赤いパッチはひとつだけのようです。
a0035279_2327342.jpg
ということで、たぶんベニサンショウクイでしょうかね
a0035279_23271276.jpg

もちっとまともに撮りたかったなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2012-03-16 12:14 | 2012ボルネオ | Comments(8)
2012年 03月 14日

モンキーズ

鳥は一休みでここらへんでおサルでも。
こちらクリイロリーフモンキー。遠くで見る分には結構綺麗な色してました。
a0035279_8252688.jpg
この白いのもクリイロリーフモンキー?クリイロじゃないけどそうみたい。近くで顔を見ちゃうとあっ、この人どこかで会ったことある・・・(^^;ってかんじで、おサルは遠目で見てたほうがいいかもね
a0035279_8253445.jpg
こちらはミューラーテナガザル。ジャングルに響き渡る断続的な鳴き声は秘境の雰囲気満点でした。
a0035279_825441.jpg

これはブタオザル。ワンコンがこいつは獰猛だって言ってました。木の上から下りてこなくてよかったよ~
a0035279_826076.jpg

そして最後は森の人!基本おサルにはあまり興味ないけれど、これは野良物が見れてちょっと嬉しかったです。
a0035279_8261479.jpg
しかも子連れでした。フルーツが成っているすっごく高い木の上のほうに常駐してました。しかし子供の扱いがめっちゃ適当に見えるんですが、あれでよく落っことさないなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2012-03-14 13:33 | 2012ボルネオ | Comments(6)
2012年 03月 13日

ズグロチメドリ(Black-capped Babbler )

雨のトレイルを歩いていると、下草の間を動き回る鳥の群れに遭遇。最初よく見えなかったのですが、だんだん開けた所にでてきてくれたのでその姿を確認することが出来ました。
ズグロチメドリです。さかんにアリをついばんでいました。
a0035279_824369.jpg

なかなか色鮮やかな鳥ですよね。一瞬Pitta系かと思っちゃいました。
ダナンバレーじゃ普通種なのかな?
[PR]

by o-rat | 2012-03-13 12:40 | 2012ボルネオ | Comments(6)
2012年 03月 09日

キジ系

 ワンコンの口笛に反応して「フーワゥ」と言う大きな声がシャングルにこだましました。セイラン(Great Argus)です。
この先で見られるから、というワンコンについてキャノピーウォークと反対のトレイルを進んでいくと、道のど真ん中にこちらを警戒する風もなく、一羽のオスが堂々と佇んでいました。
 大物との出会いに興奮しながら、まずはD7000と18-200mmのズームで全体を抑えました。
しかしでかいです。突出した尾羽の先までは1.5mはありそうです。Greatっていうだけのことはありますね。換算300mmのこのシステムで調度いい位のサイズです。
a0035279_8391387.jpg

一息ついたところで今度はD3とロクヨンを雲台から外し、道端の倒木に寄りかかりながら手持ちで撮影
a0035279_8431245.jpg
全体は迫力があって綺麗ですが、頭をアップで見るとハゲててあまりかわいくありませんね(^^;

今回見かけたもう一種のキジ系はコジアカキジ(Crested fireback)
メインロードでオランウータンを見ているとき、メスが道路を横切りました。ワンコンが「オスも出てくるから」といってカメラをセットするよう促します。そして待つこと数分、道傍の草むらが動いたかと思うとほんとにオスも出てきたのでした。
a0035279_8465447.jpg


 セイランもそうですが、この仲間は警戒心が薄いものが多いようです。
 カオヤイで見たハッカンもわりと近くまで行っても平気でしたからね。
 こんなにおっとりしてたら所に寄っちゃいい食料にされちゃうんじゃない化と心配ですが、もしかしていざとなると強いのかな?

 と、今週もボルネオにお付き合いいただきありがとうございました~(^^)
[PR]

by o-rat | 2012-03-09 13:30 | 2012ボルネオ | Comments(8)
2012年 03月 08日

コウハシショウビンとタイヨウチョウ

遠い鳥が続きますが、今回は遠かったコウハシショウビン(^^;

まずはロッジの前の川の対岸に飛んできたのをRICKさんが発見!やるね~
でも距離がありすぎで撮影は厳しかった~
a0035279_9221186.jpg
ニコ1でも撮ってみたけど遠いものは遠いですね。こっち岸に来てくれないと全然おはなしになりませんでした。
a0035279_9202921.jpg


 もう一回は最終日にホテルからラハダトゥへ向かう途中、ジャングルの中とは思えない広々とした芝生のキャンプサイトで
a0035279_22285939.jpg

その中を流れる川の橋を渡る時、またもやRICKさんが発見。さすがの動体視力ですな。
ワイヤーの上でグェグェと鳴いていました。機材はすでにパッキング済みだったのですが、カバンにD7000とシグマの50-500mmが入っていたのでそれで撮影。
a0035279_920128.jpg

周辺はとってもいい雰囲気で、岸辺の花にはタイヨウチョウやハナドリが群れていました。この頭が緑でお腹が赤っぽいのはなんでしょ?タイヨウチョウの仲間だろうけどよくわかりません。
a0035279_22283191.jpg

こちらはキゴシタイヨウチョウ?
a0035279_22284436.jpg

タイヨウチョウたちは距離こそ近かったものの、動きまくるし葉っぱ被りだらけでまともに撮れず。沢山の鳥を目の前にしてファインダーに捕捉出来ない自分がもどかしかったです。
この場所トイレもあるし、今度来た時は腰を落ち着けて撮影してみたいです。
[PR]

by o-rat | 2012-03-08 12:59 | 2012ボルネオ | Comments(6)