「ほっ」と。キャンペーン

<   2009年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2009年 02月 26日

タンココサル軍団とタルシウス

 寒いし大したお出かけもしてないのでスラウェシの続きだす。

 さあ、アテン君を先頭に森の中へ踏みこんだorat一家ですが、さし当たっての目標はクロザルの群れを発見すること。
あんまりサルに興味はないんだけど、まあここの名物と言う事で、鳥探しのついでにちょっとだけのぞいて見ましょうか、と言うこっちの気分はお構いなしにアテン君はどんどん森の中を進んでゆきます。鳥なんて見向きもしません。セべレスブッポウソウ探してくれって言ったのに~(‐‐♯b
a0035279_9281690.jpg


 時折携帯メールで仲間と連絡を取り合っているようです。文明の利器だねえ。
目印も何もない森の中をひたすら登り続けるアテン君。森に入ってからそろそろ1時間ほど経つでしょうか。結構きついんですけど・・・
a0035279_9301189.jpg
当然たいきももうヘロヘロ。時々水分補給をして元気を取り戻すものの、なんだかうつむき加減でテンション下がりまくり。
a0035279_935080.jpg
しまいには「づがれだ~」とすわりこんでしまいました。

 そんなたいきに、アテン君がノコギリ椰子の新芽で扇子を作ってくれました。
a0035279_8453472.jpg
ちなみにこれはクロザルじゃなくてアテン君(^^;
これでたいきもちょっとご機嫌を直してくれ、捜索を再開しました。

 しばらくすると、森の奥から「ホゥーッ ホゥーッ」と言う大きな声が聞こえてきました。
何の生き物だろう?とアテン君に聞くと、ニヤッと笑って「My friend」だそうです。ん?イエティでもいるの?と思ったら他のガイドさんがクロザルの群れを見つけた合図でした。なんか原住民っぽいなあ。つうかさっきからチェックしてた携帯メール、意味ないじゃん。
 そして声のほうに急行すると、そこにはクロザルの群れがいました。
a0035279_847840.jpg
なんかクロザルが見られた嬉しさより、もう探さなくていいんだという安堵感のほうが勝っていたような・・・(汗)
a0035279_8482037.jpg
クロザルは赤ちゃんも含めた数十頭の大きな群れで、地面を歩いたり、木から木へと飛び移ったりしながらゆっくり移動して行きます。
 あまり警戒してなさそうなので、17-70mmのズームでは遠すぎ300mmでは近すぎるという微妙な距離を克服するためさりげなく群れの中に入り込もうとしたのですが、向こうもさりげなく移動して行き、結局受け入れてもらう事は出来ませんでした(^^;

 途中金属的な鳴き声とともに出てきてくれたオウチュウが唯一の鳥だったけど、こっちの方が全然萌えたなあ・・・
a0035279_984212.jpg
これでクロザルミッションコンプリート。

 まだちょっと時間が早いけど、今回のもう一つのターゲット、タルシウス(スラウェシメガネザル)を探しに移動する事にします。本当は夜行性の動物なので、日が暮れてから探すものらしいのですが、夕方にはもう目を覚ましているらしいので、運が良ければ見つけられるとのこと。

 今度は下りなのでわりと楽ですが、たいきはもう歩くのがイヤみたい。これもダイエットだ、がんばれ~
そして20分ほど歩いてたどり着いたのがこの大きなバニヤンツリー。ここにタルシウスが住んでいるんだそうです
a0035279_9313518.jpg

 アテン君は洞の入り口に捕まえてきたバッタを止らせ、中をサッとライトで照らします。
 しばらくそれを繰り返すと、手招きして洞の中をライトで照らしました。
 するとそこには体長15cmほどのタルシウスがじっと佇み、こっちを見ていたのでした。
a0035279_9315397.jpg

なんか目玉と耳が異様にでっかくて宇宙人っぽい感じです。動きは意外とすばやくて、一瞬見えるところまででてきてくれますが、バッタを捕まえるや否やすぐに奥に引っ込んでしまいます。もっとゆっくり撮るにはやはり真っ暗になってからの方がいいようです。
そんなわけで撮影は中々難しいかったのですが、たいきにその姿を生で見せることができたので良かったです。頑張って歩いた甲斐もあったんじゃないかな。
a0035279_9321035.jpg

さあ、真っ暗になる前にボートの所まで帰らなくちゃ。

 夕暮れの森の中を歩いていると「フィーッフィーッ」という大きな鳴き声が聞こえてきました。アテン君が「何の声かわかる?あれがグリーンバックの声だよ」と教えてくれなました。日の出日の入り前後のごく短い時間しか鳴かないそうです。

 そしてボートの所までたどり着き、アテン君と明日の再開を約束してから、綺麗な夕焼けのなか宿へ向かったのでした。
a0035279_9322831.jpg


 こうして初日にしてタンココでの目標はほぼクリアできてしまい、以降鳥撮りに関しては消化試合のような盛り上がりにかける展開になったのですが、スラウェシに滞在して丸一日天気が良かったのはこの日だけで、以降は思いっきり雨季の洗礼を受けまくったので、1日ずれていたら危ない所だったかも・・・
やっぱ雨季の旅行はリスキーですね~
[PR]

by o-rat | 2009-02-26 13:26 | 2009年スラウェシ | Comments(10)
2009年 02月 17日

スコープ壊れてなくて良かったよ~ 多分・・・

 土曜日、自宅前でデジスコ用のフィールドスコープを落っことしたら(別に狙ってないっす)フードとフィルター枠がゆがんでしまいました。ヤベ~です(汗)
写りまでおかしくなっちゃってたらどうしよう。あまりに心配なので、翌日午後からたいきをつれて近所の公園で試し撮りに行きました。

 まずはコゲラ、ちゃんと写ってるみたい。
a0035279_8401499.jpg

 ウメジロもこんなもんかな。
a0035279_8403935.jpg
これならまあ大丈夫でしょう。

 一安心したところでたいきにも鳥撮りに興味をもってもらおうと、デジスコ特訓を課してみました。すると結構食いついてます。連写が萌えると言うのはやっぱ遺伝かな(^^;
a0035279_841489.jpg

三脚を担ぐのも「かっこいい」と悦に入っています。ちょっとは望みありそうか!?
a0035279_8412711.jpg

 そんななかカワセミも登場。当然たいきからデジスコを奪い取りました(^^;
a0035279_8415391.jpg

そのあと延々カワセミにかかりっきりにになってしまい、ほっぽかれたたいきは「やっぱ鳥撮りはつまんない」とぼやいてました。もしかして彼を鳥撮りから遠ざけているのは僕なんだろうか・・・

一方のスコープ、写りは大丈夫みたいだけど、やっぱ修理した方がいいよなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2009-02-17 12:56 | 野鳥 | Comments(9)
2009年 02月 14日

カワセミもバレンタイン?

今日はバレンタインデー。
うちはチョコの代わりに鯛の塩釜焼きを作ってもらいました。美味かった~

それはさておき、カワセミワールドもバレンタインだったようで、この美人メスカワちゃんが
a0035279_2032043.jpg
こちらのハンサムオスカワちゃんを追っかけまわしていました。
a0035279_20333819.jpg


 正直オスカワの方はあまりに積極的なメスカワにちょっと引き気味なようで・・・
a0035279_20365960.jpg
メスカワが近くに寄ってくると逃げまくりです(^^;
a0035279_20354554.jpg

メスが近くの枝に止まるとオスは飛んで行っちゃいます。
a0035279_20385536.jpg

業を煮やしたメスカワはほとんど襲うような勢いでアプローチ。ちょっと怖いかも・・・
a0035279_20395829.jpg

それでも時間とともにだんだん仲良くなってきたようで、やっぱり押しが肝心なのかな。
a0035279_20421273.jpg

最後のころには仲良く一緒に止まっていました。めでたしめでたし。
a0035279_20454661.jpg
メスカワちゃん、このまま上手く行くといいねえ
[PR]

by o-rat | 2009-02-14 21:15 | 野鳥 | Comments(17)
2009年 02月 12日

赤と青

 昨日は早起きしてカーズ君親子、RICKさんと一緒に鳥撮りしました。
 まず狙ったのはRICKさんちのそばのベニマシコ。
a0035279_21143276.jpg
距離はちょっと遠かったけど、今回はちゃんと綺麗なオスが姿を見せてくれたので一応目標クリア。
a0035279_20415378.jpg
無彩色の世界にピンク色が際立っていました。
a0035279_20303243.jpg

 そして第2ラウンドはカーズ公園のルリ男さん。
ここの子にはこの前散々おちょくられたのでリベンジです。
 到着早々姿を現してくれたものの、撮影する前にどこかに行ってしまい、そのあとかすかな鳴き声を頼りに見つけられたのはこの若オスだけ。
a0035279_20305264.jpg
やっぱスラウェシで鳥運を使い果たしちゃったのかな~今回もダメダメっぽくなってきたぞ・・・
 ここで昼ごはんにラーメンを食べに行き気分転換。
これが吉とでたのか、戻ってみたらルリ男さん再登場。
a0035279_22213119.jpg
結構近くまで来てくれて今日の目標は達成できました。
a0035279_22211039.jpg
ルリ男はやっぱ綺麗です~
a0035279_20314573.jpg

久しぶりに1日丸まるたっぷり鳥撮りが出来てとっても幸せな建国記念日でした(^^)
[PR]

by o-rat | 2009-02-12 20:42 | 野鳥 | Comments(6)
2009年 02月 10日

チャリで海まで

 たいきは最近自転車に萌えています。
 先々週、僕が友人の披露宴に出ている間、ひーこと二人で東京タワーまで行ってかなり自信が付いたみたい。
 それじゃ今度は海まで行っちゃおうか、と言う事になり、お昼からオニギリを持って出発~

 街中を走りぬけ、車を通行止めにした自転車天国に入ります。普段は走れない片道3車線の道路の真ん中を雄たけびを上げながら大喜びで走るたいきさん。
a0035279_21363683.jpg

周りにはコウナゴとかザクレロとか書いてある高そうなチャリが行き交っていて、なんだか物欲が変な方向に刺激されて良くないなあ。見ない見ない・・・

しかしなんだか今日はペダルが軽いねえ。あっという間に東京タワーのそばまで到着しました。
a0035279_21365159.jpg


ここまでくればあとちょっと。浜松町のガードをくぐり、竹芝桟橋に到着。海だ~!
a0035279_2139129.jpg


 そして海を見ながらオニギリとゆで卵、、あったかいスープ、デザートにロールケーキのお昼ご飯をいただきました。
a0035279_21593251.jpg

しばらくマッタリしていたら、太陽がビルに隠れて日陰になってしまい寒くなってきたのでそろそろ引き上げることにします。

 そして走り出してすぐに気付いたのでした。来るときはずっと追い風だったから楽だったのだと・・・帰りは当然逆風で漕いでも中々進みません。

 自転車天国までたどり着いたときにはたいきはもうヘロヘロ、芝生でひっくり返って一休みしました
a0035279_21421016.jpg

ふと見上げると、もうカワズザクラがさいています。風はまだ冷たいけどもうすぐ春ですね。
a0035279_2232922.jpg


 そして銀ダコ目指して最後の力を振り絞り、やっとのことで到着。
a0035279_2223815.jpg
ここでテリ玉タコ焼きとビールで英気を養い、その後何とか家までたどりつけたのでした。

 今回たいきはホント良く頑張りました。まさかこんなに長い距離走れるとは。
これならきっと帰りに食べたタコ焼き分くらいは痩せれたとおもうな~(^^)
[PR]

by o-rat | 2009-02-10 12:51 | こども | Comments(10)
2009年 02月 09日

近所のアトリ

土曜日は横浜のおばあちゃんのお誕生会で散々飲み食いしたため早起きできず、さて今日はどうしようかなあと考えていたのですが、今年は都市公園にアトリの大群が入っているとのウワサを聞いたので、うちの近所にも来てるかなと思い、ロクヨン一脚の軽装でちょっとだけ捜索に行って見たらビンゴ。数十羽の群れが入ってました。地面で餌をついばむ様は保護色で落ち葉がうごめいているようだけど、一羽一羽を見ると中々綺麗な鳥ですよね。
a0035279_2115238.jpg
a0035279_21153561.jpg
しばらく遊んでもらいましたが、昼からたいきとサイクリングの約束があったので2時間ほどで退却。さあ、来週こそちゃんと鳥撮りしよっと(^^;
[PR]

by o-rat | 2009-02-09 21:16 | 野鳥 | Comments(4)
2009年 02月 05日

午後のタンココ まずはトビトカゲ

 午後からは他のゲストも一緒にタンココツアーに行くことになっている。
 本来観光客が参加するのはこういう半日ツアーで、クロザルの群れを見たあと、日が暮れてから夜行性のタルシウスと呼ばれる15cmほどのメガネザルを探すらしい。鳥についてはサイチョウが見れれば良いかな、位の感じみたいだ。
 今回はシンガポール在住の欧米人の4人家族とORAT家の計7名での参加なので、スピードボートを出してくれる事になった。
a0035279_1845507.jpg

 スピードボートといってもごく普通の船なのだが、朝1時間かかった所を30分ほどでタンココに到着。たしかに早かったけど、どちらかと言うとこれが普通でアウトリガーカヌーが遅すぎるんだと思う・・・

タンココの岸辺では、見覚えのある小柄な若者が手を振っていた。アテン君だ~
どうしたの?と聞くと、ORAT家の午後のツアーは彼がガイドしてくれるとのこと。それなら小回りが利いていいねえ。ついでにセレベスブッポウソウも探そうね。

 ひーことたいきを紹介すると、アテン君も自己紹介して、そのあと「ここでちょっと待ってて」と言ってバイクでどこかに行ってしまった。

 欧米人一家は他のガイドと一緒に既に出発してしまったので、残されたうちらはそこら辺でジャングルっぽい生き物を探す。

 綺麗な蝶を見つけ、撮影しようと追いかけていると、木の幹に小さなトカゲがついているのを発見。キノボリトカゲみたいだ。
 たいきとひーこを呼んでくると、たいきが「上のほうにももう一匹いるよ!」と教えてくれた。ほんとだ。こっちの方が大きいねえ。撮影しようとすると、そのトカゲはその場所から消えていなくなっていた。何処いったんだ?と不思議に思っていると、ひーことたいきは「あっちの木に飛び移った」という。
二人が指差すあたりの木を探すと、そこにはトビトカゲがまだヒレ?を閉じきらないまま止っていた。
a0035279_1844360.jpg
あばら骨をヒレのように広げて木から木へと滑空するトカゲなのだが、実物は初めて見たよ。さすがスラウェシ!
 よく探すともう一匹、さらに大きめで色鮮やかな個体を発見。翼を全部閉じきっちゃうとただの地味なトカゲなのだが、ノドや脇のヒレを広げると、内側はハデハデなのだ。
a0035279_18444142.jpg
たいきはちょうど学校で「まぼろしのトビトカゲ」という本を読んだばかりらしく、実物を目の前にして大喜びしていた。こういうのを自分の目で見られたんだから来た甲斐があったよね。

いきなり良いものが見れたのでこの先も期待できそうだ。

 そのうちアテン君が戻ってきたので、トビトカゲをあとにして、午後のタンココツアースタート。 みんなで森の中に分け入っていった。さあ、たいきは付いてこれるかな?
[PR]

by o-rat | 2009-02-05 18:47 | 2009年スラウェシ | Comments(11)
2009年 02月 02日

国内新年初鳥撮り

 今年に入って旅行だの結婚式だの、色々あって出撃する機会がなく、昨日もGWの早割り航空券発売日と言う事で朝撮りは出来なかったのですが、昼からちょっとだけ近所の公園に年明け初鳥撮りに行ってきました。
機材はデジスコのみの軽装、これだとそのまま一式全部がスカブーのシートの下に入っちゃうので気分的にも気軽です。

風も強いし大した鳥もいなかったけど、もう梅が大分咲いてます。春近しですね。
a0035279_12364247.jpg

しかしほんとなんもいないや。しょうがないのでツグミ相手にデジスコの練習してました。
a0035279_171474.jpg

それでも最後にカワセミが見れたのでちょっと幸せ。
a0035279_1238251.jpg


あ~あ、来週はちゃんと鳥撮りしたいなあ・・・
[PR]

by o-rat | 2009-02-02 17:02 | 野鳥 | Comments(12)