<   2010年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 27日

PITTA!

今回の冬遠征、真打はルリヤイロチョウ(Blue Pitta)

 車で走行中、道路脇の森の中から鳥の声が聞こえてきた。
 ナンさんは慌ててドライバーに車を止めさせる。
 「何?」と聞くと「Blue pitta!」
 !!!!ルリヤイロチョウだ!
 車を降りたナンさんは携帯に録音しているルリヤイロチョウの声を流しはじめた。コールバックというやつだ。

 声はすぐそばから聞こえてくるのだが、どこにいるのかわからない。
道路際は樹木の道度が濃くて壁のようになっているので、一歩森の中に足を踏み入れる。

 その場でじっとしていると、時々林床をすばやく走り抜ける影がみえる。あれがルリヤイロチョウのようだが中々はっきりとは姿を見せてくれない。しかしナンさんのコールバックには明らかに反応しているようで、うちらの周りを動き回っている。

 そのうち僕の所から葉っぱの隙間を通してかろうじて見える木の根元に鳥が止まった。
カメラを向けAFON。ファインダーに浮かび上がってきたのは・・・・ルリヤイロチョウだ!!!

今までの鳥撮り人生ははじめてはっきり見たヤイロチョウ!手が震えてしまう。
しかしSSはISO400で1/8、気合入れていかなければ!
ピントを合わせなおして慎重にシャッターを切った・・・
a0035279_18583642.jpg

やった~!ルリヤイロチョウゲット!
幸いヤイロチョウはしばらくそこで鳴き続けていてくれたので、ゆっくりとその姿を見ることができた。
羽の青が鮮やかだが後頭部のオレンジもすごく綺麗だ。
a0035279_18535081.jpg


一方ガイドのナンさんはルリヤイロチョウが何処にいるのかわからないらしく、必死でコールバックしながら僕の撮っているあたりを双眼鏡でチェックしている。ここからほんとにピンポイントでしか見えないようだ。

・・・・・さらにカメラを首から提げた彼は明らかに撮りたがっていた(汗)

 それじゃ僕は一応撮ることができたので「ここからだったら見えるから、僕のレンズにカメラを付けて撮ってみる?」というと、待ってましたとばかりに自分のサンヨンをカメラから取り外して僕に押し付け、自分の40Dを僕のロクヨンに取り付けた。しかしやはりというかなんというか、ナンさんがファインダーを覗いたとき、ルリヤイロチョウは既にそこにはいなかった・・まあそんなもんだよ。

 その後、僕のロクヨンは諦めの付かないナンさんに拉致られてしまい、彼は片手の携帯でコールバックしながらずんずん森の中を進んでいく。
普段ここまで重いレンズや三脚は持ちなれていないのだろう、なんかフラフラしていて見ているこっちもヒヤヒヤもんだ。しかしこの状況で返してとはいえないもんなあ(^^;
a0035279_1935881.jpg

結局この後ナンさんに追い立てられたヤイロチョウは森深くに入ってしまい、声も聞こえなくなってしまった。
ナンさん残念だったねえ。でもあんたはカオヤイに住んでるんだから、まだこの先チャンスもあるでしょう。泣くなナンさん、僕も日本じゃこんなことしょっちゅうだって。

 その後車に戻るとナンさんが靴を脱いでなんかやっている。見ると靴下に蛭が・・・もしや僕も?!と思い靴を脱いでみると、こちらの靴下の上にも2cmほどの蛭がいた、靴下にズボンのすそを入れておいて良かったよ。

 しかし蛭のやろう、靴下の上から血を吸っていたらしく、ホテルに帰って裸足になると、足には血の出たあとが残っていた。まあ蛭と引き換えにルリヤイロチョウとが撮れたんだから、これっくらい安いもんだ。
あとでナンさんに聞いた話だと、ナンさんの息子もバードウォッチングをやっているのだが、ルリヤイロチョウを見たのはまだ3回だけだっていってたもんなあ。
[PR]

by o-rat | 2010-02-27 19:57 | 2010年タイ | Comments(18)
2010年 02月 26日

Broadbill

日本は見ることのできない東南アジアの代表的な鳥の一つにヒロハシ類がいる。
今回の遠征では2種類のヒロハシを見ることができた。
まず一種類目、キャンプ施設の裏へ続く道に入って行くナンさんについてゆくと、熱帯雨林に覆われた川岸に出た。ここの対岸にガマヒロハシ(Dusky Broadbill)が巣を作っているという。
a0035279_97266.jpg
ナンさんの指差す先には、蔦で空中にぶら下がった紡錘状の巣があった。
しばらく待っていると、ガマヒロハシがツル草のような巣材を咥えて飛んできた。
a0035279_20374235.jpg

ヒロハシ系というからからもっと派手な鳥を想像していたのだが意外と地味・・・
a0035279_2049377.jpg
たしかにDusky(薄暗い)な色だ。
a0035279_2039939.jpg

ガマヒロハシは何度もツル草を咥えてはやってきて、巣の上をグルグル廻って葉っぱをまきつけて行く。この巣を全部自分で作ったのだから大したものだ。
a0035279_20392995.jpg


折角の7Dなので動画も撮ってみた。ちなみにカシャカシャいってるのは隣で必死に連写しているナンさんの40Dのシャッター音。なんかガイドさんじゃなく鳥撮り友達と一緒に撮っている気分だ(^^;


カオヤイで見かけたもう一種類のヒロハシはオナガヒロハシ(Long-tailed Broadbill)
期待通りの派手派手なヒロハシだったが、いつも木の上のほうにいるので、結局空抜け画像しか撮ることができなかった。次回は目線の高さで会いたいぞ~
a0035279_932847.jpg

[PR]

by o-rat | 2010-02-26 20:51 | 2010年タイ | Comments(6)
2010年 02月 20日

2年ぶりのコミミ

タイから帰ってきて初の復帰鳥撮りはコミミ。
そろそろ帰っちゃいそうですからね~。それに午後からなら朝寝できるし(^^;
という訳で久しぶりのコミミでしたがいいっすね~。
近くも飛んでくれたし
a0035279_21472120.jpg
a0035279_21473635.jpg

場所に難ありだけど、でっかいトマリモノも撮らせてくれたし
a0035279_21481253.jpg
a0035279_21482664.jpg

たまには草原にも下りてくれたし
a0035279_21493259.jpg
a0035279_21494875.jpg

たっぷり堪能させてもらいました。
コミミちゃん、ありがと~
[PR]

by o-rat | 2010-02-20 21:51 | 野鳥 | Comments(14)
2010年 02月 19日

Hornbill

ピックアップトラックの荷台に寄られながら、早朝のカオヤイ国立公園の中の道を上ってゆく。空気は涼しいというよりむしろ寒いくらいだ。
a0035279_038683.jpg

朝日が昇り始めた頃、ガイドのナンさんが車を路肩に寄せて止めた。
a0035279_0414373.jpg

「あの木にオオサイチョウの巣があるんだ」
と指差す大木には、巣らしき洞を板で補修したあとがある。
子育ての最中なので、そのうちやってくるだろうとのこと。
しばらく待っていると、「グォッグォッグォッ」というものすごい羽音とともに朝日に照らされてオオサイチョウが飛んできた!
じっくり見るのは初めてだが、オオサイチョウというだけあってほんとに大きい。体長1mはあるんじゃないだろうか。
a0035279_052594.jpg

巣穴のふちに止まったオオサイチョウはお辞儀をするように頭を下に下げる。こうやって喉にためていた赤い実を吐き出しているらしい。
a0035279_0482225.jpg

出てきた赤い実を咥えなおしたオオサイチョウは巣の中の雛にそれをあたえる。
a0035279_0541467.jpg

それを何度も繰り返し、餌を全て吐き出したオオサイチョウは、再びものすごい羽音とともに新たな餌を採りに飛び立っていった。
a0035279_0561159.jpg


と、これが今回一番のオオサイチョウとの出会い。

カオヤイには全部で3種類のサイチョウが生息している。その中の一種、シワコブサイチョウは群れで飛んでいくところを一回見かけた。
a0035279_17657.jpg


 他に一回り小さいカササギサイチョウも生息しているけれど、こちらも今回は飛んでいるところしか撮れなかった。
a0035279_144653.jpg
というか、ガイドのナンさん、普通種だと思ってバカにしてるフシがあり、カササギサイチョウごときじゃ車を止めてくれなかったってのもあるんだよな。もっと撮りたかったのに~
[PR]

by o-rat | 2010-02-19 13:42 | 2010年タイ | Comments(4)
2010年 02月 16日

Kingfishers Bee-eaters and Rollers

カワセミ系は大不作でした。こんなに成果がなかったのはいつ以来かな。
カオヤイでは一番の目的、カザリショウビンを外してしまい成果ナシ・・・一声だけ聞こえたんだけどねえ・・・

そして干潟でやっとヤマショウゲット。でも飛んででもくれないと小さすぎで点ですわ。
a0035279_19512260.jpg


そしてこっちはただのナンショウ。ここらへんに5羽いました。う~ん、さすが量産型
a0035279_19514577.jpg


以上、カワセミ系これだけ・・・去年は良かったなあ・・・

次はハチクイ系で定番のチャガシラハチクイ
a0035279_20262561.jpg

2羽で交互にフライングキャッチを繰り返すの図。
a0035279_1952739.jpg


アオヒゲハチクイも撮ったけど、遠い上に顔が枝かぶりで肝心のアオヒゲが・・・あまりに見苦しいので割愛させていただきます(^^;

最後はブッポウソウ系。今回カオヤイで一番最初にとったのが夜明けのブッポウソウでした。暗いし遠い~
a0035279_19531796.jpg


そしてもっといっぱい見れると思っていたがそんなに甘くなかった綺麗なインドブッポウソウ
a0035279_1954166.jpg


以上が今回見かけたブッポウソウ目の鳥たちでした。
[PR]

by o-rat | 2010-02-16 20:49 | 2010年タイ | Comments(14)
2010年 02月 15日

たっだいま~

というわけで、一昨日の晩帰ってきました~ ニッポン寒いよ~~ 
目標のカザリショウビンは一声聞いただけでダメでした(TT)
カワセミ系は最後にちょこっとヤマショウビン、タダのナンヨウショウビン
が見られたくらいでほぼ全滅です~
でもBlue Pittaとキヌバネドリ系が撮れたからまだなんとか・・・でもなんだか不完全燃焼じゃ~
どうもタイは相性良くないみたい。シンハは美味かったんだけどねえ・・・

a0035279_12374863.jpg

[PR]

by o-rat | 2010-02-15 13:05 | 2010年タイ | Comments(12)
2010年 02月 06日

そんじゃ行ってきま~す

いよいよ冬遠征の日がやってきました。本日夕方の便で出発です。

というわけでお約束の撮影機材っす~
a0035279_1924338.jpg

今回はノートPCがLOOXからエイサーへ、シグマの17-70mmがタムロンの18-200mmVCへ、それと40Dも7Dへと色々入れ替わっております(^^;

一方パナのFZ-18はたいき専用として活躍する予定。

写っているほかに、いつもの三脚ジッツオG1548とビデオ雲台1380のセット、あと役に立つかわかりませんが念のためベルボンのレンズサポートってやつももって行くつもりです。
あとはこの画像を撮影してるFinepixF30に水中ハウジング、とこんなとこかな。

 タイに行くにあたって色々アドバイスをくれたみなさん、どうもありがとうございました。
そんじゃいっちょ、行ってきま~す(^^)
[PR]

by o-rat | 2010-02-06 10:43 | 2010年タイ | Comments(12)
2010年 02月 01日

旅行記でけた

a0035279_1256353.jpg

8月の石垣島旅行記今頃完成です。またダラダラと長くなってしまいましたが、我慢できる人読んでみて頂けると嬉しいです(^^;
さあ、あとはカオヤイ目指すのみっ!
[PR]

by o-rat | 2010-02-01 13:00 | 2009年石垣島 | Comments(14)