<   2014年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2014年 02月 18日

雪のあとのちょい遠征

この週末もまた大雪でしたねえ。で、雪解けが進んだ日曜日、げんさんと一緒にルリビ狙いでちょい遠征。こうなるとやっぱりバイクは厳しいのでげんさんのお車に乗せてってもらいました。
とはいえユルさが身上のうちらなので、なんだかんだで出発が遅れてしまい、現地到着前に早くもお腹が減って昼ごはん(^^;
カツ丼うどんセットなどたっぷり食べてしまい「なんかいきなりお腹いっぱいでやる気出ないよな~」なんて言いつつ現地に到着すると・・・
a0035279_8533642.jpg

いきなり青いルリビがお出迎えで早くも目標達成♪
a0035279_726531.jpg
前回の苦労はなんだったんだってかんじでヒョイヒョイとでてきてくれました。
a0035279_7273242.jpg
うーむ、もう帰ってもいいかも・・・
a0035279_7275880.jpg
なんて思ってたらカワセミの声が聞こえてきたので池を覗いてみると、ちょっと雪カワっぽいのを撮る事ができました。でも雪がらみってのは難しいです~
a0035279_728236.jpg
カワセミ、ショートホバなどしてくれたりもしましたが(当然撮れず)寒いせいか基本的にはマッタリ。
だんだん飽きてきたので、再びルリビの所に戻ってみるとまたすぐ出てきてくれました。
今日はめちゃくちゃ愛想いいなあ。雪で人が少ないからかもしれません。
a0035279_7284636.jpg
前回は撮れただけでも幸せだったけど、こうなると欲が出てきます。雪がらみが撮りたいと・・・
a0035279_7291023.jpg
でもさすがにそこまでのリクエストには答えてくれず
a0035279_7302322.jpg
それでもお腹いっぱい撮れたので幸せ幸せ♪
a0035279_7313456.jpg
たっぷりとルリビさんは堪能させてもらったので、それではちょっと歩きながら他の鳥でも探しましょう。

 谷戸の木道を歩いてゆくと、葦原にはカシラダカの姿がみえました。せめてこれくらい雪がらみ撮らせていただかないと。
a0035279_7304412.jpg
モズはこの大雪を非常事態とに認識したのか、一生懸命ハヤニエを作っていました。物陰からそっと覗いていると、どうやら獲物はザリガニのよう、甲羅が難そうです。それをあまり尖がっていない木の芽に刺そうとするので中々上手くいきません
a0035279_7311257.jpg
結局諦めたのか飽きたのか、たまたま枝の又に乗っかったのを良しとしたようで、ちゃんと刺さないまま何処かに飛んでいってしまいました、きっと風が吹いたら落っこちちゃうよ。

その後再びカシラダカ。雪の照り返しのせいかお腹がやけに白く見えます。もしかしてミヤホでも混じっていないかとちょっと期待したけどやっぱ混じってなかったなあ。
a0035279_732962.jpg
エナガも雪がレフ版になってくれているようで、いつもよりかわいく見えます。
a0035279_7323364.jpg

これだけ撮れれば今日はもう撮れ高十分じゃね?欲がない、というよりやる気があまりないと言ったほうが良さそうなおっさん2名はこれにて今日の鳥撮りを終了としました。
前日の雪かきで爆弾を抱えたと言うおっさん2号の腰も破砕寸前まで来てたしょうだし(^^;


 と言うことで来た道をひきかえして行くと、途中雪の残る草の中から飛び出してきたカエルに遭遇!
a0035279_7325789.jpg
啓蟄にはちと早いですが、節分が過ぎて暦ではもう春の領域。雪は降っても自然界にはもう春が近づいてるんだな、となんだかウキウキした気分になりました。

しかしルリビたっぷり撮れて、雪にビビりながらもやってきた甲斐がありました。
乙2、ありがと!
[PR]

by o-rat | 2014-02-18 13:07 | 野鳥 | Comments(6)
2014年 02月 12日

大雪の後

 土日で雪の中をウロウロしていたのですっかり風邪をひいてしまったのですが、それでもまだ雪が残ってるんじゃ寝込んでもいられません。ってことで近所の公園へ歩きで出撃。

 現地はまだ雪がいっぱい残っていました。シジュウカラも雪がらみなら撮っちゃいます。
a0035279_2244234.jpg

 ルリビも出てきてくれたけど、枝に止まってばかりで雪がらみにはならず.
でも良く見ると、止まっている木の芽が大分膨らんでいます。春遠からじって感じでうれしいですね。
a0035279_22444880.jpg
 あとはツグミがいたくらい。
a0035279_22451192.jpg
本当はジョウビのオスの雪がらみを狙ってたんだけど、雪にビックリしたのかどこかに行ってしまったようです。

しょうがないので帰りがけに焼き肉ビールランチでこの日の鳥撮りは終了(^^;
a0035279_2391090.jpg

と、この連休の雪がらみ狙いはいまいちなっとくいかないまま終了。
雪は嬉しいけど行動範囲が限られちゃうしねえ・・・
[PR]

by o-rat | 2014-02-12 15:01 | 野鳥 | Comments(2)
2014年 02月 10日

大雪の2日間

 この週末は数十年ぶりの大雪と言う事で、東京でも27cm積もったとか。
たしかにすごい雪でしたね。
 これに週末が重なってくれたとなると、こりゃ雪がらみの鳥を撮りに行かないわけにはいかんでしょう。
でもバイクはさすがに危険なので歩いていける範囲でロクヨンと三脚を担いで出撃。
a0035279_7443361.jpg

万全の防寒体制を整え、滑って転ばないかとヒヤヒヤしながら到着したポイントでまず出迎えてくれたのはゴイサギ。雪の中で寒そうです。
a0035279_7524381.jpg

マガモは体に降り積もる雪が気持ち悪いのか、しきりと羽繕いをしていました。
a0035279_7534232.jpg

ツグミも丸まって雪と寒さにに耐えているようです。
a0035279_7554188.jpg

しかし一番狙いのカワセミはどこにもいません。前日の下見では確認出来たんですけどねえ・・・

そんななか元気に飛び回っていたのはキセキレイ
a0035279_756191.jpg

雪の積もった水面に降りようとして降りられず、ホバリングのような空中ダンスを繰り返していました。
a0035279_8235179.jpg
a0035279_824980.jpg
a0035279_8321119.jpg


 翌日はすっかり雪も止み晴れ間が広がったので電車で出撃。
ロクヨンと三脚をのメイン装備で山手線ってのは重いし恥ずかしいので、この日はシグマの50-500mmにD4の準軽量セットセットをリュックに入れて隠し持っていく事にしました。

 現地はもう雪がシャーベット状に解け始めていて路面はビショビショ。長靴を履いて来ればよかったかなあと少々後悔しました。そんな道を歩いてゆくと、たっぷり積もった雪の上をアオジが降りていました。雪が眩しい~
a0035279_8315177.jpg

メジロも眩しさに瞳孔が閉じてしまってなんだか目つきが悪く見えます。
a0035279_829249.jpg

ここでの一番狙いは雪ルリでした。いるにはいたけど・・・
a0035279_83597.jpg

ちょっと遠くて解像もしてないし雪面とのコントラストが強すぎて露出も失敗といまいちでした。ロクヨン持ってきたらもうちょっとなんとかなったかもと思うと悔いが残ります
a0035279_8362374.jpg

結局唯一愛想がよかったのはシロハラ。
a0035279_840203.jpg
これくらいの距離なら中々よく写ってくれるんですけどね。雪の中だとアイリングと嘴の黄色が際立って見えて中々綺麗だなあと見直しました。
a0035279_8431365.jpg

一日歩き回ったので靴の中はビショビショになってしまいました。それに毎度の事ながら雪がらみってのは上手く撮れませんが、でもやっぱり雪はワクワクしちゃいます(^^)
[PR]

by o-rat | 2014-02-10 14:58 | 野鳥 | Comments(4)
2014年 02月 03日

イスカに会えた~

土曜日はとれたさんのお誘いで、小学生の頃から一度見て見たいと思っていたイスカ探しにちょっと遠征に行ってきました。
現地に着くとすぐ、上空をキュワキュワ?鳴きながら飛び回る鳥の群れ発見。もしやあれは!?
しばらく待っていると、その鳥の群れが遠くの木の上に降りてきました。ファインダー越しに覗いてみると、嘴が互い違いになってます!イスカだ~~!数は50羽くらいいたかもしれません。
a0035279_1059822.jpg
なんともあっさり遭遇できてしまいましたが・・・ただねえ、遠いんです。その上逆光、空抜けと悪条件が重なり、肉眼ではその赤さも判別できません。これじゃただの遠くの小鳥の群れって感じ。満足とは程遠い状況でした。
a0035279_10592812.jpg

そしてその群れがどこかに飛び去って以降はすっかり周りも静まり返ってしまいました。しょうがないので遠くのトラツグミを撮ったり(贅沢な話ですがイスカの前じゃねえ・・・)
a0035279_1059432.jpg
遠くのカシラダカを撮ったり
a0035279_10595733.jpg
遠くのビンズイに連写をかましたり・・・
a0035279_110946.jpg
あたりは「今日はもうおしまいかね」って雰囲気になってきました。
イスカあれで終わりか・・・
でもまああれさえ見れてない人もいるんだから贅沢は言えないか・・・

この場で待っていてももうダメそうなので、帰りがけの駄賃にルリビでも探そうかねえ、と森の中を歩いてみる事にしました。そこで遭遇したマフィワの群れ。今年は地元じゃ見れないから、これだけでも遠出した甲斐があったかな。
a0035279_110209.jpg
なんて思っていたらイスカっぽい声が近くから聞こえてきました!どこだ~~?と声のするほうへ行って見ると、松の木の上に止まるメス発見!しかもさっきとは比べ物にならないくらい近いじゃん!
a0035279_1103660.jpg
メスは木のてっぺんで鳴きつづけています。この距離で見ると結構大きいんだなあ。大興奮で撮影を続けますが、そのうち欲が出てきます。これがオスだったらなあ・・・と。
するとそんな僕らの願いに答えてくれたかのように、メスと入れ替わりにオスも登場!うれし~!
a0035279_110507.jpg
まさかこの距離で撮れるとは思っていなかったので喜びもひとしおです。贅沢を言えば空抜けがアレですが、まあそこまで求めちゃイスカさんに失礼ですよね~。

 今日はこれでもう十分、そう思って来た道を引き返していくと、前方からまたイスカの声が・・・そして目線の高さの枝に真っ赤なその姿が!綺麗だ~
a0035279_111847.jpg
冬枯れの無彩色の森の中に浮かび上がるなんとも鮮やかな朱赤、これこそずっと憧れていたイスカの姿です!
a0035279_1124940.jpg

その後しばらくはオスメス2羽で並んでくれたり
a0035279_1112735.jpg
オスメスそれぞれいい場所に出てきてくれたりと心行くまでイスカの嘴を堪能させてくれました。
a0035279_1114435.jpg
a0035279_111595.jpg

そして最後に草の中に止まる真っ赤な姿を見せてくれた後、
a0035279_1121330.jpg
a0035279_1122947.jpg

イスカの群れはどこかに飛び去って行き、以降は声も聞こえなくなったので、イスカ遠征はこれにて終了。ウン十年前から憧れていた鳥にたっぷり遊んでもらえてとても幸せでした。
とれたさん誘ってくれてありがとう!
[PR]

by o-rat | 2014-02-03 13:24 | 野鳥 | Comments(11)