子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2017年 07月 24日

ついにホイホイ撮り収め?

土曜日は猛暑の中、今期最後かもしれないホイホイ探しにお山までツーリング、というかバイクで移動。

a0035279_23094153.jpg
現地について機材のセッティングをし始めると・・・やっちまった~
ロクヨンのクイックリリースプレート、先週外したままだった・・・

でもホイホイの声は聞こえてくるのでとりあえず三脚を肘乗せ台にして手持ちでサンコウチョウに挑みます。
a0035279_23101517.jpg
んが~~!ぶれるし撮りにくい~~!せっかくいいところに来てくれているのに・・・
さあどうしよう。何かレンズを三脚に固定できるものはないかな?
とリアボックスをガサゴソと探していると、三脚移動時の雲台保護用に使っていた予備のプレート発見!
よ~し、これがあれば!と思ったものの取り付けねじがありません(TT)

でも待てよ、最寄のヨドバシカメラはそんなに遠くないよな?と思い出しグーグルさんに聞いてみたら片道30分ほど。

で、一時撤収して買って来ました(^^;
a0035279_23094416.jpg

よぉ~し、これで思いっきりホイホイ狙えるぜ!と気合を入れてセッティングしなおします。
う~ん、レンズと三脚がくっついてるってのはなんて使いやすいんだろう!

しかし肝心のホイホイ何処行っちゃったんだ?気配が全くありません。まあこんなもんですわな。

しょうがないので林道をぶらぶら歩いていくとヤブサメ発見。でも暗くてブレまくり。
気を取り直して沢の中にいた小魚を上から撮影。アブラハヤかな?
a0035279_23095635.jpg
水の中も撮りたくなりTG-4で半水面に挑んでみたりします。水が冷たくて気持ちいい~
a0035279_23094902.jpg
ギーギー言いながら杉の木に飛んできたのはヒグラシ?
a0035279_23101289.jpg
セミの抜け殻も発見。
a0035279_23104924.jpg
そうこうしながらバイクの所まで戻ってくると
沢の対岸に小鳥が降りてきました。ん!キビメス!
a0035279_23100161.jpg
しかし後が続かず。やっぱりもう夏鳥シーズンも終わりなのかな。
日も傾き始め、あたり一面から一斉にヒグラシの声が聞こえてきました。
遠くからは遠雷の音も聞こえてきます。そろそろ引き上げ時かなあ・・・
a0035279_23104696.jpg
と諦めかけた頃、やっと「グェ グェ」とホイホイの声。
このチャンスを逃すまじ!と必死でその姿を追い続け、やっと何とか撮ることができました。
でも光も背景もぐちゃぐちゃ。手持ちのときのほうが条件よかったなあ・・・
a0035279_00522929.jpg
大満足とは行かないけれどまあ撮れただけでもね。
折角ねじ買ってきたのにスカじゃ寂しすぎますからねえ。

とちょっとほっとしてふと足元を見ると綺麗なカミキリムシが飛び回っていました。
a0035279_23110115.jpg
ペパーミントグリーンがとっても鮮やか。
詳しい兄ちゃんに聞いたらラミーカミキリというそうです。
a0035279_23105679.jpg
こんな綺麗なのがいるんならこりゃ夏の間はしばらくここらへんで虫狙いですかね。
その時はきっとロクヨンも持って来るに違いありませんが。

というわけでこれで今期の夏鳥シーズンは終了!
たぶん(^^;



[PR]

# by o-rat | 2017-07-24 09:10 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)
2017年 07月 19日

海の日は海の鳥

この三連休はなんだかんだと用事があり、最終日だけ鳥撮りに行けました。

さあ、夏鳥シーズン最後はまたホイホイで締めるかな、と思ったものの出掛けに大雨が降りだして断念。
しかし二度寝して目が覚めたらすっかり天気は回復して夏空が広がっていました。
それじゃちょっとスタート遅れたけど海の日だから海でも行ってみようかね、と近場の干潟めぐりに出撃。

昼前に家を出てまず着いた最初のポイントにいたのはメダイチドリ3兄弟。
夏羽だけど顔の辺りの模様が薄いのは若なんでしょうか?
a0035279_23390398.jpg
顔のラインくっきり残っていて特に綺麗だったこちらは成鳥かな。
a0035279_23390636.jpg
コチドリも一羽だけ発見。
a0035279_23391045.jpg
しかしこの時間、まだ潮は満潮から引き始めたばかりで陸地があまりなく多くの鳥は望めそうもありません。
ここはひーこさんタイムということにして近くのショッピングモールで昼ごはん&ゆっくり買い物。

そして夕方近くになったところで第2のポイントへ。
a0035279_23385173.jpg
この頃になるとちょっと潮も引いてきて所々砂州が顔を出し始めました。
クロックスに履き替えズボンの裾をまくってジャブジャブと海に入ると涼しくて気持ちいです。

キャラキャラという声と共にコアジサシが飛んできました。
a0035279_23391714.jpg
よく見ると沢山のコアジサシが鳴きながらダイビングを繰り返し餌を取っています。
夏の風景ですねえ。
a0035279_00303410.jpg
沖の砂州の波打ち際には幼鳥の姿も見えます。
a0035279_23392778.jpg
ちょっと手前に見える塊は何かな?と思ったらカンムリカイツブリでした。
a0035279_23392027.jpg
その近くに舞い降りたのはダイゼンかな?
a0035279_23392489.jpg
同じチドリでもこちらはもう冬羽なんですねえ。
a0035279_23391556.jpg
さて、メインディッシュのニンジンはどこでしょう?
海岸を歩いて行くと、鳥が集まっている砂州が見えてきました。
a0035279_23385541.jpg
レンズを向けてみてみると、いましたニンジン=ミヤコドリ!
a0035279_00305342.jpg
相変わらずいっぱいいます。アサリに嘴はさまれているやつもいました(^^;
a0035279_00304851.jpg
ダイサギと比べると身体のボリューム感はかなりのもの、随分大きな鳥なんですね。
a0035279_00432820.jpg
他にもウミネコやコアジサシの一家が羽を休めていたりしてにぎやかな砂州でした。
a0035279_00433238.jpg
これで目標は一応達成。日が暮れる前に家に帰れるようほどほどで引き上げる事にしました。
a0035279_00335352.jpg
これからは山の方はさっぱりだろうし暑いから、しばらく海に通うのもいいかもしれませんね。
ただもうちょっと水が綺麗だと言う事ないんですが・・・


[PR]

# by o-rat | 2017-07-19 12:38 | 鳥撮りツーリング | Comments(4)
2017年 07月 11日

平地の夏鳥ハットトリック

もう梅雨が明けたんじゃないかと思われるような夏空の広がる土曜日。
もちろんじっとしちゃいられないので自分的に夏鳥シーズン終盤の3大鳥をゲットすべく
まずは第3のホイホイポイントへ。
現地に付くと梢の上で鳴くホトトギスに遭遇。逆光でいまいちでしたが
しっかりホトトギスだと認識して見れたのははじめてかも。幸先いいな
a0035279_19150311.jpg

と思ったのですが、この先が長かった。お目当てのホイホイ待てど暮らせど現れず。
声はするので諦める気にもならず待つこと4時間。やっとその姿を見せてくれました。
a0035279_08582888.jpg

いや~ホイホイでこれだけ苦労したのは今季初。
a0035279_19350422.jpg

でもその甲斐あって結構近くで会えたのでまあ良かったかな。
a0035279_08583730.jpg

ここで水浴びをしてくれるのですが、やっとの出会いに飛び込みを撮るなんて余裕があるはずもなく
結局止まってるとこだけで終わってしまいました。
a0035279_08584002.jpg

これで第1目標はクリア。次は前回不完全燃焼だったヨシゴイ狙いで葦原へ。
そこでまず出迎えてくれたのがチュウヒ。換羽時期なのかちょいボロでした。
a0035279_08584512.jpg

アジサシがいるなあ、と思っていたらこれはクロハラアジサシ!
a0035279_08584884.jpg

幼鳥らしきのも一緒でした。全然期待していたなったのですごくうれしいです(^^)

a0035279_08585115.jpg


そして本命のヨシゴイもちゃんと飛んでくれました。

a0035279_08585616.jpg


ランデブーも見せてくれたし

a0035279_08590413.jpg


近くに止まってもくれたのでこちらも大満足。

しかしいい足してますねえ。
a0035279_08591171.jpg

さて最後はアオバで締めましょう。これは比較的難易度低いと思っていたのですが
意外に苦戦。炎天下の中歩き回りやっとの事で出会うことができました。
a0035279_08591630.jpg


これでハットトリック達成!ほっとしました。
しかし暑かった~



[PR]

# by o-rat | 2017-07-11 19:27 | 鳥撮りツーリング | Comments(4)
2017年 07月 03日

富士山鳥撮りツーリング

7月最初の日曜日はひーことGさんとの3人で、
交通規制がかかる前に高山の鳥を狙うべく富士山へツーリング。
a0035279_08444361.jpg
心配だったお天気もスバルラインに入る頃には大分回復してきました。
途中の駐車場で一休み。
a0035279_08442745.jpg
ここではビンズイが出迎えてくれました。
a0035279_08432981.jpg
そして現地に付くとまず現れたのがルリビの若。
昨日の雨でできた水溜りで水浴びをしていました。
a0035279_22090834.jpg
標高2000mオーバーなので出てくる鳥も高山帯の鳥がメインです。
地元では冬に出会う鳥たちがここで子育てをしています。
その中でもスターはやっぱり色つき。ルリビはいまいち青が綺麗じゃありませんが
もしかして夏場はカワセミみたいに色がくすんじゃうのかな?
a0035279_20291830.jpg

背景が新緑のせいか、ウソはとっても色鮮やかに見えました。
a0035279_08440184.jpg
しばらく様子を伺った後水浴び開始!
a0035279_22410499.jpg
そこにメスとヒガラもやってきて混浴状態となりました。
a0035279_22454134.jpg

一風呂のあとは枝で羽のお手入れ。
a0035279_08441049.jpg
メスも掻き掻きしてました。
a0035279_08441705.jpg
ゴジュウカラもやって来ます。
a0035279_08433201.jpg
ヒガラはそんな高山鳥でもないのかな?ここでは一番目に付きました。
a0035279_08434390.jpg
聞こえてくるムシクイの声はほぼメボソ。だからこいつもメボソでしょう。
a0035279_08434057.jpg
そして再びルリビ。こんなシチュエーションの中にいると冬とはまた違った雰囲気ですね。
a0035279_08435791.jpg

ここらへんでひーことGさんは飽きてしまったようなので昼ごはんにします。
僕は鍋焼きうどん。やっぱり標高高いと寒いですからね。
a0035279_22411449.jpg
食後はちょっとそこらへんを歩き回ってみました。
するとハイマツの上に囀るカヤクグリが!さすが高山!でも逆光残念・・・
a0035279_08434825.jpg
そしてそろそろ引き上げようかという時にキクちゃん登場!
冬より落ち着いている感じですがやっぱり撮るのは難しかった~
a0035279_08442178.jpg
と言う訳で富士山鳥撮りは終了。
a0035279_22411922.jpg
山から降りたところで記念撮影をして、
あとはツーリングを楽しみながら帰路につきました。
a0035279_08443776.jpg
ちなみに新ヘルメットは効果絶大、高速で全然頭がぶれないし風きり音もほとんどなくて超快適。
ツーリングがますます楽しくなっちゃいました。まあ風がなかったからって話もありますが(^^;

[PR]

# by o-rat | 2017-07-03 22:48 | 鳥撮りツーリング | Comments(6)
2017年 06月 27日

ヘルメット更新

NCにしてから僕は超安物のシステムヘルメットを使っていました。
ひーこさんもSGマーク付きとはいえやっぱり超安物のジェット。
さすがにこれじゃいかんと思い、一緒にヘルメット更新です。

a0035279_22393284.jpg


共にOGKで僕はKAZAMIでひーこはASAGI。
A社S社のような高級品じゃないけど日本のメーカーなのでさすがに造りはしっかりしています。
僕のはちょっと重たいけど耳のスペースが広いのでいたくならなそうだし
ぴったりフィットしてくれるので安心感も大幅アップ。
インカムも付け替えピンロックシートも付けて準備は万端。
早く走りに行きたいのです(^^)



[PR]

# by o-rat | 2017-06-27 22:50 | バイク | Comments(6)
2017年 06月 25日

西のお山で夏鳥探し

夏鳥シーズンも後半戦に突入した土曜日。気分を変えて西のお山へ出撃。
去年サンコウチョウが良かったポイントに行ってみると今年もホイホイの声が聞こえてきました。

a0035279_11104396.jpg

杉の樹冠を移動していくので中々姿が見えませんが何とかワンチャンス。

a0035279_12522931.jpg

もうちょっと後の方がいい感じなのかな。また来て見なくちゃ。
a0035279_11010158.jpg


続いていつもオオルリを探すポイントへ。

a0035279_11103343.jpg


こちらもオオルリの囀りが結構近くから聞こえてきます。
そして程なくその姿を発見。

a0035279_11005891.jpg


そのあとここらへんによくいらっしゃると言う方にアドバイスを頂き森の奥へ入ってみました。
するとそこでもホイホイの声。現れたのは尾羽の短いオスでした。

もう抜けちゃったんでしょうか?
a0035279_11274649.jpg

さらに奥へ歩いて行くととっても山深い雰囲気になってきました。
キビやクロツグミの囀りが聞こえてきてとってもいい感じ。
a0035279_11103838.jpg

しばらくしゃがみ込み気配を消していると
ブンブン声と共にお怒りの様子の綺麗なキビ男が登場。
まだ縄張り争いに忙しいようです。
a0035279_11010519.jpg


キビにも会えたし大満足。そろそろ撤収しようかと山を下りていくと
さっきのオオルリポイントではまだオオルリが元気に囀っていました。

a0035279_13390079.jpg

この沢筋では2羽のオオルリが隣り合って住んでいるようです。
上流側のオオルリは威勢よく囀っていて、みていると少しづつ下流に移動していきました。
やがて調子に乗りすぎて下流の雄の縄張りに入ってしまったみたい。
それでも高らかに囀り続けますが、その時下流のオオルリが一声「ピーロリッ ジジッ」・・・
するとあんなに威勢の良かった上流オオルリ、いきなり小声になってしまいました。
なんかすごく気まずい雰囲気が漂っています(^^;
それでもこのままここで退散するのは格好が付かないと思ったのでしょうか、
上流オオルリ」しばらくすごーく小さな声で囀り続けました。明らかに逃げ腰な感じが伝わってきますw
 やがで「別にビビッたんじゃないからな!」ってな感じでちょっと変な声で鳴きながら少しづつ自分の縄張りに戻り、
ある程度の所まで来ると一気に森の奥へ退散。
妙に人間くさいしぐさに笑っちゃったのでした(^^)

a0035279_11011543.jpg


と言う訳で今週も楽しい鳥ツーとなりました。
夏鳥楽しめるのもあと3週くらいかな。

ちなみに今回設定間違えてずっとiso2000固定で撮っていたのですが、
現像してからもしばらくそうとは気づきませんでした。
D500高感度なかなか良いのか、それとも目が悪くなったのか・・・


[PR]

# by o-rat | 2017-06-25 11:53 | 鳥撮りツーリング | Comments(4)
2017年 06月 18日

千葉県半周鳥撮りツーリング 2周目!

土曜日は天気も良さそうだったので再び千葉半周ツーリングに行ってきました。
今回はひーこなしなので先週行けなかったポイントまで全部まわる予定です。

天気予報では穏やかな日のようでしたが意外と強い風の中、東京湾を渡ってまずはお山の第1ポイントへ。

a0035279_21295617.jpg

しかし今週のホイホイはいまいち。こんなのしか撮れませんでした。

a0035279_22461646.jpg

あとはオオルリがちょろっと出てきてくれたくらいであまりパッとしません。

a0035279_21302483.jpg


周りはアジサイがいっぱい咲いていてもう梅雨って感じです。
そのアジサイの葉っぱ、何か美味しい汁でも出ているのでしょうか、キマダラセセリとか

a0035279_21303756.jpg


ムラサキシジミが止まっているのを見かけました。

a0035279_21303267.jpg


今日はまだ先が長いのでほどほどで撤収することにします。

a0035279_21300039.jpg


森を抜けバイクに戻と結構暑くて先週とはえらい違い。気持ちのいいツーリングになりそうです。

a0035279_21300776.jpg


ここからはしばらく快適な山道を走ってから再び高速に乗って一気に移動。
しかし千葉の圏央道はアップダウンの多い土地を高架とトンネルでつないでいるため風強い!
めげそうになりながら何とか終点までついたもののまたトラウマになってしまったかも(^^;

ここから内陸部を通って第2ポイントに向かうつもりだったのですが、折角の晴れなのでちょっと海をみていく事にして回り道。
う~んやっぱり晴れてると気持ちい。先週とは雰囲気全然違います。

a0035279_21304770.jpg


そんな風にうろうろしながら走っていたら結構時間が押してしまい第2ポイントに付いたのはもう午後一時半。

a0035279_21305416.jpg


さあ、コジュリンはどこかな?
しかし声はするものの草の低い位置で囀っていてまともに撮れる感じじゃありません。これなら先週のほうがマシだったなあ。
その代わり愛想のいいコヨシキリがたっぷり遊んでくれました。

a0035279_21310826.jpg


あと今年生まれと思われるちょっとボーっとした感じの若ウグイスがホーホケキョの練習をしていました。

a0035279_21311239.jpg


空にはヒバリ

a0035279_21311740.jpg


そしてセッカもいっぱい。

a0035279_21312150.jpg


オオセッカらしきやつも声と飛んでいるところは見えますが、見えるところに止まってはくれません。
コジュリンも残念ですが時間ももう3時になってしまいました。
まだこの先第3ポイントでも可能性があるし、と思い最後にもう一度コヨシキリを撮ってから移動する事に。

a0035279_21312552.jpg


その後第3ポイントに付いたらもう4時前。このあともう一箇所あるのに周れるかなあ・・・

a0035279_21314063.jpg


とにかくささっとコジュリンを探さなきゃ。と思っていたらまずチュウヒが登場。これはこれでちょっと得した気分。

a0035279_21315897.jpg


草原を歩いて行くと目の前の薮からオオセッカらしき声が聞こえてきます。
何とか姿が見えないかとしばらく粘ってみましたが残念ならが声も止んでしまいました。
あとはオオヨシキリとセッカばっかだなあ、と思いながら諦めかけてバイクのところに戻る途中
やっとの事でコジュリンの姿を発見!でもやっぱ先週のほうがましだったなあ。

a0035279_21320140.jpg


まあしょうがない。ちょっと時期が早すぎたのかもってことで最後のポイントへ移動。

なんだかんだで思ったようにスケジュールは進みませんねえ。やっと第4ポイントに付いた時にはもう午後6時になっていました。
ここでの狙いはヨシゴイ、あわよくばサンカノゴイ。三脚を出すのが面倒になってしまい手持ちロクヨンで挑みますが、
そこにいた方の話によると「ヨシゴイはさっきまで良く飛んでいたんだけどねえ」とのこと。ちょっとくるのが遅すぎたかな。
結局撮れたのはワンカットのみ。

a0035279_22152192.jpg


最後にオオヨシキリを撮ったら日が暮れてしまいました。

a0035279_22152723.jpg


これで今回の千葉半周鳥撮りツーリングは終了。

a0035279_21323278.jpg


なんだかあれもこれもで中途半端になってしまった感があるので
次回はもっと狙いを絞って出撃しなきゃなあ、と思ったのでした。
ちなみにこの日の燃費はリッター25kmくらい。独りで走ると確実に燃費が悪くなりますね(汗)


[PR]

# by o-rat | 2017-06-18 22:22 | 鳥撮りツーリング | Comments(2)
2017年 06月 12日

千葉県半周鳥撮りツーリング

日曜日は千葉を半周して鳥撮りスポットをめぐるツーリングに行ってきました。
まずは川崎から初アクアラインで海ほたるへ。
a0035279_20244477.jpg

うわさどおり中々の風でしたが房総半島まであっという間で着きますね。

そして向かった第一ポイント。前情報でもう遅きに失したとは思っていましたが、やはり目的の鳥はいませんでした。
それでもセイタカシギがたっぷり見れて楽しかったです。

a0035279_20251178.jpg


生憎の曇り空で水面が白くなってしまったのがちと残念。

a0035279_20250075.jpg


バンが嫌いみたいで近くに来ると鋭い声で威嚇してました。

a0035279_20250326.jpg



と、目的の鳥こそいなかったけれど何羽ものセイタカシギが飛び交う光景はびあしんさんと行ったタイの水田のようでした。

a0035279_20250983.jpg


続いて向かった第2ポイント。ちなみにロクヨンは今回からこんな感じで運搬しております。
身軽でいいんだけれどレンズへのダメージははたしてどんなもんなのかな。衝撃対策はたっぷりしてはいるんですけどね。

a0035279_20253580.jpg


機材をセットして歩き始めると満開のあやめが出迎えてくれました。


a0035279_20253818.jpg

その先の森まで行くと少し日が射してきました。なんだか前途に希望が持てそう。
a0035279_20254041.jpg

そしてその希望を裏切ることなく今季初のホイホイ登場!
しかしこのときは薄暗い森だったし、尾羽が切れちゃう位近くに来てくれたので
いっそボディーをD750にしておけばよかったとちょっと後悔。
a0035279_20251442.jpg

でもそのあと全身撮れたのでほっと一安心(^^)
a0035279_20251759.jpg
今年もホイホイ無事ゲットできました。
a0035279_20251950.jpg

思っていたより早く目標達成できたのでホイホイはこれで終了。まだまだ先は長いのです。
次に目指すは太平洋!

途中ローカル線の駅で記念撮影などしながら房総の山の中を楽しく走りぬけます。
a0035279_21211213.jpg

しかし海に近づくにつれかすかに見えていた晴れ間も顔を潜め、太平洋についた頃にはドン曇り・・・
これじゃ冬の日本海って感じであまり感動ありません(TT)
a0035279_20254418.jpg

ここからはひーこさんのご希望で犬吠埼を目指しひたすら北上。
海岸沿いの快適なシーサイドクルージングってやつを想像してたのに、
海はあんまり見えないし風も冷たくなってきて、ほぼ我慢大会みたいになってしまいました(^^;

そんな中立ち寄った食堂で食べた昼ごはん。肉厚のアジフライにプリップリのエビフライを食べたのが
この名ばかりの九十九里シーサイドラインでの唯一の幸せな時間でした。
a0035279_20254562.jpg
そんな苦行の末、やっと本州最東端の犬吠埼に到着。遠かった~
a0035279_21351579.jpg
灯台の向こうに廻りこむと荒波にさらされた磯が見えますがやっぱりドンヨリ。
沖縄の辺戸岬の綺麗な海が恋しくなります。イソヒヨドリでもいるかと思ったけれど鳥の姿はなし。
a0035279_21351900.jpg

時刻はもう3時。予定押し捲りです。さあ、それじゃひーこさんの希望もかなえたし、次のポイントへ向かいましょ。

犬吠埼を後にして利根川を渡るとやっと晴れ間が出てきました。


a0035279_22301943.jpg

そして四時過ぎ、第3ポイントへ到着。

a0035279_20254849.jpg
しかし狙いのコジュリンははるか彼方でワンチャンスのみ。
a0035279_20252977.jpg
コヨシキリも逆光枝被りの証拠写真。
a0035279_20253213.jpg
愛想が良かったのは相変わらずのセッカくらい。
a0035279_20252307.jpg

オオヨシキリはどこにでもいますからねえ、ここはまたリベンジかな。

a0035279_20252866.jpg

と言う訳でここも終了。
本当はまだ第4、第5ポイントも廻りたかったのですが時間も5時を過ぎてしまったため今日のところは撤収する事にします。
次回は銚子抜きで独りでもう一度廻ろうかな。

ここからは高速で一気に帰宅。走行距離は330km。ガソリン満タンでスタートしてまだガソリンメーターは2/5残っています。
これならリッター35kmくらい行くかな。NCえらい!


[PR]

# by o-rat | 2017-06-12 22:02 | 鳥撮りツーリング | Comments(4)
2017年 06月 09日

ロクヨン携行方法改良

今までカメラの運搬はボディー2台とサンヨンPF、コンデジをダミータンクのユーティリティースペースへ入れ、
ロクヨンはリュックで背負っていました。それはそれでまあ問題なく運用できていたのですが、
一日の走行距離300kmを超えるとやっぱりちょっと肩が懲ります。
それに何かあったとき、布一枚のリュックではロクヨンが心配です。
なので何とかリアボックスにロクヨンを入れて運ぶ事はできないものだろうかと考えておりました。

そんなある日、良く行く公園で出会ったお友達のジイジが自転車の荷台に工具箱をくくりつけているのが目に入りました。
これロクヨン入りそうだな、と思い試しに入れさせてもらうと・・・おおっ、ぴったしだ!
これに入れてクッション材で保護すればリアボックスに入れても大丈夫かも!

そこで同じ箱を探した結果、アマゾンでそれらしきものを発見。内寸480mmなのでロクヨン単体がぴったり入ります。
外寸は530mmと言う事で両端の外殻部は25mmづつある計算。素材はパンパーに使うものだそうで中々丈夫そうです。そこですぐに購入。

a0035279_23164577.jpg


なかに断衝ウレタンを入れてロクヨンを入れるとこんな感じになりました。

a0035279_23165302.jpg


レンズを外すとこんな感じ。

a0035279_23164842.jpg


これでリアボックスに入れて運べるぜい!と喜んでいざリアボックスに入れると・・・入りません(TT)
やっぱり丸みを帯びたリアボックスにこんな四角いものは無理だよなあ。

しょうがないのでロクヨンボックスが入りそうなリアボックスを探すとスクエアに近い形のものがありました。
内寸530mmと書いてあったのでぎりぎり大丈夫だろうけど、ホントぎりぎりだなあ、と思いつつも見切り発車で新規購入。
右が今まで使っていたもの、左が新規に購入したものです。

a0035279_23165705.jpg


さて入るか!?恐る恐るロクヨンボックスを入れてみると・・・ぴったり!

a0035279_23170050.jpg


フタも余裕で閉まりました。更にレインウェア、ダウン、ウィンブレなどを入れてもまだちょっと余裕があるみたい。
これなら大雨が振ってもきっと大丈夫。衝撃も立ちゴケくらいなら何とかなってくれるんじゃないかな、と思うのですが。
あとはリアヘビーの影響が気になりますが果たしてどうなるでしょう。

でもこれで身軽に運転する事ができるようになったのはうれしいです。早く試乗してみたいなあ。


[PR]

# by o-rat | 2017-06-09 23:33 | バイク | Comments(2)
2017年 06月 06日

虫の日はミドリシジミ

6月4日は「ムシ」の日、と勝手に認定しています。
去年の6月4日はミドリシジミにいっぱい会えたので、今年もバイクの新車をゲットしたGさんを誘って
プチツーリングがてらミドリシジミ中心の虫探しに出かけました。

最初曇り勝ちで気配がなかったミドリシジミですが、雲が晴れて朝日が顔を出すと
ちらほらと飛び始めました。それからしばらくすると去年のミドリシジミパラダイスが再来!

a0035279_22002008.jpg

見る角度によって色が変わる構造色でいろんな表情を見せてくれます。
a0035279_08264323.jpg

う~ん、美しい。
a0035279_22001890.jpg

オスが多いようですがメスの姿も。これはこれで綺麗です。
a0035279_22002321.jpg

下草の陰にはゼフィルス仲間のウラナミアカシジミも止まっていました。
a0035279_08133893.jpg

折角なのでTG4でも撮ってみますが・・・
a0035279_22004796.jpg

こういう小さいのを撮ってこそのTG4ですね。
a0035279_08250431.jpg

ミドリシジミの背後の森では居残り組みのキビ若の声が響いていました。
a0035279_22001668.jpg

でもやっぱりミドリシジミが気になります。なにせ発生は年に一回だけですからねえ。
a0035279_22002788.jpg

やがて9時を過ぎるとミドリシジミたちの姿はほとんど見えなくなりました。
みんな木の上に登ってしまうようです。
これで今年のミドリシジミパラダイスも終了。綺麗だったなあ。

余韻に浸りながらバイクのところに戻ってコーヒーで一服していると、
NCのタイヤにナナフシが付いていました。
a0035279_08251185.jpg


その後はバイクで一気にKに移動。菖蒲の群落の中のウチワヤンマを撮ったり
a0035279_22003203.jpg


樹液に来るコムラサキを撮ったりで虫撮り三昧

a0035279_22010344.jpg


と言う訳で、今年も良い虫の日となりました。

来週からは鳥撮り復活で残り少ない夏鳥シーズンを満喫しなくちゃ。




[PR]

# by o-rat | 2017-06-06 08:58 | 虫撮り | Comments(2)