子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2017年 09月 01日

夏のダムめぐり

最近ひーこさんの中でブームのダムカード集め。
それに付き合ってこの夏は東北ツーリングの後も近場のダムを周っていました。

まずはツーリングを終えた2日後の日曜日、秋が瀬の荒川貯水池へ。ここでダムカードと記念カード2枚ゲット。
職員の方が20周年記念の噴水を見て行って下さいね、と教えてくれたので噴水見物。
a0035279_22335666.jpg
次に相模川水系を狙ってお盆休みに出撃し、王道相模ダムで70周年記念カードとあわせて2枚ゲット。
さすが相模湖、彩湖とは歴史が違いますなあ。
a0035279_22155912.jpg

ダムサイトから相模川を見下ろすと、沢山のサギとウが飛び立ちました。
a0035279_22334664.jpg
そこから道志ダムへ廻り渓流沿いのツーリング。
a0035279_22160772.jpg
この道志ダムとこの後行った本沢ダムは現地で証拠写真を撮ってきて
それを津久井記念館で見せるとダムカードがもらえるシステムです。

ここらへんまではいい天気だったのですが、
昔良く釣りをした清流沿いでお弁当を食べていると雨がポツポツ降り出しました。
a0035279_22442912.jpg

こりゃいかんと大急ぎで本沢ダムへ。ここはアクセスできる道のほとんどがバイク進入禁止。
唯一谷戸沿いの林道だけがバイクでも駐車場のすぐ近くまでいけるというのをネットで見つけ、
その道経由で本沢ダムへ到着。
a0035279_22161099.jpg
東京の方がはるかに見渡せてとても見晴らしのいい場所でした。
がお天気がやばいです。雨が本降りになって来ました。再び大慌てでこの日の最終目的地津久井湖記念館に到着。
a0035279_22161654.jpg
これで一気に道志、本沢、城山ダムのカード、計3枚を頂く事ができました。
ここからはカッパ装着の帰路となりましたが気分は晴れ晴れ♪

そしてこの前の日曜日は千葉方面へ。土日でもダムカードがいただけるところということでまずは長柄ダムへ。
a0035279_22340355.jpg
続いて近所の高滝ダムにも行って房総方面をあっさり制覇。
a0035279_22340740.jpg
あとはツーリングに徹してそのまま養老渓谷を抜け海に出ます。

a0035279_22341089.jpg
しかし天気はすっかり曇り空。千葉の海とはどうも相性よくないみたい。
とりあえずおなかが減ったのでお昼ご飯を頂いて、
a0035279_22342188.jpg

小学生の頃毎年夏になると来ていて朝から晩まで浮かんでいた潮溜まりを見に行ったりしました。
僕のダイビング人生の原点みたいな所ですが今見ても心がウズウズしちゃいます。
a0035279_22341401.jpg

鴨川まで海沿いを走ってから再び山の中へ。すると天気も一気に回復。青い海が見たかったなあ。
ダムカードはもらえませんが途中にあった豊英湖というところによって見ます。
ここは高滝、長柄と違い周りが自然のままでとってもいい感じ。
a0035279_22342816.jpg

ヤマセミでもいないかとダムサイトの下の川を見てみるとオシドリ一家が泳いでいました。
a0035279_22343196.jpg


その後大渋滞のアクアラインで帰宅。日が暮れるのが早くなったなあ・・・

a0035279_22344448.jpg
というわけで夏のダムカード集めでした。

このダムカード、無料で配っていただけるうえ、どの事務所の方も
とっても親切に対応してくださり、いつもダムカードを頂くとほっこりしてしまいます。
キジバトさんの「善意」という言葉がびったりですね。





[PR]

# by o-rat | 2017-09-01 22:10 | バイク | Comments(4)
2017年 08月 24日

D850・・・

a0035279_22165505.jpg

久しぶりにカメラ関係の物欲を刺激されました。
9コマいけるんですか!
さらに今の機材ニコイチにすれば手が届きそうなバーゲンプライス!
しかし相変わらずバグリは高いですね~
高感度強かったらどうしよう・・・でもサンプルがISO400までだから程々かな。
SRAWで20MPだとD5と同等、とかだとやばいです。


[PR]

# by o-rat | 2017-08-24 22:20 | 物欲 | Comments(10)
2017年 08月 22日

夏の東北ツーリング最終日


東北ツーリング最終日の朝、この日も早起きしてフロントでもらった地図に載っていた野鳥の森というのに行って見ました。
しかしグーグルさんの言うとおりに走って着いた目標地点はかすかに何かがあった痕跡が残るだけのただの山林orz
a0035279_20230464.jpg
鳥の声もかすかにホオジロの囀りが聞こえてくるだけ。

これじゃどうにもならないので急遽ホテルに戻り、
昨日キビタキの声が聞こえていた五色沼の遊歩道を散策する事にしました。
歩き始めてすぐ、鳥か!?と思ってレンズを向けた先に居たのはリス。
a0035279_22014079.jpg
その後は鳥の気配も薄く、結局深泥沼まで行って何とかカケスゲット。
a0035279_22061076.jpg
あとは朝日の下の弁天沼が綺麗だったくらいで時間切れ。というか押し捲り。
a0035279_20230787.jpg
昨日に続き超早足でホテルへ戻り何とか朝食の時間に間に合いました。
朝もバイキング。和食洋食コンプリートを目指しておなかいっぱい。
a0035279_20231103.jpg
それでは一息入れたら東京に向けてラストランに出発!
まずは磐梯ゴールドラインで会津若松へ向かいます。
この日の裏磐梯は生憎の曇り空で磐梯山を見ることはできませんでしたが
標高が下がるにつれてだんだん晴れてきました。



本当は猪苗代湖も見たかったのですが、時間の都合でそのまま会津若松を通過して南会津方面へ。
街中を過ぎると山へ向かって続く田園地帯が広がりました。
日本の里山の風景っていうんでしょうか。
a0035279_20233572.jpg
そこに一両編成の会津鉄道がやってきてしばらく併走!もうたまりません106.png
a0035279_20233262.jpg
やがて道は前方に見える山の中に入ってゆき渓谷沿いの道を進みます。
すると「大川ダム」の表示が。これはダムカードもらえるかも!と寄って見ます。
a0035279_20235380.jpg
そして首尾よくダムカードゲット。
さらにダムサイトの向こうの事務所では大内ダムのカードももらえました。

こんな寄り道ばっかしているからいつも時間が押しちゃうんですよね。
でもひーこはダムカードゲットできてとっても幸せだそうで良かった良かった。

南会津までの道はいかにも昔の街道っぽくて旅情をかき立てられます。
本当は塔のへつりとかもあったんですが、気になるところに寄りまくっていたら
いつ東京に着けるかわからなくなってしまうので、ここは走りに専念。
やがて併走していた川の幅が広くなってくると会津田島ももうすぐそこ。
a0035279_20234541.jpg
そろそろおなかも減ってきたところに丁度いいタイミングで蕎麦屋さんが現れたのでここで昼ごはん。
店の裏には田んぼが広がりなんとも長閑。こんな所に田舎があったら幸せだったろうなあ・・・
a0035279_20235976.jpg
というわけで今日のお昼はここの名物という地鶏蕎麦。
僕は白いお蕎麦が好きなのでとっても美味しかったです。
a0035279_20240388.jpg
さあ、腹ごしらえも済んだ所でもうひとっ走り頑張りましょう。

会津田島から塩原方面へ向かうと心なしか天気が悪くなってきた気が・・・
a0035279_20241953.jpg
再び山の中に入り塩原もみじラインを走ってやっと塩原に到着、関東まで戻ってきた~!
a0035279_20242300.jpg
あとは塩原温泉を抜け那須エリアに突入。ここまでくればもうなじみの場所みたいなもの。
千本松牧場の横を抜け
a0035279_20242628.jpg
那須塩原インターから東北道へ。
a0035279_20242968.jpg
そしてのんびりと高速を走り続けると渡良瀬川にかかる橋が見えてきました。
この橋を越えればもう埼玉県です、ついにここまで来たか、とちょっと感無量。
a0035279_20243188.jpg
その後久喜あたりで雨に降られましたが東北道を走りきり、
首都高を通って午後4時半無事帰宅。これにて夏の東北ツーリング終了となりました。

4日間の総走行距離1200kmほど、鳥はあんまりいなかったけど「旅したなあ」って気分でした。
次は秋になったらどこか行こうかな。






[PR]

# by o-rat | 2017-08-22 23:06 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(8)
2017年 08月 18日

夏の東北ツーリング三日目 裏磐梯五色沼歩きまくり

浄土平を後にして裏磐梯に向けて下っていきますが見えるはずの絶景は霧の向こう。
a0035279_23062289.jpg


 それでも山を下りきって裏磐梯のエリアに入ると日差しが出てきました。影があるってのは幸せです。
a0035279_23062596.jpg

レイクライン(色々ラインがありますねえ)を快適に走りぬけ、今日の宿、裏磐梯レイクリゾートに到着。
本格的なリゾートホテルなんでなんかバイクには不釣合いな感じもしますがとってもリフレッシュできそう(^^)
ホテルのスタッフに駐輪場を聞くと軒先に止めさせていただける事になりました。
これなら雨が降っても安心です。
a0035279_23363957.jpg

チェックインを済ませ部屋に行くと、う~ん、ちゃんとしたリゾートだ~
a0035279_23063493.jpg

さあ、それじゃ恒例の到着を祝して乾杯!
a0035279_23063800.jpg

今日は五色沼を散策するつもりだったのであまり寄り道をせず早めに宿についたのですが
それでももう時刻は4時半。それじゃ暗くなる前に五色沼いっときましょ。
鳥がいる可能性もなくはないので一応サンヨン+1.4XテレコンをつけたD500を持って行きます。

五色沼の入り口はホテルの目の前。散策コースは片道3kmほどらしいので中間地点あたりまで行って戻ってくることにします。
早速歩き始めますが結構観光客が多くて鳥どころじゃないかな。聞こえてくるのもカラ類が少々だけ。

そしてまず現れたのは柳沼。普通の池ですな。

a0035279_23064347.jpg


次は青沼。青ってくらいだから青いんだろうなと思ったら青かった~

a0035279_23064733.jpg


次の沼は瑠璃沼、ちょっと緑っぽいかな?

a0035279_23575560.jpg


そして弁天沼。広くて青沼みたいな色。そう言えば天気もすっかり良くなってきましたねえ。
ここらへんで引き返す予定だったのですが気分もいいし2つ先の赤沼が本当に赤いか見に行ってみようかな。

a0035279_23065367.jpg

木々の中にはもう紅葉がはじまっているものもあります。まだ8月頭だってのにもう秋の気配なんですかね。
a0035279_23520065.jpg

こうして中間地点を超え次の深泥沼へ。沼への道沿いにはせせらぎが流れていて時期が良ければオオルリがいそう。
a0035279_23065789.jpg
そして着いた深泥池。別にドロドロしてませんねえ。ここでは奥の森から
キビの地泣きが聞こえてきました。でも姿を見ようなんて気は全く起こらないくらいの距離。
a0035279_23580294.jpg
さあ、次が赤沼、それだけ見たら戻りましょう。道を急ぎますがここに来て体調に異変が・・・
う~トイレ~ ビールがいけなかったな。どうしよう、戻るかそれともこのまま突っ切って向こう側のビジターセンターを目指すか・・・
でももう半分以上来ちゃってるし、こうなったら向こう側まで言ってバスで帰って来るのがベストじゃないかな?

と言う訳で先に進む事にして大急ぎで赤沼へ。全然赤くない!どういうこった!?
a0035279_23580758.jpg
まあ悩んでいる余裕もないのでさらに大急ぎで最後の毘沙門沼をクリア
a0035279_23070218.jpg
無事にビジターセンターにたどり着き、何とかトイレ間に合いました。
ホッとしつつこの前Cさんに聞いた話を思い出します。彼はかつて五色沼に行った時、やはり片道だけ歩きバスに乗って戻ろうとしたのですが、終バスの時間がすごく早く大変苦労したそうです。まあ随分前の話のようなので、さすがに今はそんな事ないだろうと思いバス停に行ってみると・・・
終バス4時台じゃん・・・時刻はもう既に6時、こりゃ歩いて帰るしかないか・・・
と諦めて毘沙門沼に戻る頃にはもう日が暮れそう。こんな道真っ暗になっちゃったら遭難しちゃうぞ。
a0035279_23581377.jpg
と焦りますが、まあ時速6kmで早歩きすれば3kmは30分、何とかなるか、
とかつて経験した事のないくらいの早足で歩き続け
予定通り6時半にはホテルに到着、でもメチャクチャ疲れました。

夕食は7時からなのでその前に一風呂浴びておこうと思い大浴場へ。するとここでもまた貸切!さらに露天風呂も貸切!
あまり時間がなくのぼせるまで使っては居られませんでしたが夕暮れの松原湖を眺めながらの露天風呂はほんとに気持ちよく
今日の疲れが全部ぶっ飛ぶようでした。しかし今回お風呂に関しては本当に恵まれていましたなあ。

お風呂上りにビールを一杯飲んでから待望の晩御飯。今日はみんな大好きバイキングです。
なんだかんだで色々取ってお腹いっぱい。
a0035279_23072888.jpg
でもデザートは別腹ってことでこちらもたっぷり頂いてもうぐるじいもいいところ。
a0035279_23073282.jpg
もうぶっ倒れそうになりながらもちょっとお土産を物色してから部屋に戻ると
ふかふかのベッドに倒れこむように爆睡。

[PR]

# by o-rat | 2017-08-18 21:54 | Comments(6)
2017年 08月 14日

東北ツーリング三日目 宮城蔵王から磐梯吾妻スカイライン

2泊目の宮城蔵王の宿は釣りで有名な遠刈田温泉のすぐ近く。
なので翌朝は早起きして近くの川にフライをやりに行きました。
a0035279_19365650.jpg


タックルをセットして意気込んで川に向かいますが増水気味の川に膝までの長靴は力不足。入川一歩目で上から水没してしまいました(^^;
まあこれは想定内、目の前によさげな川を前にしたらキャストせずにいられません。そのまま釣りは続行です。

a0035279_19370090.jpg
しかし久しぶりのヘナチョコキャストに反応してくれる魚はほとんどおらず、
親指大のが2回ほどアタックしてくれただけ。そんな時、川の中の岩に止まるアオバセセリ発見!
こうしちゃいられないので釣りは終了。バイクにとって返してカメラを持ってくるとまだそこに止まっていてくれました!

a0035279_19371294.jpg
標本は持っていたけど撮影は初めて、これが撮れただけでも朝は十分。
そのあとホオジロを撮って朝活動は終了
a0035279_19370745.jpg
宿に戻ると朝ごはん。純和風でございます。
a0035279_19371972.jpg


腹ごしらえも済んだところで今日の目的地、裏磐梯へ向けて出発!

宿をでると今日もグーグルさんに従ってまずはコスモスラインという所を走ります。
天気はいまいちだけど中々気持ちよい道です。



そのあと四号バイパスで南下

福島県に入りました。
a0035279_19373810.jpg

ひーこの今日の第1目標はこれから向かう裏磐梯へ行く途中の磐梯吾妻スカイライン。
色々検索しているとめちゃめちゃ景色がいい所だそうで楽しみです。

福島市を抜けフルーツラインという所に入る頃には雲が切れ青空が見えてきました。
これは絶景が期待できそう。
a0035279_19374502.jpg

しかし山間に入るとすっかり天気は悪くなり、いつの間にか走っていたうわさの磐梯吾妻スカイラインは濃霧の中。何にも見えやしません。
a0035279_19375608.jpg


霧の中、ひたすら我慢の走りを続けますが、この道の核心部、浄土平の手前で霧が晴れてきました。
a0035279_19380928.jpg


そしてその先は浄土平まで絶景が広がっていたのでした。
ひゃ~気持ちいい~~!



折角の快晴の浄土平です、バイクを停めて吾妻小富士に登ってみました。
a0035279_19381663.jpg
頂上はすぐそこに見えたのですがいざ上がってみたら息も絶え絶え。
でもすばらしい景色が待っていてくれました。
a0035279_19382120.jpg
ここからお鉢をぐるっと一周。主に雲は眼下に広がっていて自分より高いところがない世界。
ただ両側は細かい砂利の急な斜面。足を滑らせたらと思うとゾッとします。
登山とかしたらこんな感じなのかな。

咲いている花々もなんだか高山っぽい雰囲気です。
a0035279_23421702.jpg
白くて細かい花は蜜が美味しいのか蜂やコガネムシが一杯集まってきていました。
a0035279_23422317.jpg
そんなのを撮影しつつも時折霧に視界を奪われたりしましたが無事お鉢を一周。

駐車場の方を見下ろすと湿原の中に木道が張り巡らされているのを発見。
なんだか鳥がいそうだったので下山して行ってみる事にしました。
しかし駐車場に着くと再び霧がやってきました。当然木道も霧の中です。
a0035279_19384473.jpg
それでも折角なので歩いて行くと足元にヒメシジミ(蝶に詳しい人教えてください)がちらほら。
こちらはメスですがオレンジの模様が綺麗です。
a0035279_19383086.jpg
オスは胴体まで青くてこれまた綺麗。
a0035279_19383508.jpg
霧の中からはウソやルリビタキの声が聞こえてきますが姿は見えず。
やがて折り返し地点を過ぎたところで一気に霧が晴れました。
湿原の中続く木道はなんだか北海道みたいな風景です。
a0035279_19402004.jpg
木道を一回りしたらもう2時、さあお昼をどうしよう。
このまま山を降りたら食べ損ねるの確実なので
レストハウスで地鶏バーガー、カジキマグロのUFOバーガーというのをいただきました。
UFOバーガーは挟んであるカジキのミンチカツの直径20cmほどの大ボリューム
タルタルソースが美味しかった~
a0035279_22314278.jpg
お腹も一杯になって再び出発。浄土平をあとにするとすぐ、視界は再び霧に閉ざされてしまいた。
ほんと、山の天気は変わりやすいですね。
a0035279_19402435.jpg


[PR]

# by o-rat | 2017-08-14 22:34 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(6)