タグ:オオルリ ( 7 ) タグの人気記事


2013年 06月 25日

ホイホイ

我ながらずいぶん積極的に鳥撮りしてたこの夏鳥シーズン。
今回の目標はサンちゃんでした.

RICKさんにゃっちさんの海外遠征チームで出かけたのですが、このところ鳥運落ち気味の僕に加えてこちらもお世辞にも絶好調とはいえない(^^;RICKさん、みんなこの前のKNCで徳ポイント使いはたしちゃった感もあるしもしかしてスカるかも・・・と少々の不安を抱えながら沢沿いの林道を歩いてゆきます。
a0035279_20345597.jpg


するとまずはオオルリがいい声で囀りながら出迎えてくれました。
a0035279_2183969.jpg
今期一番近かったかも。幸先良しです。

 そして問題のサンちゃんもなんとかその姿を拝む事に成功。ボルネオのカザリサンコウチョウ、南西諸島のリュウキュウサンコウチョウは遭遇済みだったのですが、本土でちゃんとしたオスの成鳥見たのは初めてでした。どうも縄張りの境界のようで、2つの声が威嚇しあっています。冠毛を立てたり尾羽を広げたりするとすごく迫力がありますね。激しく動き回りまくるので撮影は厳しいけど・・・
a0035279_20284128.jpg


同じポイントでジュクジュク言うコサメビタキの姿も見られました。
a0035279_20285731.jpg

 沢沿いなのでカワトンボの仲間もよく見かけます。これはニホンカワトンボのようですが、個体差がけっこうあるみたい、こんな白い粉吹いた見たいなのは初見でした。
a0035279_20295580.jpg

他にも普通の緑光沢のものもいたりして、カワトンボって言っても色々あるんですねえ。
a0035279_22211652.jpg


 その後一人林道の先の方まで偵察に行った帰り道、すぐ近くからホイホイヴォイスが聞こえてきたので姿を探すと再びサンちゃん発見。「グェグェ」とうなりながらちょこちょこと枝から枝へ飛び移る姿をロックオンし、なんとか撮影成功。
a0035279_21101527.jpg


 このときはあまり見上げでもなく、いい所に止まってくれました。アイリングと嘴のアイスブルーの鮮やかさと華麗な長い尾羽に見惚れてしまいます。
a0035279_2191735.jpg


 グェグェ言う時に口の中の黄緑もチラッと見えました。
a0035279_21115596.jpg
リュウキュウ、カワリ含めてこんなにじっくりとサンちゃんと対峙したのは初めてです(^^)
ただ暗いので画像がいまいち。D4ほしいなあ・・・


 最後はカメムシの仲間と
a0035279_2228213.jpg
ウラギンシジミを撮影して終了。秋のチョウのイメージがありますが、この時期にもいるんですね。
a0035279_2229785.jpg
ちなみに虫撮影はシグマの50-500mm。鳥にはアレだけど虫撮りにはかかせません。

そしてシメはやっぱりお蕎麦。
a0035279_20583333.jpg
こちらはまたインパクト大の心に残るおそばでした(^^;
こうしてサンちゃんとの遭遇もでき、今回も充実の鳥撮りとなりました。RICKさんにゃっちさん、どうもありがとう~


 夏至も過ぎてしまうとと木々はどんどん葉っぱを伸ばして行き、幼鳥たちが巣立った鳥達はひっそりと静まり返り、その姿を見つけるのも難しくなってくるんでしょうね。というわけで自分でも感心するくらい毎週通い続けたお山の夏鳥でしたが、これで今期はおしまい・・・かな?
[PR]

by o-rat | 2013-06-25 12:45 | 野鳥 | Comments(10)
2013年 06月 17日

2週連続 ロクヨン担いで山登り

 今週もとれたさんと懲りずに山登りに行ってしまいました。もちろん狙いはコマのリベンジ!天気予報では午前10時から雨、早朝で一気にカタ!をつけなければ
a0035279_8402255.jpg

しかしやっぱ今回もコマはスカ。先週のポイントでは声さえ聞こえません~。

 そこでもうちょっと標高をあげてみようか、と場所移動。笹薮、沢、標高と、コマにはもってこいのシチュエーションでしたが・・・
a0035279_839392.jpg
ここでも遠くでチラッとヒンカラララの声が聞けただけ。僕の中のコマはすっかりレア度が高くなってしまいました(^^;
結局会えたのはいつものミソ
a0035279_9193339.jpg
大きな声で囀っているのもいれば
a0035279_9191982.jpg
一生懸命コケを運んで巣作り真っ最中の個体もいました。コマは今頃抱卵真っ最中で大人しいのかな?
a0035279_8405357.jpg
あとはこちらも先週に引き続きルリビタキ。青ければもうちょっとときめくんですけどね(^^;
a0035279_840366.jpg
そして今日も囀りまくるオオルリといった感じ。
a0035279_920147.jpg

ウ~ん、コマはどこにいるんじゃろ?時刻は既に10時過ぎ。そろそろ雨が降ってきてもおかしくない時間だけど今のところなんとか天気は持ちそうです。2週連続のヤマノボリでヘロヘロですが、ここはもう一頑張りして近くの登山道にもチャレンジしてみました。こちらもコマが好きそうでとっても雰囲気の所だったんですが
a0035279_2142895.jpg
やはりコマは遠くでささやくのみ。もうちょっと時期が早かったりすればいいのかなあ・・・諦めて帰ろうとすると、ミソに似てるけどちょっと違うさえずりが聞こえてきました。ん~~なんだろ?ルリビじゃないしなあ?と、遠くの枯れ木の上に声の主の姿を見つけました。ビンズイです。冬場はそこら辺でも見かけるビンズイですが、夏場は高山の鳥でしたね。すっかり忘れてました、なんか新鮮だなあ。
そのビンズイを撮影していると、背景に雨の筋が見え始めました。
a0035279_841898.jpg
あれ?雨降ってるの?ここはまだだねえ、なんてとれたさんと言ってると、その雨がこっちにやってきました。天気予報大当たりだ!
 これにてコマドリタイムは終了。また来年頑張りましょうかね。

 その後は山を降りてまたまたキビ狙い。先週のポイントへ行きました。最初は降っていなかったものの、すぐにさっきの雨に追いつかれ、土砂降りの中のびしょ濡れ撮影になってしまいましたが、まあ会えただけでも良かったかな。
 先週囀りたっぷりでサービスしてくれたキビですが、今週は雛がかえったみたいで大忙しみたい。
a0035279_8412629.jpg

餌を銜えたまま「ヒョロッ ヒョロッ」っという中途半端なさえずりと共に雨の中飛び回っておりました
a0035279_2155121.jpg

そしてシメはノビ太。今年生まれの若オスのようです。
a0035279_9203150.jpg

巣作り最中のミソ、餌運びのキビ、そして既に巣立った若ノビ、成長過程は十鳥十色ですが、森の中は子育てシーズン真っ只中ですね。

 
[PR]

by o-rat | 2013-06-17 22:05 | 野鳥 | Comments(8)
2013年 06月 09日

ロクヨン担いで山登り

 昨日はまたまたとれたさんと一緒に鳥撮りちょい遠征。
今回は天然コマドリ狙いで標高1600mをめざしました。
事前情報では結構ハードな山登りになるのではないかと予想され、果たしてロクヨンと三脚を担いで行けるもんなんだろうかと少々不安ではありましたが、午前5時30分現地に到着すると小雨が降る中見切り発車・・・

 看板によると、目標地点の湖まで片道2kmちょっととのこと。まあ歩けない距離じゃありません。しかしいきなりの急勾配にやられてしまい早くもヘロヘロ。おまけに雨もだんだん強くなってくるし果たして大丈夫なんでしょうか・・・

 途中コマドリが鳴き交わすポイントに差し掛かったものの、雨のせいもあってSSはISO1250でもLOW表示。これじゃ撮影になりません。それに登るのに必死でとっても鳥撮りどころじゃないのです。あ~しんどい。
湖に着けばきっとコマドリだらけに違いないと思い、スルーしてとっとと先に進みます。

 そしてやっとの事でルート最高地点の峠に到達。づがれだ~~
ここで大休止のあとしばらく平坦になった道を進みます。周りにはまだ残雪が見られ、なんだか思いっきり秘境まで来ちゃった気分。そしてその先は急激な下り坂が待っていました。ロクヨン担いでいると下りも結構足に負担がかかってキツイです~

 足がガクガクになりながら坂を下りきるとやっと目的の湖に到着。ひゃ~疲れた~~

 でも苦労して来ただけあって深山幽谷感が漂うとってもいいところです。
a0035279_18451361.jpg

目標のコマドリの声よりオオルリの声のほうが目立つ気もしますが・・・
a0035279_18453272.jpg


 とりあえずコマドリの声のするほうを目指し一番声が大きく聞こえる辺りでしばらく待つ事にしました。しかし藪の中をガサゴソ動く気配はあるものの待てど暮らせど姿は見えず・・・

 そこで待つ事30分ほど、雨に濡れた上着が冷えてすっかり寒くなってしまったので、僕はコマ待ちを一時中断してさっきのオオルリに遊んでもらいに開けた湖畔の方に移動。

 開けた湖畔にはオオルリの囀りが響き渡りますが、それに対抗するように聞きなれた「ヒッヒッ」と言う声がきこえてきました。この声なんだったっけ?と思っていたら声の主登場!
a0035279_1852553.jpg
ルリビでした。標高高いですからね。

 その先で犬のような生き物に遭遇。こちらに気づいて逃げていく途中一瞬立ち止まり振り返った隙に撮影すると、おお~キツネだ!はじめて見たかも。さすが秘境だ!(ひーこの話じゃ実家の周りに普通にいたそうですが^^;)
a0035279_18552085.jpg

オオルリはというと、ここでも見上げ位置に止まる事が多かったので苦労させられました。
a0035279_185956100.jpg

結構近くまで来てくれる事もあったんですけどねえ・・・
a0035279_18583661.jpg


肝心のコマドリも手強くて、5時間ほど粘ってみたものの、姿を見ないまま最後は声さえ聞こえなくなってしまいました。残念、それじゃ諦めて撤収しますか。いいとこだったんですけどねえ・・・

 しかしここからが大騒ぎ。なんせさっき降りてきた急坂を登らなきゃなんないんですからね。もうここでビバークするしかないんじゃないかって位の衰弱っぷり(^^;
それでも休み休み頑張って登り切ったところで鳥撮りの3人組に遭遇。ここで囀るミソを見つけ、コマドリ一本狙いだったとれたさんは今回初めてのシャッターを切ったもよう(^^;
a0035279_19305676.jpg


 3人組の方にコマドリどうでした?と聞くとばっちり撮れたとの事!場所を聞くと今朝僕らが登ってくる途中鳴き交わしを聞いた辺じゃないですか!しまった~湖なんて行かないで最初のとこで粘っとけば良かった~。
それでそれはいつごろ?と聞くとほんのちょっと前だというのでまだ可能性はあるかも!
急に元気が出てきたとれたさんと2人、早足でそのポイントを目指しました。

 しかし到着した鳴き交わしポイントはハイカーの人たちで賑わい、コマの声なんて全然聞こえません。やっぱダメかな、でももしかしてまだチャンスがあるかも、と思い、しばら休憩をかねて待機することにします。その間にも何人かの鳥撮りの人たちがやってきましたが、皆さんコマと会えたみたいでホクホク顔。もしかしてダメだったのうちらだけ?

 その後も色々あったものの、結局結果が出せないままコマポイントは終了。この前のクロツで鳥運使いすぎちゃったかねえ。あ~疲れた~~、もう登りたくない~~、ロクヨンなんか二度と持ってくもんか~~!

 でもこのまま帰るのも寂しすぎるので、帰りしなに平らな所でキビでも撮って口直しようか、と言う事になり、ちょっと標高を下げたキビポイントへ。

 ここでは期待を裏切らず、キビがたっぷりサービスしてくれました(^^)
a0035279_19423588.jpg
標高の高いここいら辺はまだ木々も芽吹いたばかりって感じです。
a0035279_19424965.jpg

そんな明るい森の中、サメビタキも巣作り中のようで何かの動物の毛をくわえて飛び回っていました。
a0035279_19442419.jpg

しかしやっぱキビはいいなあ。コマドリは撮れなかったけど、キビが撮れただけでも出かけた甲斐があったってもんです。
a0035279_19452381.jpg

とれたさんありがとう~
[PR]

by o-rat | 2013-06-09 23:05 | 野鳥 | Comments(10)
2013年 06月 03日

ETC導入記念でちょっと山まで

 ついにバイクにもETCを導入しました。とはいえ正規にお店で頼んだらメチャ高なので、
 オクで落とした中古を自分で取り付けすることにしたのですが、軽自動車登録の自主運用でなくちゃんとバイク専用の機種にしたので許してください・・・
 配線は4本あったのですが、とりあえず黒と赤のラインをアースと+のとこに繋いだらあっさり作動してくれました(^^)
元々ハーレーについていたものだったようで、ステーの取り付けネジがインチ規格だったため、同じサイズのM6のボルトに交換し、30分ほどで設置完了!意外と簡単でした。
a0035279_193155.jpg
取り付けたら速攻使ってみたくなるのが心情ってもんですよね。なので作動テストを兼ねてちょっと山のほうまで鳥を探しに。
目標はオオルリだったので、狙いは沢沿いの林道です。初ETCゲートも無事通過して作動もOK!
そして到着した第1の林道
a0035279_1932580.jpg
オオルリの声は聞こえませんが、蝶の姿が目立ちます。
そこで虫撮りのおじさんに遭遇。ご指導を仰ぐ事にして、まずはトラフシジミゲット。地元じゃ見れない蝶です。
a0035279_1934327.jpg
渓流といえばつき物のテングチョウもいっぱいいました。
a0035279_1935689.jpg
これはある食べ物にそっくりなので、その名前が付いたゾウムシと言う事ですが、果たしてその食べ物は・・・
a0035279_194999.jpg

正解はカツオブシ!なのでカツオブシゾウムシ。粉を吹いた感じとかもほんとカツオブシっぽかったです。

このスターウォーズに出てきそうな首の長い奴はオトシブミ。葉っぱを封筒みたいな巣を作ります。しかし何でこんな首が長いんでしょうね?
a0035279_1941915.jpg

サカハチチョウも山に来ないと見られない蝶です。ちなみに虫撮りにはD7000と50-500mmが活躍してくれましたが、やっぱり虫を撮るとなるとマクロレンズが欲しくなってきますね。
a0035279_1942996.jpg

アサギマダラも何度か見かけ、虫撮りのおじさんとも色々おしゃべりできて楽しい時間を過ごせました。
a0035279_1953368.jpg
しかし鳥はオオルリとキビタキの声がチラッと聞こえただけ。時刻は既に昼をまわってしまい、このままでは重たい思いをして背負ってきたロクヨンがただのお荷物に・・・
ここは気合を入れなおさねば、と思い、もう1本別の目星をつけていた林道にバイクで移動。
a0035279_1945069.jpg
ここも林道沿いに綺麗な沢が流れオオルリが好きそうな環境です。
a0035279_195015.jpg
一度上流のほうまで登り切ってからエンジンを切り、耳を澄ませながらゆっくりと転がり下ってくると、かなり近くからオオルリの声が聞こえてくるポイントに遭遇!バイクを止めてヘルメットを取るとほんとにすぐそこで囀っているようです。どこだどこだ?と声のするほうを見まわすと、真上の枝にオオルリが止まってるじゃありませんか!

 大慌てでバイクのスタンドを立て、「飛ばないで~~~」と祈りながら三脚を伸ばし、リュックからロクヨンを引っ張り出し、もどかしい思いをしながら雲台に取り付けていると、後ろから「グシャ」と言う嫌な音が・・・恐る恐る振り返ると、そこには大地に横たわるアネーロさんが・・・orz
 どうやらギアをニュートラルに入れたまま斜面の下に向けて止めたからスタンドが外れて倒れちゃったようです。でもオオルリはそんなことにはおかないなく朗々とさえずり続けています・・・バイクを取るかオオルリを撮るか悩んだ末、とりあえずオオルリを一連写(TT)
a0035279_1954926.jpg
そのあとアネーロを引きこしましたが、倒れた側のクラッチレバーの先がしっかりと折れてました。これはかなり徳ポイントたまったったな・・・でもここでめげてる訳には行きません。オオルリはまだそこにいるんです!撮らなければ!
a0035279_196063.jpg
どうやらここは縄張りのど真ん中のようで、他の鳥がやってくると警戒音を発しながら飛び回るので、ロックオンして追跡すればそこそこ姿を見ることができました。
a0035279_1961410.jpg
しかし曇り空も手伝ってなかなか色が出てくれませんでしたが、まあ見れただけでも良かったかな。今度はもうちょっと天気のいいときに再チャレンジしようかな。
a0035279_1962573.jpg

その後しばらく姿を潜めてしまったオオルリですが、夕方になってきたのでそろそろ引き上げようとカメラを片付けた所で再び登場。
再び三脚を組み立てなおしてレンズも装着。でもそうするとまたいなくなり、再び片づけを始めるとまた登場。おちょくられてんだろうか・・・ウンニャロウとうなりつつも再びカメラをセットして、一応撮影成功。やっぱり色がいまいち出ませんけどね。
a0035279_1963791.jpg
その後も絶妙なタイミングで現れたり隠れたりするオオルリ。いい加減あたまにきたので最後はシカトして林道を下りました(^^;
そして帰りもETCでスイスイと。バイクは渋滞気にしなくていいから楽チンだ~(^^)
[PR]

by o-rat | 2013-06-03 12:40 | 野鳥 | Comments(6)
2013年 05月 03日

夏鳥のち八丈島

今年は夏鳥が来るのが遅めなんですかね。昨日はちょっと寄り道したらオオルリゲット。
a0035279_19401932.jpg

そして今日は朝から出撃。キビがいっぱいきてました。
a0035279_12543632.jpg
a0035279_1254555.jpg

メチャ近くにも来てくれました
a0035279_12554049.jpg

口直しはセンダイムシクイで
a0035279_1256498.jpg

そしてまたキビ
a0035279_12562938.jpg

と、堪能させてもらいました。
これから八丈島に行くのですが、地元にいたほうが色々撮れたかもしれないなあ・・・

と言うわけで慌ただしいですがこれより八丈島遠征に行ってまいります。
機材はちょっと少なめ。G12とV1の10-30mmがあるので標準ズームはナシ。
a0035279_1302152.jpg

前回壊してしまったPCの修理がまだできてこないのでバックアップの心配がありますが
その場で消しまくる作戦でなんとかするしかないですな。
それでは皆さんいってきま~す。
[PR]

by o-rat | 2013-05-03 13:02 | 野鳥 | Comments(4)
2013年 04月 29日

GW前半戦

GW前半、初日はなんとかオオルリをゲットできました。
a0035279_858583.jpg
a0035279_1992428.jpg

a0035279_19101231.jpg
しかし後が続かず、翌日は夏鳥としてはセンダイムシクイくらい。キビもチャンスはあったもののシャッターは切れず
a0035279_19102988.jpg
あとは普通にカワセミとか
a0035279_19104555.jpg
まだ残っていたクロジとか・・・
a0035279_1911169.jpg

そして本日はさらに絶不調。唯一エゾムシクイを見かけたもののまともには撮れませんでした。

と言うわけで前半3連休はパッとしないまま終わってしまいましたが、後半は八丈島にちょい遠征の予定です。この不調で徳ポイントためた分、向こうでうまくいくといいのですが・・・
[PR]

by o-rat | 2013-04-29 19:18 | 野鳥 | Comments(2)
2012年 10月 15日

秋の豊漁

昨日はたいきは朝から晩まで塾があったので(受験生大変ですねえ)昼のお弁当を作ってやってからの遅めの出発でKへ。
現地に着いたのはすでに10時。早朝の晴天がうそのようにどんよりと曇ってしまった空の下、こんな時間からじゃ今日はもうダメかなあ・・・と半分諦め気分でみんなに合流するとサメビタキがいるとのこと。
a0035279_21475549.jpg
結構胸斑がはっきりしていたので最初エゾビかと思ってたんだけどサメビタキだそうで、アイリングとか雨覆いの縁取りとか頭の形とかいろいろ識別ポイントがあるようですね。ここらへん識別勉強しなくちゃ。しかしこれが青空バックだったらなあ・・・
a0035279_21481041.jpg
そのあと雨がポツポツと降り出しみんなは帰ってしまい、残されたとれたさんと二人で粘っていると数羽のキビメスに遭遇。
a0035279_21482338.jpg
ムシクイ系も現れましたが、これはメボソかな。ここも鳴いてくれないとなかなか厳しいです。
a0035279_21483797.jpg
キビオス一羽くらい混じってないかと探したのですが、あとはカラ類の声がにぎやかなくらい。

今日も色付きには会えないか、と諦めかけてトイレに行くと、途中に怪しい影が!
慌てて用を足してカメラを取ってって戻ってくると・・・この尾羽の白斑は!オオルリ若でした~
a0035279_21485283.jpg
キビを見慣れてるとでっかいですねえ。茶色い頭と青い羽のコントラストがすごく綺麗ですが、肉眼ではここまで発色してなかった気もします。ともあれ若オスを見るのは初めて。この秋のひそかな目標だったのでうれしかった~(^^)

 さらにその近くではマミチャの群れに遭遇。こちらも今シーズン声は良く聞くものの姿は全然見られなかったのでもう大興奮。
a0035279_2149859.jpg
途中雨が再びポツポツ降り出しましたがそれ所ではなく撮影続行。
a0035279_21492777.jpg

 そしてたっぷりシャッターを切った午後4時頃、降ったり止んだりしていた雨はついに本降りに・・・さすがにこのままじゃカメラが水没しちゃいそうだし、暗くてSSも上がらなってきたので撤収する事にしました。

帰りも雨の中、びしょぬれになりながらのバイクでしたが、思がけない豊漁で気分はホクホク。やっぱ鳥撮りはたのしいっす(^^)
[PR]

by o-rat | 2012-10-15 21:44 | 野鳥 | Comments(6)