子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バイク ( 39 ) タグの人気記事


2017年 09月 13日

奥秩父5ダム制覇

日曜日は天気も良かったのでひーこさんに付き合って恒例ダムめぐり。
奥秩父方面には平日じゃなくてもダムカードをいただける所が多いようなので
効率的なルートを考えてまずは本庄児玉まで一気に高速で移動して
関東平野の端を走ります。目指すは前方の山並み!

a0035279_00454018.jpg


平野を抜け山道をどんどん登っていくと目の前に強大なダムが現れました!あれが今回の第一目標、下久保ダムです。

a0035279_00454894.jpg


もうひとっ走りして坂を登りきるとこの下久保ダムでできた神流湖の湖岸に出ました。
湖畔には沢山のバイクが停まっていましたが今登ってきた道を攻めるのかな?

そのままダムサイトの上の道を通って反対側へ。

a0035279_01065675.jpg


そこにある資料館の向かいにある管理棟でダムカードいただけました!まずは1ダムクリア!

a0035279_00455659.jpg


しかし立派なダムと湖です。にわかダム研究家のひーこさんによると今まで見た中で一番すばらしいそうです(^^;

a0035279_00455379.jpg


さあ、それじゃ次のダム目指して出発!湖岸沿いの裏道を走っていく
と小さな滝があったり道が苔むしていたりして中々の秘境感。ワクワクしちゃいます。

a0035279_00460138.jpg


やがて赤い橋が現れ、それで対岸に渡ると神流湖沿いのメインロードに合流。

a0035279_00465200.jpg


ここから神流川に沿ってしばらく走ります。天気も良いしとってもいい気分♪

a0035279_00470563.jpg


途中で橋を渡り対岸の山の中に入るとすれ違う車もほとんど居ない
めちゃくちゃ快適なワインディングになりました。



そんな道をたっぷり楽しみ一山越えた所で今回第2のダム、合角ダムに到着。

a0035279_00460495.jpg


早速資料館の受付に行ってみたのですが、丁度お昼休み時だったので係員の人がいません。
それじゃうちらもこの隙に昼ごはんにしようかね、ということでちょっと下にある元気村という所の食堂へ。
村興しのための箱物みたいな所ですが木の匂いがして中々居心地良さそうな所です。
ここで僕は天ザル

a0035279_00461090.jpg


そしてひーこは憧れのダムカレーにありついたのでした(^^)

a0035279_00461365.jpg


お腹も一杯になった所で時刻も1時を過ぎました。もう一度資料館に行ってみると
職員の方がいてダムカードを頂く事ができました。よっしゃ、2ダム目クリア!

a0035279_00464394.jpg

ここで時刻は13時過ぎ。あと3ダム廻りきれるかちょっと心配になってきました。
5ダムカードゲットの後に予定していたカワセミ探しは多分無理でしょう。
グーグルマップの時間予測は相変わらずのドンブリっぷり。
いったい何kmで突っ走る事を想定してるんだろ?

a0035279_00475572.jpg

合角ダムを後にしてほとんど車のいなかった山の中の道をぬけ
交通量の大目の道に合流するとそれが雁坂トンネルへ向かう道、秩父往還です。
先行車についてのんびり走っていくとたいきが小学生低学年の頃
育成室のイベントで来たキャンプ場なんかがあってとても懐かしい気分になりました。

そこからさらに進んだ先には巨大なループ橋が!こんなの初めて通るぞ、おもしれ~
幸い前には大きなトラックがいてスピードも出せません。のんびり景色を眺めながら登っていきましょう、
と思ったのもつかの間、トラックが道を譲ってくれちゃいました。となるともう頑張るしかないですかねえ・・・
ペースを上げ始めたバイクたちに混じってしまうとのんびり走るわけにも行かず、
ひーこさんは後方の彼方に消えてしまいました(^^;

a0035279_00475828.jpg

けっこう必死でループ橋を登りきりトンネルを抜けるとすぐ横に大滝ダムの駐車場があったので
そのまま避難。しばらくしてひーこさんも無事合流しましたが「バイクがいっぱい走っているとこは苦手だ」
とぼやいて降りました。僕も禿同。

a0035279_00480907.jpg

ここではご自由にお取りください形式でダムカードが置いてあり、3ダム目もクリア!
ちなみに2週間ほど前に熊が出たそうです。秘境だ~

a0035279_00481719.jpg


グーグルマップによると次のダムへ向かうには今来た道を戻るようなのですが、
それもつまらないので裏道の林道を経由することにします。
途中長いつり橋があったのでバイクを停めてちょっと探検。

a0035279_00482252.jpg

 すごく高くて下を見るとシリコダマがキュンとなってしまいます(^^;
でも中々楽しいアトラクションでした。

次のダムの手前では道路に落ちた栗を食べに来た小猿の群れに遭遇。

a0035279_00482934.jpg

そして本日4箇所目のダム、二瀬ダム駐車場に到着。
ここもご自由にお取りください形式で、ダムカードは管理棟の入り口を入った所に置いてありました。
ひーこ博士によるとカードに書いてあるGAという字のAはアーチ型のAだそうで、確かに壁面がカーブしてますねえ。

a0035279_00485983.jpg
ここからはまたさっきの秩父往還に入って本日最後の目的地、裏山ダムへ。
交通量の多いちょっと渋滞気味の往還からダムの手前でわき道に入ると
中々激しいワインディングを登りきり裏山ダムに到着!
a0035279_00490867.jpg
ここは管理棟のインターフォンを押すと職員の方がダムカードを持ってきてくれました。
やっぱりこのちょっとしたやり取りがあるとうれしいもんです。渡す方は大変でしょうけどね。
a0035279_00491123.jpg
これで目標の5ダム制覇!やった~

さあ、太陽も傾いてきたしそろそろ帰るとしましょうかね。
a0035279_00492347.jpg
秩父市内に入る頃にはもうすっかり夕方になっていました。
a0035279_00492824.jpg
ここから正丸峠経由で飯能に抜け圏央道で帰宅。家に付いたらもうすっかり夜でした。
というわけでさわやかな初秋のダムめぐりも無事終了。

走行距離は320kmほどで満タンだったガソリンはラスト1目盛り、これならリッター30kmくらいはいったかな。

そしてこれが今回の成果、ひーこさんも大満足だったそうです(^^)
a0035279_00493239.jpg




[PR]

by o-rat | 2017-09-13 22:42 | バイク | Comments(4)
2017年 09月 01日

夏のダムめぐり

最近ひーこさんの中でブームのダムカード集め。
それに付き合ってこの夏は東北ツーリングの後も近場のダムを周っていました。

まずはツーリングを終えた2日後の日曜日、秋が瀬の荒川貯水池へ。ここでダムカードと記念カード2枚ゲット。
職員の方が20周年記念の噴水を見て行って下さいね、と教えてくれたので噴水見物。
a0035279_22335666.jpg
次に相模川水系を狙ってお盆休みに出撃し、王道相模ダムで70周年記念カードとあわせて2枚ゲット。
さすが相模湖、彩湖とは歴史が違いますなあ。
a0035279_22155912.jpg

ダムサイトから相模川を見下ろすと、沢山のサギとウが飛び立ちました。
a0035279_22334664.jpg
そこから道志ダムへ廻り渓流沿いのツーリング。
a0035279_22160772.jpg
この道志ダムとこの後行った本沢ダムは現地で証拠写真を撮ってきて
それを津久井記念館で見せるとダムカードがもらえるシステムです。

ここらへんまではいい天気だったのですが、
昔良く釣りをした清流沿いでお弁当を食べていると雨がポツポツ降り出しました。
a0035279_22442912.jpg

こりゃいかんと大急ぎで本沢ダムへ。ここはアクセスできる道のほとんどがバイク進入禁止。
唯一谷戸沿いの林道だけがバイクでも駐車場のすぐ近くまでいけるというのをネットで見つけ、
その道経由で本沢ダムへ到着。
a0035279_22161099.jpg
東京の方がはるかに見渡せてとても見晴らしのいい場所でした。
がお天気がやばいです。雨が本降りになって来ました。再び大慌てでこの日の最終目的地津久井湖記念館に到着。
a0035279_22161654.jpg
これで一気に道志、本沢、城山ダムのカード、計3枚を頂く事ができました。
ここからはカッパ装着の帰路となりましたが気分は晴れ晴れ♪

そしてこの前の日曜日は千葉方面へ。土日でもダムカードがいただけるところということでまずは長柄ダムへ。
a0035279_22340355.jpg
続いて近所の高滝ダムにも行って房総方面をあっさり制覇。
a0035279_22340740.jpg
あとはツーリングに徹してそのまま養老渓谷を抜け海に出ます。

a0035279_22341089.jpg
しかし天気はすっかり曇り空。千葉の海とはどうも相性よくないみたい。
とりあえずおなかが減ったのでお昼ご飯を頂いて、
a0035279_22342188.jpg

小学生の頃毎年夏になると来ていて朝から晩まで浮かんでいた潮溜まりを見に行ったりしました。
僕のダイビング人生の原点みたいな所ですが今見ても心がウズウズしちゃいます。
a0035279_22341401.jpg

鴨川まで海沿いを走ってから再び山の中へ。すると天気も一気に回復。青い海が見たかったなあ。
ダムカードはもらえませんが途中にあった豊英湖というところによって見ます。
ここは高滝、長柄と違い周りが自然のままでとってもいい感じ。
a0035279_22342816.jpg

ヤマセミでもいないかとダムサイトの下の川を見てみるとオシドリ一家が泳いでいました。
a0035279_22343196.jpg


その後大渋滞のアクアラインで帰宅。日が暮れるのが早くなったなあ・・・

a0035279_22344448.jpg
というわけで夏のダムカード集めでした。

このダムカード、無料で配っていただけるうえ、どの事務所の方も
とっても親切に対応してくださり、いつもダムカードを頂くとほっこりしてしまいます。
キジバトさんの「善意」という言葉がびったりですね。





[PR]

by o-rat | 2017-09-01 22:10 | バイク | Comments(4)
2017年 08月 22日

夏の東北ツーリング最終日


東北ツーリング最終日の朝、この日も早起きしてフロントでもらった地図に載っていた野鳥の森というのに行って見ました。
しかしグーグルさんの言うとおりに走って着いた目標地点はかすかに何かがあった痕跡が残るだけのただの山林orz
a0035279_20230464.jpg
鳥の声もかすかにホオジロの囀りが聞こえてくるだけ。

これじゃどうにもならないので急遽ホテルに戻り、
昨日キビタキの声が聞こえていた五色沼の遊歩道を散策する事にしました。
歩き始めてすぐ、鳥か!?と思ってレンズを向けた先に居たのはリス。
a0035279_22014079.jpg
その後は鳥の気配も薄く、結局深泥沼まで行って何とかカケスゲット。
a0035279_22061076.jpg
あとは朝日の下の弁天沼が綺麗だったくらいで時間切れ。というか押し捲り。
a0035279_20230787.jpg
昨日に続き超早足でホテルへ戻り何とか朝食の時間に間に合いました。
朝もバイキング。和食洋食コンプリートを目指しておなかいっぱい。
a0035279_20231103.jpg
それでは一息入れたら東京に向けてラストランに出発!
まずは磐梯ゴールドラインで会津若松へ向かいます。
この日の裏磐梯は生憎の曇り空で磐梯山を見ることはできませんでしたが
標高が下がるにつれてだんだん晴れてきました。



本当は猪苗代湖も見たかったのですが、時間の都合でそのまま会津若松を通過して南会津方面へ。
街中を過ぎると山へ向かって続く田園地帯が広がりました。
日本の里山の風景っていうんでしょうか。
a0035279_20233572.jpg
そこに一両編成の会津鉄道がやってきてしばらく併走!もうたまりません106.png
a0035279_20233262.jpg
やがて道は前方に見える山の中に入ってゆき渓谷沿いの道を進みます。
すると「大川ダム」の表示が。これはダムカードもらえるかも!と寄って見ます。
a0035279_20235380.jpg
そして首尾よくダムカードゲット。
さらにダムサイトの向こうの事務所では大内ダムのカードももらえました。

こんな寄り道ばっかしているからいつも時間が押しちゃうんですよね。
でもひーこはダムカードゲットできてとっても幸せだそうで良かった良かった。

南会津までの道はいかにも昔の街道っぽくて旅情をかき立てられます。
本当は塔のへつりとかもあったんですが、気になるところに寄りまくっていたら
いつ東京に着けるかわからなくなってしまうので、ここは走りに専念。
やがて併走していた川の幅が広くなってくると会津田島ももうすぐそこ。
a0035279_20234541.jpg
そろそろおなかも減ってきたところに丁度いいタイミングで蕎麦屋さんが現れたのでここで昼ごはん。
店の裏には田んぼが広がりなんとも長閑。こんな所に田舎があったら幸せだったろうなあ・・・
a0035279_20235976.jpg
というわけで今日のお昼はここの名物という地鶏蕎麦。
僕は白いお蕎麦が好きなのでとっても美味しかったです。
a0035279_20240388.jpg
さあ、腹ごしらえも済んだ所でもうひとっ走り頑張りましょう。

会津田島から塩原方面へ向かうと心なしか天気が悪くなってきた気が・・・
a0035279_20241953.jpg
再び山の中に入り塩原もみじラインを走ってやっと塩原に到着、関東まで戻ってきた~!
a0035279_20242300.jpg
あとは塩原温泉を抜け那須エリアに突入。ここまでくればもうなじみの場所みたいなもの。
千本松牧場の横を抜け
a0035279_20242628.jpg
那須塩原インターから東北道へ。
a0035279_20242968.jpg
そしてのんびりと高速を走り続けると渡良瀬川にかかる橋が見えてきました。
この橋を越えればもう埼玉県です、ついにここまで来たか、とちょっと感無量。
a0035279_20243188.jpg
その後久喜あたりで雨に降られましたが東北道を走りきり、
首都高を通って午後4時半無事帰宅。これにて夏の東北ツーリング終了となりました。

4日間の総走行距離1200kmほど、鳥はあんまりいなかったけど「旅したなあ」って気分でした。
次は秋になったらどこか行こうかな。






[PR]

by o-rat | 2017-08-22 23:06 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(8)
2017年 08月 12日

東北ツーリング二日目 東北横断

昼ごはんを食べながら今日の宿までの道のりをチェックすると高速を使って2時間ちょい、
下道だと3時間半ほどかかるらしい事が判明。
ただいま午後2時、ちょっと疲れていたのでどうしようかと悩みましたが
折角ここまで来ているので下道をのんびり行こうか、という事になりました。

それでは出発。海沿いから一山超えると再び広大な水田風景が広がりました。
目指すは正面に見える山の向こうでしょうか。
a0035279_20590443.jpg

風はだんだん強くなってきました。前方に風力発電の風車が見えるので普段から風の強い地域なのでしょう。
a0035279_20591234.jpg

風車の近くを通る時はかなりの風に煽られましたが、そこを過ぎ最上川沿いの道に入ると少々収まってきました。
a0035279_21110210.jpg

本来もっと南よりから内陸部に入るはずだったのですが、昼ごはんのおかげでルートが大幅に北にずれたみたい。
でもそのおかげで最上川沿いに走ることができたわけです。せっかくなのでちょっと川岸に寄ってみました。
さすが集めて早し最上川、川幅いっぱいの量感のある水が滔々と流れています。
a0035279_20593179.jpg

さあ、あまりゆっくりもしていられません。先を急がなきゃ。
この最上川、まだ下流部だと思うのに回りにはほとんど民家がありません。
さらに岸ぎりぎりまで木が生えていて河原的なものが見当たらないのですが、増水しているのかな。
a0035279_20594692.jpg

やがて川沿いを離れ細い田舎道に入りました。
こうなるともうグーグルさんがいないと完全迷子。
a0035279_20595152.jpg

しかし走っても走っても距離が伸びない感じがします。まあ目的地には向かってるんでしょうが・・・
そのうち高速道路の看板が見えてきました。あれが山形自動車道かな?
さらにそこには尾花沢まで無料区間なんて表示が。無料だったら乗っちゃおうか、という事で急遽予定変更。
高速で一気に距離を稼ぎます!
a0035279_20595481.jpg

と思ったら高速はすぐに終わってしまいました。あれ?まだ山形市にも入ってないのになあ?
もしかしてこれって山形道じゃなかったのかな?
よくわからないのですがそこから先はバイパスだったのでひたすら前進。
そして山形まであと30kmの表示が見えてきました。
目的地の宮城蔵王と山形の位置関係がいまいちよくわからないのですが、
ここからは山形へは向かわずグーグルさんの思し召すままにバイパスを反れます。
a0035279_20595949.jpg
そして道は山の中へ。ここを越えればもうすぐ宮城かな。
しかし前方の山の上には暗雲が。
a0035279_21000443.jpg

峠道を走り標高が上がってくると太陽が姿を隠しだんだん肌寒くなってきました。
さっきまでいい天気で暑いくらいだったのに、ひーこなんか指先がかじかんできたなんて言っています。
そこまでじゃないけど、でもメッシュジャケットの下に半そでTシャツとウィンブレだけじゃ確かに寒いなあ
a0035279_21000906.jpg
やがてバイクは宮城県に入りました。青葉区なんて看板も見えてきて仙台もあとちょっとって感じ。

山を抜けると再び太陽が顔を出しました。でも冷え切った身体は中々温まりません。
ここから宮城蔵王までの位置関係も良くわかりませんが
グーグルさんによると到着まであと1時間をきるみたい。それを信じてひたすら走ります。
a0035279_21001366.jpg

太陽も大分傾いてきました。日暮れまであとちょっと、がんばろう。
a0035279_21002311.jpg

でも斜めの光に照らされた田舎道をヒグラシの声に包まれながら走るのは中々魅力的でした。
a0035279_21002897.jpg

そして6時過ぎ、今日の宿に到着!
a0035279_21003149.jpg


部屋はそれぞれが独立した建物で裏にはウッドデッキがあります。

a0035279_21003557.jpg


そしてその下には川が流れていていました。素敵なシチュエーションです。

a0035279_21003799.jpg


ここでまずは一杯、と思ったのですが冷え切っていたのでまずはここの名物岩盤浴というのに行って見ました。
浴衣を着たまま岩でできた熱い岩に寝そべるサウナみたいなものですが、熱すぎないので長いこと入っていられます。
30分ほどあったまり汗だくになってから、今回もタイミングよく貸切の大浴場で疲れを癒してから部屋に戻ると
ウッドデッキでお疲れの一杯。う~ん、最高!

a0035279_21004192.jpg


晩御飯は折角の仙台ということで牛タン焼きをつけてもらいました。

素朴な感じのお料理でしたがボリュームたっぷりでとっても美味しかったです。
a0035279_21004531.jpg

食後は部屋のウッドデッキで蛍探し。宿の方の話だともう時期は終わったとのことですが、
部屋の電気を消して眺めていると、さすがに乱舞とはいきませんが何箇所かにふんわりとした光を見ることができました。
a0035279_21005059.jpg

明日は早起きして久しぶりにフライフィッシングをやってみるつもり。
a0035279_21005497.jpg




[PR]

by o-rat | 2017-08-12 22:42 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(2)
2017年 08月 10日

東北ツーリング二日目 海だ~!

東北ツーリング二日目。この日は朝からいいお天気でした。
a0035279_22485375.jpg

折角山奥に来ているので早起きして森を散策してみます。
ブナの木々がすばらしい森ですが鳥の声はカラ類のささやきのみ。
a0035279_22484888.jpg


結局撮れたのは新鮮なイチモンジチョウくらい。ロクヨン持って来なくてよかった(^^;

a0035279_22484374.jpg


朝ごはんは渓流に面したテラスで。
a0035279_22485544.jpg

眼下の渓流が太陽の光の下でエメラルドグリーンに光っていました。

a0035279_22483710.jpg


さあ、それじゃ今日も頑張りましょう。目指すは宮城蔵王。距離にして300kmほどです。

a0035279_23000124.jpg


宿をあとにして走り出すときれいな渓谷の景色にしばし立ち止まりながら山を下ります。

a0035279_23000892.jpg


山から抜け出すと川幅も大分広くなりました。

a0035279_22493184.jpg


桜の並木道を気持ちよく走りぬけます。

a0035279_22493442.jpg


そして村上市内を抜けさらに進むと・・・海だ~

a0035279_22530583.jpg


これが夕日ロードってやつでしょうか。
ここから海沿いのメチャクチャ快適な道が続きます。

a0035279_22524436.jpg


日本海って言うから荒波の鉛色の海に暗雲垂れ込めた
「悲しみ本線日本海」を想像していましたが、
海も空も真っ青でこれじゃサザンか山達の世界です。気持ちいい~


ここらへんまでの道のり、いつものごとくブレブレですが・・・



漁港なんかにも寄って見ました。魚釣れそう・・・

a0035279_22494252.jpg


その後道の駅があったので本格的にひとやすみ。走ってるばっかじゃさすがに飽きちゃいますからね。
海岸に降りれるようになっていたので行って見ます。

a0035279_22495370.jpg


大きな潮溜まりがあったので覗いてみるといかにも日本の海って感じ。
小学生の夏休みに水中眼鏡をつけて一日中泳ぎ回っていたのと同じような光景に海人心が騒ぎました。

a0035279_22495899.jpg


さあ、そろそろお昼ごはんを食べてもいい時間です。
道の駅を後にしてひーこの希望で海鮮丼が食べられそうなところを探し
走ってゆきますが、食堂っぽいのが意外にありません。

まあ海のそばなんだからそのうちそんな店もあるだろうと景色を眺めつつ快適に走っていきます。
a0035279_22524799.jpg

しかし店がありません。夕日ロードを抜け、月山方面へ向かうべきところもスルーし
ひたすら海沿いを走ってゆきますが所々現れる温泉街にも食堂っぽいのが皆無。
みんなどこで昼ごはん食べてるんだろう?

最後の希望をかけてここらへんでは一番大きいと思われる湯の浜温泉まで来てしまいました。
大きな旅館が林立する熱海みたいなところですがここにも食堂がありません。
a0035279_22525662.jpg

こりゃもう昼飯は諦めるしかないかね。と海沿いを離れ内陸部に向かい走り始めてすぐ
派手な中華料理屋発見。有無を言わずここに入る事にしました。
店内は大混雑。ここらへんの人たち、みんな昼飯食べるところがなくて困ってるに違いありません。
そしてやっとありついたのが冷やし中華。
ホタテが入ってたからまあ海鮮ってことで(^^;
a0035279_23423219.jpg


[PR]

by o-rat | 2017-08-10 23:44 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(4)
2017年 08月 08日

初日後半

瓢湖をあとにしてすっかり夏空の広がった田園風景の中、今日の宿を目指します。

a0035279_21222259.jpg


やがて道は山の中に入ってきました。

a0035279_21222980.jpg


ここらへんからは民家も全くなくなり、どんどん人里はなれた山奥に進んでゆきます。

a0035279_21223321.jpg


眼下に渓流を望みながら少々荒れた山道を走っていくとダムが現れました。

a0035279_21223816.jpg


ここでバイクをとめて一休み。管理事務所ではダムカードがもらえるようです。
指示されたとおりにインターホンを押してみると職員さんがカードを持って降りてきてくれました。
とうわけでひーこの中でブームになりつつあるダムカードゲット!おまけに記念品まで頂いちゃってなんかうれしっす(^^)

a0035279_21224159.jpg


ダム湖をあとにしてしばらく走ると山の中に忽然とおとぎ話の世界のような建物が現れました。
ダム手前からそこまでの動画がこちら。ブレが激しいので酔っちゃうかも(^^;



こちらが本日泊まるホテル。ほんとに山の中の一軒家ですが中々良さそうな所です。

a0035279_21230965.jpg


チェックインをして部屋に案内されるとおおっ、山の中とは思えない広々とした素敵な部屋じゃないですか!

a0035279_21230663.jpg


窓からは渓流と森が見渡せます。ここでまずは到着記念の乾杯!う~ん、うんめ~

a0035279_21231238.jpg

立派な寝床も確保できて一安心。しばらくホッとして
一息ついたところでちょっと散歩に出てみます。

a0035279_21231629.jpg

ホテルの隣には時期が良ければアカ様も見られるというブナ林の中の遊歩道があるそうなのでまずはそこから。
う~ん、いい感じ。あわよくばアカ様の一声くらい、とちょっとだけ期待しましたがこんな時期じゃ鳥なんてなんもいませんね。

a0035279_21231996.jpg


それじゃ次はヤマセミでもいないかという期待を胸にホテルの下を流れる川を目指しましょう。

森を出て川への降り口を探して歩いて行くと鳥居がありました。
山の神を奉っているそうです。なんかもののけ姫みたい。
a0035279_21233215.jpg


その先に降り口を発見。河原まで言ってみたら水面に靄が漂いなんとも幻想的な雰囲気でした。

a0035279_21234019.jpg


河原の草にはコガネムシ(ヒメスジコガネ?)とか

a0035279_21233543.jpg


バッタがいっぱい。

a0035279_21233777.jpg


でも鳥はキセキレイが飛んで行っただけ。まあ期待はしていなかったけどね。
さあそろそろ日も暮れます。空気も冷たくなってきたので宿に戻りましょう。

a0035279_21235050.jpg

晩御飯は7時からなので、その前に一風呂浴びて今日の疲れを洗い流す事にします。
a0035279_21234702.jpg

ラッキーな事に大浴場は貸しきり。なのでちょっと中を撮らせてもらいました。窓の外には森が広がり最高です。
a0035279_21235607.jpg

広々とした湯船でゆっくりあったまり部屋に戻ると晩御飯の時間です。
レストランへ行ってまずは風呂上りの一杯。うんめ~~
a0035279_21240259.jpg

ここでのご飯は洋食のコース。まずはオードブルの盛り合わせが運ばれてきました。
う~ん、どれも美味し~
a0035279_21240073.jpg


つづいてビシソワーズとかいうやつ。スープですな。薄味だけどコクがあってうまいっす。

a0035279_21240494.jpg


そして魚料理は真鯛のグリル ボンゴレロッソソース。アサリのトマトソースでいただきました。

a0035279_21240747.jpg


そしてメインはビーフシチュー。トロトロでこれまたうんまい!

a0035279_21241166.jpg


食後には米粉のプリンとコーヒーを頂いてもうお腹ポンポンでぐるじい~。

a0035279_21241432.jpg


食後は優雅に星など見ようかと思いましたがそんな余裕もなくもうヘロヘロ
部屋に戻ってゴロッと横になったとたん爆睡でした。


[PR]

by o-rat | 2017-08-08 23:06 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(4)
2017年 08月 08日

初日 新潟へ

8月1日朝6時半、3泊4日の東北ツーリングへ出発です。
天気予報では関東地方は9時ごろから雨になる模様。
それまでに関越トンネルを抜けられれば日本海側はお天気良さそうです。

と言う訳で一目散に関越道を北上

a0035279_23163732.jpg


しかし嵐山あたりでパラパラと雨が!しまった、追いつかれたか。
と念のためカッパを着込みますがすぐに止んでしまい、
赤城高原SAで休憩がてらカッパを脱ぎました。
サービスエリアの裏の原っぱで花に乗っかるオオカマキリ発見。

a0035279_23170053.jpg


この様子なら天気も持ってくれるかな、と走り出しましたが再び関越トンネル前で雨がポツポツと。

a0035279_23164245.jpg


しかしトンネルを抜けると空はカラッと晴れ渡り・・・のはずが本降りになっておりました(TT)
しょうがないので土樽のPAで再びカッパを着込みます。

a0035279_23164653.jpg


ここからしばらくは雨の中の走行。日本海側全然天気よくないじゃん。

それでも小出を過ぎたあたりで雨もやみ、空がだんだん明るくなってきました。
こうなるとカッパも暑いだけ。と言う訳でしばらく走ったあと越後川口SAに寄ってカッパを脱ぎます。

時刻はお昼前。朝も早かったのでおなか減ったなあとおもいつつ食堂を覗くと
新潟名物栃尾揚げ定食なるもの発見。おお、これはGさんが言ってた厚揚げに納豆が挟んであるやつじゃね?
今回新潟一泊だけど晩はフランス料理らしいのでここで食べておかねば食べる機会ないかも!
それじゃちょっと早いけど昼ごはんにしましょうか。頼んだのはもちろん栃尾揚げ定食。

a0035279_23165577.jpg


栃尾揚げには納豆が入っておらずちょっと肩透かしでしたが、
この厚揚げくらいの厚みがあるお揚げ自体を栃尾揚げというみたい。
鯛めしとお蕎麦が付いてさっぱりしてたけどお腹いっぱい。

食後は展望台から信濃川を見学。

a0035279_23165115.jpg


さてここからどうするかな。第一目的地はひーこの田舎のある瓢湖、
グーグルさんは新潟市内まで高速を推奨してますが、
折角雨も上がった事だし、三条燕で降りて下道でいくってのも趣があっていいねえ。

ではそっちのルートで行きましょう。
再び高速をひた走ります。一面さすが米どころ、どこまで行っても廻りは水田地帯。

a0035279_23501934.jpg


そんな中、結構大きな街が現れました。三条燕です。
新幹線の駅は燕三条なのになんで逆さまなんだろ?

a0035279_23170817.jpg


ここで高速を降り一般道へ。ひとまず無事に高速をクリアできてほっと一息。
街を抜け川沿いの気持ちいい道を走っていくと前方に黒雲が現れました。
そして雲の下のもやっているところ、あれはきっと雨なんだろうな・・・

a0035279_23171465.jpg


あっちには行きたくないなあ、と思うもののグーグルさんは無情にもそちらへ行けと言って来ます。
そして案の定大粒の雨がボツボツと。あわててカッパを着なおして走り出すとバケツをひっくり返したような大雨になりました。

a0035279_23572057.jpg


そんな中走ること10分ほど、雨は急に止み前方には待望の晴れ間が見えてきました!

a0035279_23173022.jpg


ここで一度ガソリン補給。東京からここまでは330kmほど。燃費はリッター32km、中々優秀です。
a0035279_23572407.jpg


目的地の瓢湖ももうすぐですが、その前にひーこの田舎の家を見ていこうかと言う事になり
ひーこに先導してもらい出発。
しかしどうも記憶があいまいなようでそこらへんの集落を次から次へと走り回ります。
挙句の果てに「どこだかわかる?」と聞かれても僕は15年ほど前に一度来たことあるだけだし、
ひーこは子供の頃毎年来てたんじゃないの?自分の田舎忘れちゃったんかい!

散々探し回ったのですがとうとう見つけられず断念!

a0035279_23173747.jpg


まあしょうがないので集落を後にして、間もなく瓢湖に到着。
この頃には天気もすっかりよくなり夏の日差しがガンガン照りつけてきます。

a0035279_23173412.jpg


湖面には蓮の花がいっぱい。

a0035279_23182830.jpg


これにカワセミでも留らないかと期待したのですが
絡んでくれたのはヨシゴイくらい。

a0035279_00142661.jpg


ヨシゴイはここの夏の名物。一応会えて良かったです。

a0035279_23183451.jpg

それじゃ今日の宿泊地を目指しもうひとっ走りしましょうか。


[PR]

by o-rat | 2017-08-08 13:07 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(2)
2017年 08月 06日

3泊4日東北ツーリング無事終了

a0035279_12375810.jpg


金曜日、無事東北ツーリングから帰ってきました。
途中夕立になったり濃霧の中を走ったり寒くて凍えそうになったりもしましたが
晴れたらとっても気持ちのいい旅でした。

詳しくはまたおいおい。


[PR]

by o-rat | 2017-08-06 12:41 | 2017夏 東北ツーリング | Comments(2)
2017年 07月 31日

旅支度

天気がいまいち不安ではありますが、明日から3泊4日で東北方面へツーリングに行ってきます。
それに伴いスマホホルダーを変更、そしてアクションカメラ取り付けをしました。
ミラーに付けてみたけど動画だとブレブレかな。まあメインスチルのつもりなんでいいで良しとしましょう。

a0035279_20133694.jpg


またキャリア下、テールランプとのデッドスペースにカッパホルダーを設置。
1000円くらいのポーチだったのですがいい感じでカッパを固定できました。

ちなみに左が三脚、右はフライロッドケースです。折角東北へ行くので隙があったらフライもやるつもり♪
a0035279_20133116.jpg

ただここでテールランプの発熱が気になりました。カッパが溶けても困るので
ランプをLED化して解決です。

こうしてリアボックス内に多少余裕ができたものの積載量の限られたバイク、
釣道具を持って行こうと思ったら何かを犠牲にしなくてはなりません。
と言う訳で今回の撮影機材はこれだけ。長玉はサンヨンPFのみ
a0035279_20133923.jpg

ロクヨンはお休みとなりました。少々さびしいですが
まあ時期も時期だから鳥もそんなにいないとは思うので・・・

と言う訳で明日から旅に行ってきますよ~


[PR]

by o-rat | 2017-07-31 23:02 | 鳥撮りツーリング | Comments(6)
2017年 07月 24日

ついにホイホイ撮り収め?

土曜日は猛暑の中、今期最後かもしれないホイホイ探しにお山までツーリング、というかバイクで移動。

a0035279_23094153.jpg
現地について機材のセッティングをし始めると・・・やっちまった~
ロクヨンのクイックリリースプレート、先週外したままだった・・・

でもホイホイの声は聞こえてくるのでとりあえず三脚を肘乗せ台にして手持ちでサンコウチョウに挑みます。
a0035279_23101517.jpg
んが~~!ぶれるし撮りにくい~~!せっかくいいところに来てくれているのに・・・
さあどうしよう。何かレンズを三脚に固定できるものはないかな?
とリアボックスをガサゴソと探していると、三脚移動時の雲台保護用に使っていた予備のプレート発見!
よ~し、これがあれば!と思ったものの取り付けねじがありません(TT)

でも待てよ、最寄のヨドバシカメラはそんなに遠くないよな?と思い出しグーグルさんに聞いてみたら片道30分ほど。

で、一時撤収して買って来ました(^^;
a0035279_23094416.jpg

よぉ~し、これで思いっきりホイホイ狙えるぜ!と気合を入れてセッティングしなおします。
う~ん、レンズと三脚がくっついてるってのはなんて使いやすいんだろう!

しかし肝心のホイホイ何処行っちゃったんだ?気配が全くありません。まあこんなもんですわな。

しょうがないので林道をぶらぶら歩いていくとヤブサメ発見。でも暗くてブレまくり。
気を取り直して沢の中にいた小魚を上から撮影。アブラハヤかな?
a0035279_23095635.jpg
水の中も撮りたくなりTG-4で半水面に挑んでみたりします。水が冷たくて気持ちいい~
a0035279_23094902.jpg
ギーギー言いながら杉の木に飛んできたのはヒグラシ?
a0035279_23101289.jpg
セミの抜け殻も発見。
a0035279_23104924.jpg
そうこうしながらバイクの所まで戻ってくると
沢の対岸に小鳥が降りてきました。ん!キビメス!
a0035279_23100161.jpg
しかし後が続かず。やっぱりもう夏鳥シーズンも終わりなのかな。
日も傾き始め、あたり一面から一斉にヒグラシの声が聞こえてきました。
遠くからは遠雷の音も聞こえてきます。そろそろ引き上げ時かなあ・・・
a0035279_23104696.jpg
と諦めかけた頃、やっと「グェ グェ」とホイホイの声。
このチャンスを逃すまじ!と必死でその姿を追い続け、やっと何とか撮ることができました。
でも光も背景もぐちゃぐちゃ。手持ちのときのほうが条件よかったなあ・・・
a0035279_00522929.jpg
大満足とは行かないけれどまあ撮れただけでもね。
折角ねじ買ってきたのにスカじゃ寂しすぎますからねえ。

とちょっとほっとしてふと足元を見ると綺麗なカミキリムシが飛び回っていました。
a0035279_23110115.jpg
ペパーミントグリーンがとっても鮮やか。
詳しい兄ちゃんに聞いたらラミーカミキリというそうです。
a0035279_23105679.jpg
こんな綺麗なのがいるんならこりゃ夏の間はしばらくここらへんで虫狙いですかね。
その時はきっとロクヨンも持って来るに違いありませんが。

というわけでこれで今期の夏鳥シーズンは終了!
たぶん(^^;



[PR]

by o-rat | 2017-07-24 09:10 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)