元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2018年 06月 15日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング 峠を越えて夕方鳥撮り

川俣ダムを過ぎるといよいよ山奥へやってきた感があります。
この先川俣温泉というのがあるらしいですが、さぞやひなびた秘境の宿なんだろうな
なんて思いつつ走っていくと、目的の林道峠に行くには温泉の手前で曲がり、川を渡る事が判明。
そしてその橋を渡りつつ先の方をふと見ると、そこにあったのは高層階の温泉旅館が立ち並ぶ
まるで熱海のような巨大温泉街でした。あれが秘湯川俣温泉・・・なんかめっちゃ期待を裏切られた感じ・・・

一方僕らが向かった峠への道はすれ違う車もほとんどいない、ほんとに秘境っぽい道でした。
ほんとに向こう側に出れるんだろうかとどきどきしながら九十九折れの道を登って行き、
途中ちょっと見晴らしの利くところでバイクをとめてみると、
さっきまで通ってきた鬼怒川の流れが。
a0035279_20331741.jpg
動画も撮ってみました。



30分ほど木々の茂る林道を走ると最高地点っぽい広場があり、
そこから先は雰囲気がガラッと変わり所々開けた場所が現れるようになりました。
a0035279_20332956.jpg
前にそびえるのは男体山かな?なかなかの絶景です。
a0035279_20333248.jpg
やがて道は下りベースになってきて、林道制覇もあとちょっと。
標高が下がるにつれ周囲は笹薮と白樺の明るい林になりました。
a0035279_22174574.jpg
そして久しぶりの人の気配と共に峠越えも終了。
目的地の牧場に無事到着!
a0035279_22233019.jpg
ここでアイスクリームを食べてホッと一息
a0035279_22232835.jpg
ここで先に宿にチェックインするひーことは別れ、僕は鳥撮り開始!
目星をつけていた林道に行ってみます。かなり奥まで行くと道路を挟んで鳴き交わすキビの声。
声を頼りに結構粘ってみましたが、木の上のほうを飛び回っていて撮れるような所まで降りてきてくれません。
時刻はもう4時半を周っているし、あまり時間も無いので移動する事にしました。
a0035279_22233458.jpg
エンジンを切ってヘルメットも脱ぎ耳を澄ませます。カメラとロクヨンはたすき掛け。
いつでも撮影できる体制で惰性で林道を下っていくと再びキビの声。今度はかなり近いし位置も低いです。バイクを停め撮影準備。

三脚を担いで声のほうへ近づいていくと・・・良いところにとまっています!
a0035279_20334600.jpg
う~ん、綺麗なキビ。今回の鳥ツーでやっとまともに鳥が撮れた感じです。
a0035279_20334222.jpg
グリーンバックの目の前の枝でも囀ってくれて大満足♪
a0035279_20333991.jpg
この時点で時刻はもう5時半を過ぎていました。
ひーこから部屋番号と晩御飯の時間をラインで教えてもらう手はずだったのですが
どうも連絡来ないなあと思ったら、ここは電波が届かない事が発覚。
ご飯が6時からだったら拙いので、キビも撮れた事だし今日の所はこれくらいにして宿に向かうことにしました。
a0035279_20374666.jpg
宿に着くとフロントで部屋番号を教えてもらい、ひーこと合流。
晩御飯は7時からにしてもらえたそうで一安心。
まだ1時間ほど余裕があったので、近くの湖に行ってみました。
a0035279_22234144.jpg
湖面は鏡のように静まりかえり、夕暮れの青空を映していました。
a0035279_20334980.jpg
今日一日、とってもいい天気でしたが明日は台風の影響で前線が活発化するらしいです。
早朝はなんとか持ちそうですが、果たしてどうなるか・・・

再び宿に戻りかけ流しの温泉でゆっくり暖まったあとは晩御飯。
この時点でひーこさんはすっかり泥酔しており会話もままならない状態(^^;
ちなみにスマホで料理を撮ってもらったらこんなのしか写ってませんでした。
a0035279_22233969.jpg
お腹いっぱいになって部屋に戻るとふかふかのお布団が・・・
もちろん倒れこんだ瞬間気絶するように眠りに落ちてしまいました。





[PR]

by o-rat | 2018-06-15 22:59 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)


<< 2泊3日鳥撮り&ダムハントツー...      2泊3日鳥撮り&ダムハントツー... >>