元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2018年 10月 14日

秋のビタキ 健在でした

今週は土曜日のみお休み、お天気もパッとしなかったしあんまりやる気が出なかったのですが、
午後からちょっとだけ近所の公園に。

先週キビタキもエゾビタキもコサメビタキも撮れて満足していたので特にこれといった目的もなかったのですが
歩き始めてすぐトケン類が枝から枝へ移動しているのを発見。幼鳥のようです。

a0035279_22551690.jpg


見ていると後頭部に白斑が!これはIさんが教えてくれたカッコウ幼鳥の特徴ですね。

a0035279_22551681.jpg


と言う訳でカッコウゲット。やった~!
a0035279_23195718.jpg

ニューフェイスとの出会いにホクホクしつつ歩いて行くと
当のIさんがいらっしゃったのでご一緒させてもらうことにします。

今日もキビタキ出ているそうなので待っているとメスが登場。
a0035279_22551703.jpg


その後エゾがいるかもという事でちょっと探してみると・・・いましたエゾビタキ。
a0035279_23195724.jpg


しかもよく見ると2羽
a0035279_22551610.jpg


そのうち一羽が池に降りてきてくれておおっ、水鏡で綺麗じゃ~
a0035279_22551613.jpg


再びホクホク、幸せです~

その後本命キビタキオスが登場!
a0035279_22551656.jpg


先週たっぷり撮ってもうお腹いっぱいと思っていましたが
やっぱり目の前に来てくれると大興奮しちゃいます。
a0035279_23195771.jpg


今週も綺麗な姿をたっぷり楽しむことが出来ました。
a0035279_22551510.jpg


秋の気配がどんどん濃くなってきてキビタキたちもそろそろ南に帰る頃かもしれませんね。


というわけで秋の渡りも終盤に入り、マミチャらしきツグミ系の声も聞こえてくるようになった森の中、
今期はキビタキには毎週遊んでもらえましたがオオルリ若を撮っていないのが心残りです。
まだチャンスはあるかなあ?


[PR]

by o-rat | 2018-10-14 23:47 | 野鳥 | Comments(2)
Commented by Sippo5655 at 2018-10-17 22:19
トケン・・って
何ですか!?
カッコウって、そういえば鳴き声すら
意識したことがなかった
カッコウって鳴くの?
もう疑問質問いっぱい!!
枝に止まりくつろぐ感じ
いいなあ(*´∇`*)
Commented by o-rat at 2018-10-18 19:49
Sippoさん、トケンってホトトギスの仲間を総称してこう呼ぶんですが、ホトトギスを漢字で書くと杜鵑って言うところからトケン類になったみたいです。
中でもホトトギス、カッコウ、ツツドリの3種類は姿がもうそっくりで、鳴いてくれないとなかなか区別つかないんですよね。
ちなみにホトトギスはテッペンカケタカ、カッコウはカッコー、ツツドリはポポ ポポ とツツを手のひらで叩いたみたいな声で鳴きます。カッコウの仲間は英名もCuckooです。やっぱ鳴き声から来てるんでしょうね。
初夏の高原にいくと「カッコー カッコー」って声が聞こえてくると思いますよ。
そんな爽やかな声に反してトケン類は幼虫と小鳥の敵、毛虫イーターでスズメガの幼虫なんかも良く餌食になってるし、小鳥の巣にこっそり卵を産んで育ててもらっちゃうんです。その際一番最初に卵から孵って他の卵を巣から落っことし餌を独り占めしちゃうという極悪ぶり。個性的ですねえ。


<< ノゴマは厳し~      3連休は毎日ヒタキ 地元もなかなか! >>