人気ブログランキング |

元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2019年 06月 23日

憧れのズアオヤイロ!

昨夜、寝ているとテラスから「ガリガリガリ」と何かを引き剥がすようなすごい音がして着てちょっとビビッてしまったのですが、
朝起きてみてみるとそこには何かの糞が落ちていました。よく見ると獣の足跡と葉っぱ虫の残骸も。
モーさんに聞いたら多分シベットだろうとのこと。正体が分かってちょっと安心しました。

さてタビン2日目。いよいよ目的のズアオヤイロ探しです。
集合時間の朝6時半、集合場所のレセプションに降りていくと
まだちょっと準備が整っていなかったので、リゾートの前のウッドデッキからもしかしているかもしれないと言う
アオムネカワセミを探してみましたが気配なし。まあ鳥運は本命のために取って置かないとね。
a0035279_13402127.jpg
やがて準備も出来たところでサファリカーに乗り込み出発。
a0035279_13402109.jpg
セーフティーゲートから、今日は右側に向かいます。
昨日歩いて通った橋の所に来るとアオメモリチメドリ登場。
地味なチメドリ系ですが、その名の通り目の周りの青が綺麗です。

a0035279_13405054.jpg

そこから先、二股に分かれた道をマッドボルケーノ方面へ向かいます。
すると今度はウォーレスクマタカが止まっているのを発見。
a0035279_13405039.jpg
その先kingfisher hideと言うのがあったのですが、その先に見える池にはちゃんとコウハシショウビンが居ました。
a0035279_13405035.jpg
さらにその先ではアズキヒロハシも!自分的にはナカナカの大物が連発でPittaへの期待も高まります。
a0035279_13405081.jpg
そして車はマッドボルケーノトレイルの入り口に到着。ここからは歩いて森の中に入ります。
地面はドロドロで長靴必須ですが、やっとジャングルっぽい所に来たなあって感じです。
a0035279_13402229.jpg
ただ肝心のヤイロチョウは反応がありません。
モーさんも一生懸命コールバックしたり探したりしてくれますが
どうも今日は調子が悪いみたい。

結局ヤイロチョウの姿は見れないままマッドボルケーノに着いてしまいました。
意気消沈気味のモーさん、また午後探しに来ようって言ってます。それにまだ明日もあるしね。
ズアオヤイロチョウ、そう簡単に会えるなんて思ってないから大丈夫!

それじゃウォッチングタワーに登ってオナガサイチョウを探してみることにします。
a0035279_13402126.jpg
ロクヨンを担いで登るのはしんどいのでオリセットだけ持って一番上まで行ったのですが
それでも息は絶え絶え。僕らの後をモーさんもハアハア言いながら登ってきました。僕らもうちょっと痩せた方が良いね(^^;

さて新たなターゲットのオナガヤイロチョウ、遠くから鳴き声は聞こえるものの近づいてくる様子はありません。
それでも高い所から樹冠を見下ろすと色々な鳥が見つかります。
一番多かったのがアカメチャイロヒヨ
a0035279_13413193.jpg
キゴシタイヨウチョウは小さいので距離があると中々難しいですが、何とか証拠写真。
a0035279_13405164.jpg
もう一種小さいの、キゴシハナドリモドキも出てくれましたが
やっぱりチョイ遠すぎ。ロクヨン持ってくるべきだったかなあ。
a0035279_13413174.jpg
ひーこさんは途中で飽きてきて、マッドボルケーノの偵察に行っちゃいました。
a0035279_13402157.jpg
ここは地面から泥が湧き出している場所で温泉みたいなものらしいです。
このエリアに動物がミネラル分を舐めに来るそうで、ここで一泊しながら夜間観察をするこのも出来ます。
タワーの下にはトイレも設置されていましたが残念ながらこの日は鍵がかかっていました。
今日はお腹大丈夫で良かったです(^^;

僕はタワーの上で鳥撮り続行。
a0035279_13405060.jpg
クリムネバンケンモドキが開けた所に出てきてくれたので大喜びで撮影していると
モーさんが「ヤイロチョウの声がする!」と言い出しました。
でもきっと森の奥で鳴いててみることは出来ないんだろうな、と諦め気分でいると
モーさんは「すぐ下に降りよう!」と少々焦り気味。

えっ?そんな?

こちらも焦って大慌てで下に降ります。

僕には良く分からなかったのですが、モーさんは確実にズアオヤイロチョウの声を認識しているようです。
「まだ鳴いてるよ!」と言いつつ森の中に入っていきます。

マッドボルケーノから20mくらい森の中に入ったところでモーさんはコールバック。すると森の中から同じ声が返ってきました。
こっちを向いてニカっと笑うモーさん。近くに居るんだ!僕も期待でいっぱいのまなざしを返します。

モーさんの「多分あそこらへんに出てくると思う」と言う指示に従いここぞと思われるあたりの三脚をセット。
そして再びコールバック。声はすぐに返ってきます!完全に反応してる!

緊張感いっぱいでカメラを構えじっと待つこと数分、その瞬間は突然訪れました!

森の中から目の覚めるような青が15mほど先の横枝に飛んできたのです!

うぉ~~~ズアオヤイロだあああ~~~
と言う心の声を必至に押さえ、
そっとレンズを動かしファインダーにいれると手の震えを押さえ・・・レリーズ!
a0035279_13405131.jpg
やった~~~!ついに撮れました!
憧れのズアオヤイロチョウ!

ここからは至福の時間の始まです。

しばらく様子を伺っていたズアオヤイロチョウ、
コールバックに反応してちょっと近くに飛んできて
そこで鳴き始めたのです!
a0035279_23210129.jpg
おお~すばらしい頭の青!背中の赤も綺麗だ~!
足が見えないのと一本枝がちと残念だけどこれだけ撮れたら十分

と思っていたら、さらに近くのいい丸太の上に飛び移ったじゃないですか!
a0035279_23210132.jpg
ちょっと前に葉っぱ被りがあるけど肉眼でも毛並みが見えます!

そして最終的にはここに止まって欲しい!と思ってた枝に飛び乗ってくれました!ここではかなり長いこと鳴き続け、時折撮影の手を休めじっくり眺める余裕も。
a0035279_23522806.jpg
ファインダー越しじゃなく肉眼でみても森の中に浮き上がるように輝く姿・・・なんて綺麗なんでしょう。
a0035279_00050140.jpg
満足行くまでじっくり向き合わせてもらった後、ズアオヤイロチョウは森の中に消えて行きました。
その間10分ほどだったのでしょうか。このボルネオ遠征の8日間がぎゅっと凝縮された時間でした。
ほんと幸せ・・・

ヤイロチョウが居なくなったあとはモーさんとハイタッチ!モーさん本当にありがとう~と言うと、モーさんもニコニコでした。
これで今回の一番の目標は達成。

満足感と幸福感いっぱいの帰り道には綺麗な夏空が広がっていました。
a0035279_13402150.jpg




by o-rat | 2019-06-23 23:47 | 2019ボルネオ | Comments(4)
Commented by にゃっち at 2019-06-24 09:34 x
すっごーい!ズアオヤイロがこんな至近距離に!
ずっと見たいって言ってたもんねえ。こんなん撮れちゃったらそりゃ国内の鳥撮りスカってもしょうがないよ(笑)
マッドボルケーノのとこにトイレなんてあったっけなあ・・・他もなんか色々変わってるみたいだから、うちもまたタビン行かなくちゃ。
Commented by RICK at 2019-06-24 11:58 x
持ってるねえ~!ノーブラインドでこれはすんばらしいよ。
実はモーさん飼いならしたズアオを籠に入れて用意してたんじゃないの?笑
タビン俺が行った時より鳥多い感じもするな~。
Commented by o-rat at 2019-06-24 22:44
にゃっちさん、ズアオ見たいヤイロチョウランキングかなり上位だったからねえ。ボルネオじゃないといないやつだしほんとに会えて良かったっす。
僕もまた行ってみたいけどモーさんが移籍しちゃったようでちょっと寂しいかも。
Commented by o-rat at 2019-06-24 22:46
RICKさん、そういえばこの後モーさんのお腹がちょっと凹んでたかも、あそこに隠してたか?
タビンRICKさんたちが行った時とはスタイルが変わったんじゃないかね。ほとんど車で移動だったし。


<< 今日も食後の蝶探し      辛いナイトドライブ >>