人気ブログランキング |

元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

2019年 06月 29日 ( 1 )


2019年 06月 29日

カワリサンコウチョウを探していたら・・・

タビン3日目、まだ暗いうちに起き出してテラスに出てみると
窓枠に小さなカマキリが引っ付いていました。網目模様が複雑で
日本じゃ見かけない感じです。
a0035279_11233796.jpg

さあ、それじゃ今日も元気に出撃しましよう。
メインターゲットはカワリサンコウチョウのようです。
モーさんよろしくね!
a0035279_11233772.jpg


今日のコースはセキュリティーゲートを右に曲がり、
の先の二股をマッドボルケーノじゃない方に向かいます。
ジャングルの中には霧が漂い、幻想的な雰囲気です。

a0035279_11233755.jpg


やがて朝日が顔を出し、あたりは一気に明るくなりました。
そして今朝の最初の鳥登場!ムナフコウライウグイスでした。
霧っぽいのでイマイチくっきりしませんが初見です。
a0035279_08571182.jpg

ここらへんから鳥ゾーンに入ってきたようで色々な鳥が姿を出し始めました。
おおっ!地面を歩いているのはエンビシキチョウじゃないですか!見たかった鳥なので嬉しいです。
ただ警戒心が強くって車を近づけると距離を保ったまま向こうへ行ってしまい中々撮影は厳しいのです。
a0035279_08571101.jpg

おお、これは大物、コシアカキヌバネドリ!でも空抜けだ~
a0035279_08571138.jpg

ちょっと位置を変えてくれましたが後ろ向きってのがちと残念
しかしこの赤、森の中じゃメチャクチャ目立ちます。
a0035279_08571143.jpg

モーさんが木の中をうごめく鳥をレーザーポインターで教えてくれました。
あの獣っぽい動きはMalkoha系だな、と思いつつ姿が見えるところまで出てくるのを待ってシャッターを切りました。
a0035279_08573210.jpg
クロバンケンモドキというやつみたいです。モーさん興奮してたから珍しいのかな?
でもあの人カザリオウチュウでも興奮する時あるからなあ・・・

道路脇の木の幹に止まっていたのはクリチャゲラ。
a0035279_08573375.jpg

英語だとRofus woodpecker
なのですが、Rofusuってわりには赤くないですね。
a0035279_08573332.jpg


ここから先ちょっと行ったところに木で出来たボロい橋があり、その手前で一休み。
下に流れる川、いい感じでしたがモーさんによるとカワセミは居ないそうです。
a0035279_21333312.jpg

ここでドライバーのマックス君がシークレット休憩に行ったので
じゃましないようちょっと離れた所でアナピタコジャノメを撮影するため薮に分け入ると
草の切り株が長靴の底を突き破って足の裏に刺さって痛いのなんの・・・
a0035279_08573230.jpg


それでも一応撮影だけはすませ、長靴を脱いで見ると、足の裏は大した事ありませんでしたが
長靴は底が貫通してました。こりゃもう長靴生命はおわりだなあ・・・

やがてマックス君が戻ってきたので「Big secret?」と聞くと必死に「No! Small!]と言ってました(^^;

さあ、それじゃ橋の向こうへ行ってみましょう。
ここ数日以内でカワリサンコウチョウが出たのがここらへんだそうで、
モーさん真剣にコールバック&サーチを開始しました。
するとすぐに「グエ グェ」とサンコウチョウの声。
そして尾の長い茶色タイプのカワリサンコウチョウが飛んでいくのが見えました。
撮影は出来ませんでしたがかわりにメスが良いところに出てきてくれて、こちらは撮影成功!
a0035279_08571241.jpg


その先からもう一羽のホイホイ声が聞こえてきたので再びコールバックすると、
白いタイプのオスが飛んできてそれをを追いかけるように茶色タイプのオスも飛来!おお~と思ったものの、
2羽は追いかけあったまま、一度も止まることなく森の中へ飛び込んでしまいました。
でも白と茶色の2羽が長い尾羽をひるがえしながら追いかけっこしてる所なんてそうそう見れるもんじゃないでしょう。
良いもん見れたからまあ良かったかな。

と思っていたら2羽が飛んでいった先に白いオスだけが止まっているのをモーさんが発見!
a0035279_08573324.jpg


ちょっとスッキリしないけれど一応証拠写真はゲット。
この後すぐにサンコウチョウ達は気配を消してしまいイマイチバッチリ撮影とはいきませんでしたが
また後でトライしようと言う事で一旦引き返すことにします。

そして帰り道、橋を渡ってすぐの所でモーさんは慌てて車を停めさせました。
どうしたの?と聞くと「アオヒゲショウビンが鳴いてる!」とのこと!
そりゃ大変だ!

車を降りて耳を澄ますと単調な「フィー フィー」と言う声が絶え間なく聞こえてきます。
結構距離がありそうだけど、出てきてくれるでしょうか・・・

モーさんがコールバックすると、アオヒゲショウビンは明らかに反応しています。
そしてそれから1時間ほど、大捜索が始まりました。

この間1度だけ、薮の中に入って行ったモーさんが一瞬間近で遭遇したそうですが
あっという間に飛んでいってしまったとのこと。

後は思いがけず野生のオランウータンの親子に遭遇することができました。
これはひーこも大喜び。タビンじゃダナンバレーほど遭遇率良くなさそうなので
僕も全然期待していたなったので得した気分でした。
a0035279_08573362.jpg

しかし肝心のアオヒゲショウビンのほうはだんだん声が遠のいてゆく感じです。
これはちょっと場を休ませるため一時撤収し午後もう一度トライしようということになりました。

帰り道はすっかり霧も晴れいいお天気。
a0035279_11233700.jpg

午後もこのまま天気が持ってくれると良いのですが。



by o-rat | 2019-06-29 22:30 | 2019ボルネオ | Comments(0)