元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:2018奄美( 12 )


2018年 12月 10日

2018奄美遠征10 スノーケリングとリーフの鳥

お腹がいっぱいになったらスノーケリングへ出撃!
車を停めてビーチに下りてみると波は結構穏やか、でも潮が意外と満ちています。
昼ごはんを食べているうちに干潮時刻が過ぎちゃたのかな?
a0035279_21183023.jpg
こうなると綺麗な珊瑚のところまで結構泳がなくちゃいけなさそうですが行ってみましょう。
しばらくは単調な砂地と岩のような珊瑚の残骸が続きますが、貴誌から50mほど行ったあたりで生きている珊瑚発見!
a0035279_21182929.jpg
周りにはトゲチョウチョウウオの姿も見えます。
a0035279_21182944.jpg
ただ一面の珊瑚というわけには行きませんね。
もうちょっと沖に出たけれど珊瑚の姿はポツポツ
a0035279_21183047.jpg
魚もボチボチ見られましたが台風の影響も少々あるようだしフィンもつけていなかったため、
あまり遠くまでは行かずそこらで遊ぶ事にしました。
a0035279_21183025.jpg
しばらく漂って満足した所でウミヘビが出てきてくれたのでこれを期に終了。
a0035279_21183027.jpg
さあ、それじゃちょっとリーフの鳥でも見に行こうかな。
a0035279_21183059.jpg
スノーケリングポイントから10分ほどのリーフに着くとここはまだまだ潮が引いています。
さっきのところは引いてもあんなもんだったのかもしれませんね。
やっぱり綺麗な珊瑚はススキューバでないと見られないのかな。

さて鳥撮りしなくちゃ。強い日差しの下目を凝らすとそこここで動く鳥影が見えます。
あれは夏羽のメダイチドリかな?
a0035279_21184325.jpg
キョウジョシギの姿も見えます。
a0035279_21184512.jpg
距離があると陽炎が激しくてモヤモヤしてしまいますがムナグロがいました。
a0035279_21184335.jpg
シロチドリは近くにいてもちっちゃいですねえ。
a0035279_21184441.jpg
リーフの手前の水溜りではソリハシシギが餌を採っていました。
a0035279_21184445.jpg
こちらはトウネン?メダイチドリと比べるとあまりの小ささにびっくりです。
a0035279_21184513.jpg
日差しに焼かれいい加減暑さに我慢できなくなってきたので鳥撮りはこれくらいで終了。
それじゃそろそろ帰路につきましょう。
といってもまだまだ日が高いし明日は家に帰らなくちゃいけません。
名残惜しいのでちょっと寄り道して西郷さんの実家を見学。
a0035279_21192165.jpg
西郷さんの奥さんの子孫が住んでいる家の庭先に当時の家が保存してありますがもう閉園時間を過ぎていて外からの見学。
しかし前に来た時は西郷さんの家があるなんて全然気にしてませんでしたが今回はそこらじゅうセゴドンだらけで押し捲りでした。

セゴドンちの近くの漁港を覗いて見るとイソヒヨドリ発見。
a0035279_21192190.jpg
あーあ、こんな空もしばらく見れないなあ・・・
a0035279_22405591.jpg
そこからさらに半島をぐるっと廻り、ちょっとわき道に入ってみます。
その先に灯台があるということですが思ったより激しいダート、轍の真ん中も草ボーボーで
途中で引き返したくなりましたが頑張ったおかげで素敵な夕暮れの景色に出会えました。
a0035279_21192132.jpg
宿に戻るともう夕暮れ。最後の晩餐はホテルの屋上ビアガーデン。
a0035279_22563217.jpg
大した料理は無かったけど暮れ行く名瀬の街並みが何よりのつまみでした。
a0035279_22405586.jpg


[PR]

by o-rat | 2018-12-10 22:43 | 2018奄美 | Comments(0)
2018年 12月 02日

2018奄美遠征9 台風一過で潤う島

大満足の朝撮りを終えて宿に戻る頃には天気もすっかり回復し、南国らしい青空がパカーンと広がっていました。
こんな天気の下遊べるなら帰るの2日遅れて正解だったなあ、なんて思っちゃいます。
それじゃ南の島を満喫しに出発!
まずはアジサシ達が見られるという漁港へ。
いや~ほんといい天気。そして海が青い!やっぱり南の島はこうでなくちゃ!
a0035279_19511552.jpg
肝心のアジサシは・・・
いました!生簀と思われる筏の縁に沢山のアジサシが止っています。しかもそのほとんどが大好きなベニアジサシ!
それにエリグロアジサシが少々混じっています。彼らも台風から避難して内湾にいたんでしょうか。
a0035279_19381440.jpg
キャラキャラ鳴きながら飛び回るベニアジサシ、青い海に映えますねえ。
a0035279_19381521.jpg
a0035279_19381573.jpg

白色型のクロサギも何羽か飛び回っていました。南だな~!

a0035279_19381497.jpg
ひとしきり撮らせてもらったら北上開始。次のポイントは珊瑚のリーフがハート型になっているというハートロック。
別にロマンチックさとかはいらないんですが、海に行けばまたアジサシ系がいるんじゃないかと思って(^^;

ナビを頼りに走っていくと海辺へ向かうそれらしき小道を発見。車を停めて踏み入ると、
そこはまるで田中一村の画に出てくるような南国ムード満点のジャングル。
a0035279_19511646.jpg
道端の花にはリュウキュウアサギマダラが来ていました。
a0035279_19511545.jpg
鬱蒼とした森の奥からはルリカケスの声も聞こえてきます。
a0035279_19511561.jpg
そして小道の先にはアダンの茂みがありその向こうには・・・
a0035279_19511640.jpg
大荒の海!
まだ台風の影響残りまくってますねえ。
a0035279_19511601.jpg
目的のハートロックはというと、荒波にもまれつつも辛うじてその姿を現していましたが
もっと潮の引いた時にこないと良くわかんないですね(^^;
a0035279_19511692.jpg
さあ、次はスノーケリングに行きましょう。でもこの波で大丈夫かなあ。
と一抹の不安を抱えつつさらに北上。
途中綺麗な所があると車を停め、のんびりと進んでいきます。
a0035279_19511579.jpg
しかしのんびりしすぎたようで時刻は既に13時半。
下手するとまた昼ごはんを食べ損ねかねないので急いで食べる所を探さないと。

近辺では一番の観光地と思われるあやまる岬に行ってみると綺麗なカフェが出来ていたので
入って見ると食べ物はもう売り切れ。さてどうしましょ。カフェで他に食事を出来そうな場所を聞くと
以前、と言っても15年以上前に行った事のある食堂を教えてくれました。まだやってたんだ。
それじゃあやまる岬の綺麗なリーフを眺めたら行ってみましょう。ここらへんの海は穏やかそうですね
a0035279_19511568.jpg
店があるのはスノーケリングをする予定の土盛の海岸。
入って見ると店内はその当時のまま。あの時はたいきがザル蕎麦食べたんだよな。なつかし~
聞くと食事も出来るそうなのでここで昼ごはんにします。
ひーこはカレー、僕はミートソース。これから泳ぐからほどほどにしておかないとね。
a0035279_19511551.jpg




[PR]

by o-rat | 2018-12-02 21:15 | 2018奄美 | Comments(2)
2018年 12月 01日

2018奄美遠征8 台風の後はルリカケス!

大分間が開いてしまいましたが年越ししてしまう前に夏の奄美遠征の続きです(^^;

台風の一夜が過ぎ、翌朝は台風一過か!?とワクワクしながら目を覚ますとイマイチ天気は回復しきっておらず
まだ強風も残っていました。でも雨はもう止んでいたのでいつもの森に出撃!
a0035279_21215984.jpg
現地に着きまずはイシカワガエルのチェックをしましたが今日も留守のようです。

避難しているのかアカヒゲ親子の姿は見えません。
昨日のアカショウビンの池を見にも行ってみますが今日はいないみたいです。

と、風でざわつく森の奥から「ゲ~」と恐竜の声のようなルリカケスの鳴き声が聞こえてきました。

声のするほうに行ってみると、木の上のほうでウロウロしているルリカケス発見。
その場でじっと待っていたらちょっと下に降りてきてくれました。
まだ頭の黒い若鳥のようですが今回やっとまともにルリカケスを撮れました。
a0035279_20514044.jpg
この若、台風で餌が取れなかったのでしょうか、
こちらのことを気にすることなく地面に降りて食べ物を探しています。
a0035279_20514033.jpg
こいつに釣られたのでしょうか、もう一羽のルリカケスが降りてきました。
こちらは頭まで青い成鳥です!やった!
a0035279_20514153.jpg
成長はやっぱり警戒心が強いのでしょう、すぐにいなくなってしまいましたが
若のほうはその後もしばらく遊んでくれてじっくり撮影する事ができました。
a0035279_21193391.jpg
とりあえず懸案だったルリカケスの撮影も成功!これも台風のおかげですね。

ホッとして他の鳥を探していると薮の奥に動く影。甲高いシ~という声で鳴いています。
その場でじっとしていると見えるところに出てきてくれたのはアカヒゲのメスでした。
彼女も台風で大変だったのでしょう。ちょっと羽毛が乱れていました。
a0035279_20514093.jpg
さらにコンコン音が聞こえてきたので探してみるとオーストンオオアカゲラも登場。
a0035279_21193324.jpg
そしてその奥に成鳥のルリカケスの姿が見えました。
a0035279_21193340.jpg
見ているとこのルリカケスの周りにも何羽かいるようで、群れで森の奥に移動していきました。
そっと後を付いていくとゲーゲーという声に取り囲まれました。これはルリカケスのゴールデンタイム到来か!?
とワクワクしていたらいいところに成鳥のルリカケスが!おお~これは今回一番のショットでは!
a0035279_20514129.jpg
と思ってたらさらに至近距離にやってきてくれました。おおお~スゲ~~綺麗じゃ~~!
これぞルリカケスの色!こいつも台風が過ぎてホッとしていたのでしょうか。こっちを恐れる気配も無く
しばらくここにじっと佇んでいたのでその姿を堪能することが出来ました。
a0035279_20514160.jpg
これで今回のルリカケスは完璧!大満足でございます。台風さん、奄美の森さん、どうもありがとう!
さあそろそろ撤収時間です、最後にコンコン音が聞こえてきたのでオーストンさんを撮って、ホクホク気分で宿に戻ったのでした。
a0035279_21193344.jpg




[PR]

by o-rat | 2018-12-01 19:32 | 2018奄美 | Comments(0)
2018年 09月 25日

2018奄美遠征7 台風真っ只中


まだ奄美引っ張ります。
本来だったら帰る日だった4日目、ちょっと得した気分だったのですが
食後はさらに風雨とも強くなってきていよいよ台風真っ只中って感じになってきました。
これじゃさすがに鳥撮りというわけにも行かないので午前中はおとなしくしていましたが
折角奄美にいるのにじっとしているのはもったいない。
という事で大雨の中AEONへ(^^;

a0035279_23261231.jpg


中はさすがに台風を感じさせないかな、と思ったのですが、食料品は欠品多数。船は昨日位から欠航になってるみたいです。

a0035279_23261266.jpg


この日も朝バイキングをたっぷり頂きあまりおなかは減っていませんでしたが
一方のひーこは腹が減ったとうるさいので、この島で唯一(マックはないみたい)のハンバーガーチェーン、モスバーガーに行って昼ごはん。

a0035279_23261285.jpg


食後は頑張って北部の田中一村の美術館に行ってみました。

a0035279_23261200.jpg


雨はどんどん強くなってきて、まさに台風真っ只中。風切り音もすごいですが
車ってのはこれくらいの風でもなんとも無く走れるし全然濡れません。
最近バイクばかりで自然の驚異を感じまくっているので車の快適さに改めて感心してしまいます。

嵐の中を走りぬけたどり着いた美術館はシーンと静まり返りまるで別世界。

a0035279_23261366.jpg


田中一村の世界を現地で堪能してきました。

帰り道、海を見るとえらい高波!大荒れです。

a0035279_23261345.jpg


ためしに車を止めて外に出てみると強風に飛ばされそう。やっぱ本場の台風はすごかったです!

a0035279_23261393.jpg


この日の晩御飯はあまり遠出する気にもなれなかったので
向かいのラーメン屋でとんこつラーメンと餃子。一応ここは鹿児島県なのでとんこつラーメンは地元の味かな?

a0035279_23261387.jpg

台風は夜のうちにいなくなるようなので、明日の朝は台風一過の空の下での鳥撮りに期待しちゃいます。



[PR]

by o-rat | 2018-09-25 20:59 | 2018奄美 | Comments(0)
2018年 09月 06日

2018奄美遠征6 嵐の前の朝撮り

いよいよ台風突入当日。前夜はかなり嵐っぽかったのですが、台風とはいえ折角の奄美滞在です。
のんびり朝寝なんてしていられません。この日も早起きしていつもの森へ向かいます。

お天気のほうは小康状態。雲の流れはすごく速いし風もかなり強いですが所々晴間も見えたりして雨は降っていません。
果たしてどれくらい持ってくれるかな。

a0035279_23094666.jpg


森に着くと雲間から朝日が一瞬顔を出しました。

a0035279_23094520.jpg


もしかして台風もう通り過ぎたのかな?なんて思ってしまいましたが、あたりはすぐに雲に覆われて薄暗くなってしまいました。
さて今日はイシカワガエルどうかな?といつもの洞を覗きますが今日も不在のようです。どこ行っちゃったんでしょうねえ。

風が強くて木がざわめき鳥の声も聞き撮りづらいですが、
それに負けない鋭い声でキョッ キョッと鳴きながらオーストンオオアカゲラがやってきました。

a0035279_23100733.jpg


しばらくすると雨がぱらついてきたので池のほとりにあるあづまやへ避難して
シリケンイモリなど眺めつつ雨宿り。

a0035279_23100645.jpg


と、ちょっと遠目の木の枝に赤い鳥が飛来!リュウキュウアカショウビンじゃないですか!
一昨日はまともに撮れなかったのですが、この嵐が警戒心を緩めてくれたのでしょうか。
しばらくそこに佇んでいたのでシャッター切まくり。

a0035279_23100728.jpg


よっしゃ~アカショウビンゲット!これだけでも台風の中出かけてきた甲斐がありました(^^)
やがてアカショウビンは去り、雨も止んできたのでアカヒゲの様子を見に行ってみると、今日もパパが元気に跳ねていました。

a0035279_23100700.jpg


でも雛たちの姿は見えません。嵐に怯えて薮の中に隠れているのか、それとももう親離れしちゃったのかな?
アカショウビン、アカヒゲ、オーストンオオアカゲラと撮れて、残る課題はルリカケス。
声は時々聞こえるんだけど何とかならないかな。

と思っていたら森の管理人のお兄さん登場。朴訥な感じの好青年で、しばらくお話をしていると
ここの所ルリカケスがよく見られている場所を教えてくれました。

朝食の時間を考えるともうあまり長居も出来なかったのですがワンチャンスを狙ってそこへ行ってみます。

するとゲェーという声が聞こえてきました。ルリカケスいるみたい!
声のするあたりをじっと見ていると一瞬ルリカケスが抜けている枝に止ってくれました!
とりあえずファインダーに入れてシャッターを切りますが顔が黒いな・・・

a0035279_23100627.jpg


まだ若いやつのようです。でも一応ルリカケスはルリカケスだから良しとしましょう。

このあと木の表面をかじってしばらく何かを探していましたが、
遠くから聞こえてきたもう一羽の声に答えるように森の奥へ飛んでいってしまいました。

a0035279_23100691.jpg


さあ、それじゃそろそろ撤収だ。と車のところまで戻るや否や大雨が降り始め、後は宿まで暴風雨の中のドライブとなりました。
a0035279_23094683.jpg

これじゃ一日何も出来そうもありませんが、朝撮りの間だけでも天気が持ってくれて良かったです。
さあ、それじゃのんびりたっぷり朝ごはんを頂きましょう!
a0035279_23094608.jpg

[PR]

by o-rat | 2018-09-06 20:49 | 2018奄美 | Comments(2)
2018年 09月 05日

2018奄美遠征5 台風きたぞ~

ダイビングを終え宿に戻ってチェックアウトする頃には風雨ともかなりのものになってきました。いよいよ台風来たみたいです。
でもおなかが減ったのでとりあえずお昼ごはん。
昨日食べ損ねて辛い思いをしたので今回は道中のどこかなんて悠長なことはせず
宿からすぐ、古仁屋の街中にあるファミレスでがっつり揚げ物ランチをいただきました。
なんか郷土料理っぽいものばっかり食べていたからこのジャンクっぽさが最高です。
a0035279_00303543.jpg
さて、明日のフライトはどうかな?とスマホでチェックしてみると、もしかしたら影響がでるかもって表示はありますが
まだ欠航は決まっていないようです。こりゃ夜になんないと分からないかな。
それじゃお腹もいっぱいになったところで今日の宿泊地、名瀬へもどりましょう。

車に乗り込み暴風雨の中をいざ出発。
しかしバイクと違って車は多少風が吹いてもなんとも無いし、雨でも濡れないし便利ですねえ。
a0035279_00303579.jpg
昨日と違って太平洋側の整備されたトンネルだらけの道を走っていくと、
1時間もしないうちにもう住用に到着。はえ~

一時的に雨が止んだので道の駅に寄ってちょっと散歩してみましたが
こんな天気じゃなんもいませんねえ。
a0035279_00303566.jpg
そのうち再び雨が降り出したので急いで車に戻ります。
ここからは30分ほどで名瀬に到着。昨日の半分の時間です。トンネル増えただけのことはあるなあ。

名瀬でまず向かったのが昨日ダムカードをもらい損ねた鹿児島県庁大島支庁。
河川港湾課に行くと昨日のお姉さんが覚えててくれました。証拠のダム画像を見せ、ダムカードゲット!
a0035279_00303691.jpg
よっしゃ、これでお土産出来たぜい。

宵越しの課題もクリアできたので宿に向かいチェックイン。
フロントの兄さんに明日のフライトについて聞くと、ちょっと厳しいんじゃないかとのこと。
でももしもの時は延泊できることも確認できてちょっと安心しました。

じゃあまだ明るいし、ちょっとイシカワガエルでも探しに行こうか、と雨の中森を目指し出発。
いつもと同じ道じゃつまらないので途中からちょっと林道にそれたらこれがえらい酷道。
道も車幅ぎりぎりで対向車が来たら最悪、
さらに途中から舗装もなくなり、かなり深めの水溜りが行く手を阻みます。
a0035279_00303668.jpg
そんな中、今朝に引き続きリュウキュウズアカアオバトの枝どまりをゲット。
a0035279_00305342.jpg
そしてなんとか森に到着。でも木の洞の中には今回もイシカワガエルはおらず。
雨だから出て来てくれてるかと思ったんだけど残念。
a0035279_00303699.jpg
ほかに何かいないかとちょっと粘ってみたのですが森の奥からルリカケスの声が聞こえてくるだけ。
そういえば今回はまだまともにルリカケス撮ってないなあ。明日の朝、台風だけどなんとかなるんだろうか・・・
そのうちあたりもだんだん暗くなってきたので宿に戻る事にします。
帰り道、雲の隙間からちょっとだけ夕日が顔を出しました。これなら台風意外と大した事ないのかな
a0035279_00303673.jpg
なんて思っていたのですが甘かった!
のんびり買い物をしてから宿に戻って航空会社のサイトを見ると2時間前に欠航が決まってるじゃありませんか!
そのころといえば、あの林道で水溜りと格闘していた頃だ・・・

とりあえず翌日の空席を見てみますが既に満席orz
そりゃ一日もう2時間もたってるもんなあ・・・

さあどうしましょ。振り替えじゃなくキャンセルにし他の航空会社でとりあえず本土まで脱出するとなると・・・
2人で10万!たっけ~

ちなみに明後日の分は空きがあるようです。こうなったらもう2日、延泊しちゃおうか。
と言う訳で2日後のフライトに振り替えフロントで部屋の空き状況をうかがうとこの部屋のままで大丈夫とのこと。
幸い仕事は1日休むだけで済むので各方面にご了承を頂き、3泊4日のちょい遠征は5泊6日のなかなかな遠征となったのでした。

晩は居酒屋で祝宴?まあ滞在が伸びて嬉しくなかったといえばウソになりますが(^^;
a0035279_00303631.jpg
ん~、ビールがウメ~!




[PR]

by o-rat | 2018-09-05 21:15 | 2018奄美 | Comments(0)
2018年 08月 30日

2018奄美遠征4 台風前のダイビング

なんだかここの所忙しくて全然鳥撮りしてません。そんなこんなで8月ももう終わりですねえ。
もう1ヶ月以上前のことになってしまいましたが奄美の続きです。

台風が近づきつつある奄美大島、朝起きてみると天気は上々。

a0035279_23421141.jpg

前回アマミヤマシギを見た山の上に登ってみます。う~ん、南国っぽい景色♪

a0035279_23450296.jpg

でも風が半端ありません。やっぱ台風来てるんだなあと実感しちゃいます。
そんな強風にアマミメジロが吹き飛ばされる様に飛んでゆきます。

a0035279_23450918.jpg

さらにリュウキュウズアカアオバトも飛んできて
風に抗うのに疲れてしまったのか、この枝でじっとしていてくれました。
おかげでアオバト枝どまりゲット(^^)

a0035279_23582569.jpg


ルリカケスの声も色んな所で聞こえてきますが姿は見えません。
あとはほとんど成果もなく、そろそろ帰ろうかとしかけた時サンコウチョウの群れに遭遇!

a0035279_23451402.jpg
今年生まれの若が親鳥と一緒に移動していきましたが動きが激しくて尾羽の長いオスは撮れず。

これで南部での朝撮りは終了。やっぱ鳥は北部のほうが撮りやすいなあ。
さあ、今日はダイビングなのでそろそろ宿に戻らないと。

出発予定の30分前に帰着すると同意書を書き血圧を計り(高かった^^;)ウェットを来てカメラを持ったらいざ出発。
水中機材は今回初使用のTG-4にレンタルで借りたハウジング。年に一回使うか使わないかだったらこれで十分。

台風前とは思えないいいお天気の中 いざ出港。
a0035279_23422681.jpg
しかしここで問題発覚!肝心のTG4,バッテリーヤバヤバマークが点いてるじゃありませんか!
昨晩ずっと充電してたのに~(><)

どうも充電器のトラブルのようです。果たしてどこまで持ってくれるか・・・いざ一本!
まずは水中景観。おお、中々撮りやすいぞTG4
a0035279_23454221.jpg

こちらオレンジの強いハナビラクマノミだそうです。
シャッターのレスポンスも中々で、これでバッテリーさえ満タンなら・・・
a0035279_23453956.jpg

そしてリクエストしていたハナヒゲウツボ!うーん、綺麗だ~
でもピントは微妙。ここは前に使っていたPowershotG12の勝ちかな。
a0035279_23453410.jpg
ヒトヅラハリセンボンが近くを泳いでいきます。
これもシャッターレスポンスのおかげでちゃんと撮れました。
a0035279_23454566.jpg
ウミシダもカラフルで綺麗です。
a0035279_23453709.jpg
と、ここで痛恨の電池切れ(TT)
でも撮りたかったハナヒゲまで電池が持ってくれてよかったです。

あとは動画用につけていたアクションカメラで撮るしかなく、
なんだか気合が全然入らなかったダイビングになってしまいました。
a0035279_23423096.jpg
その動画はこちら



最後に一緒に潜った潜水漁師さんが採ったニザダイ系の魚を刺身にして食べさせていただきダイビングは終了。
お天気も程々に持ってくれましたが船が港に着くや否や、バケツをひっくり返したような土砂振りになりました。
台風は確実に近づいているようです。




[PR]

by o-rat | 2018-08-30 21:48 | 2018奄美 | Comments(4)
2018年 08月 16日

2018奄美遠征3 南部へ移動

森を後にして一度名瀬に戻ると鹿児島県庁大島支庁に立ち寄りました。
目的はダムカード!ここで奄美唯一のダムカード、大和ダムのカードいただけるらしいのです。
a0035279_00022884.jpg

しかしいざ担当部署の河川港湾課へ行ってみると、大和ダムで撮った画像がないともらえない事が判明!
そりゃやっぱり証拠がないとね。

それじゃ明日また来ますと言って役所を後にすると、東シナ海側を通って南部へ向かいます。
大和ダムはその途中にあるので寄っていきましょう。
途中の田んぼではダイサギが佇んでいました。
a0035279_23580250.jpg


名瀬からちょっと離れるとほかに走る車もいなくなり、綺麗な海を眺めながら快適なドライブとなりました。
そしてまず向かったのは奄美野生動物保護センター。
前回来たときはお休みだったのでリベンジです。
またそのときはアカショウビンを見かけていたのでそれも期待しちゃいます。

しかし到着するや否や激しい雨が降り始めました。まさにスコールって感じ。
あわてて館内に避難して雨宿りがてら見学させていただきました。

a0035279_00282744.jpg


やがて雨は降ってきた時と同じように突然やみました。
雨上がり、アカショウビンも大喜びで出て来るかな、と外に出て見たのですが
裏山の奥からかすかにキョロロが聞こえてくるばかり。

ここの裏の道をちょっと行くと大和ダムがあるようなので
窓を開けアカショウビンに注意しながら山道を登ります。

そして10分ほどで大和ダムへ到着。アカショウビンの声はここでも聞こえましたが姿は見えそうも在りません。

a0035279_23505469.jpg


ここが奄美の水がめなんですねえ。

a0035279_00283081.jpg


足元の花に止っていたのはツバメシジミクロマダラソテツシジミ。いっぱいいました。

a0035279_23505895.jpg

さあ、それじゃ証拠写真も撮ったし先に進みましょう。
ということで海沿いに戻ると大棚集落にあった直売所で一休み。

a0035279_00283526.jpg


そろそろお昼ごはんでも食べようかと思っていたのですが前残念ながら食堂は併設されておらず。
代わりにスモモのソフトがあったのでそれを頂きました。
南の島の太陽の下で食べるソフトクリーム最高!

a0035279_23510189.jpg

ただ風がメチャクチャ強いです。どうも昨日台風が出来たらしく、明後日あたりに
接近してくるらしいのですがその影響でしょうか。さっきの土砂降りものそのせいかな?
ただコースとしては沖縄本島に向かうようなので台風のことに関しては大して気にしていませんでした。

それよりこの先問題になったのが昼ごはん。
大棚を後にしてどこか食事の出来そうな店を探しましたが、行けども行けども全然それらしき所はありません。

時刻はもう2時を過ぎていて腹減りひーこはテンパッています。
しかしこれほど何にもないとは思っていませんでした。奄美北岸、なめちゃいけなせんね。
さっきの直売所に売っていたお弁当でも買っておけばよかったなあ、と激しく後悔です。

切羽詰りながら地図を見ているとちょっと先の集落の中に商店を発見。
何のお店か分からないけれど一縷の望みをかけて細い道に入り込んでみるとお店は営業中で食べ物も売っていました、良かった~。
ここで何とかハムとバターパンというパンをゲットすることが出来たので、近くの港で昼ごはんにします。
外は暑いので車の中で、予想外に砂糖の入った甘いバターパンにハムを挟んでボソボソと昼ごはん。わびしいですなあ
a0035279_00284075.jpg
ともあれお腹は膨れたので一安心。
それじゃあとはのんびり目的地、南部の瀬戸内の宿を目指しましょう。

海沿いの道は宇検村を過ぎると山間に入っていきます。
うねうねのワインディングを進んでいくと綺麗な川を発見。
a0035279_23511162.jpg
河原に下りれる場所があったのでここでちょっと一休み。
魚影が見えたので岸からサンヨンで狙ってみるとリュウキュウアユでした。
a0035279_23581050.jpg
岸辺にはキノボリトカゲの姿も見えてうれしくなります。
a0035279_23581871.jpg
ここからトンネルをいくつか抜けると瀬戸内の町に到着。
もうすっかり夕方です。遠かった~

宿に着きチェックインを済ませると、まずは港に釣りに行きました。
しかし夕方とはいえ日差しが強いしもう喉がカラカラ。早くビールが飲みたいっ
そんな中、ひーこがコマセ無しのサビキでシマキンチャクフグをゲット。
a0035279_23511498.jpg
一応一匹連れたので釣りはこれで終了し宿へ戻ると
一風呂浴びてから前の海岸に面したテラスに行ってオリオンで乾杯!うんめ~~
a0035279_23511745.jpg
海からの風を受け、穏やかな波の音を聴きながら日が暮れるまでマッタリとすごしたのでした。こんな時間ひさしぶりです。
a0035279_23512047.jpg
日が暮れて町に晩御飯を食べに行ったあと星空を撮ろうと海岸にでてみましたが、雲がすごい速さで流れていました。
台風、明日あたり影響が出て来るのかなあ。
a0035279_23453524.jpg


[PR]

by o-rat | 2018-08-16 23:47 | 2018奄美 | Comments(0)
2018年 08月 03日

2018奄美遠征2 アカヒゲパラダイス



奄美二日目の朝、前の日ナイトドライブのあと飲んじゃったのでヘロヘロでしたが
頑張って森に出撃。

a0035279_23284884.jpg


ナイトドライブの時一緒だった人にアマミイシカワガエルが木の洞に入ってる場所を
教えてもらったのでそこに直行しました。教えてもらった木を見てみますが今朝はいないみたい。
その代わり巨大ナメクジを発見し、指と一緒に記念撮影

a0035279_23285381.jpg


そこへ当のご本人が登場し、一緒に鳥撮りすることにしました。
アカヒゲを撮られたという事なのでその場所に行ってみると、アカヒゲパパ登場!でも暗くていまいちちゃんと撮れません。
まあまだチャンスはあるかなと思い次にアカショウビンを撮った池に行ってみるとオットンガエルが顔を出していました。
蚊にたかられまくっていたけど刺されないのかなあ?

a0035279_22333429.jpg


でもアカショウビンは現れず。
それじゃイシカワガエルが戻ってるかもしれないからもう一度木の洞行ってみましょ。

とその途中で木を叩くコツコツ言う音とキョッキョッという声が聞こえてきました。
声のするほうを必至で探ると葉っぱで見え辛いところでオーストンオオアカゲラが
木をつついています。なんとかまともに撮ろうと四苦八苦していると見やすい場所に下りてきてくれたので激写!

a0035279_22324807.jpg


まだ若い子なのかな?すっかり寛いじゃってカキカキしまくっていました。

a0035279_22325103.jpg


これで取り合えず固有種ゲット。

そのあともう一組のバーダーさんに遭遇。アカヒゲの出ずっぱりポイントを教えてもらい言ってみると、
本当にアカヒゲパパがドーンと佇んでおりました!

a0035279_22323811.jpg


今まで散々苦労したホントウの付かない赤ひげがこんなにしっかり撮れるなんて幸せ~

a0035279_22351100.jpg

見てると巣立ち雛と思われる若も出てきてパパヒゲ(パパアカヒゲ)に絡んできました。

a0035279_22324123.jpg


さらにその数はどんどん増えて行き、3羽の若をパパヒゲが引率していました。
時折餌もあげていたけど追い掛け回してもいたので自立を促している時期だったんでしょうね。

a0035279_22325624.jpg


アカヒゲをたっぷり堪能させてもらっていたらもう撤収時間。
最後にイシカワガエルも覗いてみたもののお目にかかれず。
第二ラウンドにかける事にします。帰りがけの駄賃にシロハラクイナをゲット

a0035279_22333218.jpg


一度ホテルに戻りバイキングの朝ごはんをいただきました。

a0035279_23285835.jpg


奄美名物鶏飯もあってお腹いっぱい。

a0035279_23285699.jpg


この日は南部の瀬戸内に移動するのですが、その前にもう一度イシカワガエルを見てみようと森に寄ってみました。
するといきなり良いところにパパヒゲ登場!しかしここでロクヨンが結露してしまうという緊急事態発生。
しょうがないのでサンヨンに付け替えると雛とパパヒゲが良いところに並んで止ってくれました。ロクヨンで撮りたかった~

a0035279_22344032.jpg


しばらくして結露も収まってきた所でロクヨン復活!
でもパパヒゲはロクヨンがいらないくらい近くに寄ってきてくれてクロップ解除の幸せな時間を過ごす事ができました。

a0035279_22351591.jpg




[PR]

by o-rat | 2018-08-03 23:38 | 2018奄美 | Comments(2)
2018年 07月 28日

2018奄美遠征1 アマミノクロウサギ目指してナイトドライブ

a0035279_19184692.jpg


今回の奄美遠征、一番の目的はアマミノクロウサギ。
夜行性のアマミノクロウサギを狙うにはやっぱり夜ドライブしかありません。
しかし夜は飲み欲の方が勝ってしまうので中々モチベーションが上がらないのも事実。
幸い初日は名瀬に着くのが夕方遅くになるためその勢いで行ってしまおうという事になりました。
さらに万全を期すためガイドサービスをお願いしたので飛行機の中で飲んじゃっても大丈夫(^^)

そして当日、飛行機が少々遅れたため宿に着いたのが集合時間5分前というかなり押し捲りのスケジュールになってしまいました。
迎えに来たガイドさんに急いで暮れと促され、既に3人のお客さんが乗っていたハイエースに乗り込むとすぐ出発。
目標の林道へ着く頃にはかなり暗くなってきました。

生き物を探しながらゆっくり林道を走り始めるとまずでてきたのがアカマタ。

a0035279_16275907.jpg

そして薄暮の光にかすかに浮かび上がるシルエットはアマミノクロウサギ!意外とでかい!
と感心している隙にすぐに逃げてしまい撮影は失敗。

やがて辺りがすっかり闇に包まれると車のライトを頼りに生き物を探す事になります。
しかしワンボックスの後部座席からではとっさの撮影は中々難しく、路上にでていたアマミヤマシギは撮影ならず。
さらに何度かアマミトゲネズミが出ますが撮影できず。ガイドさんが発見するとすぐに車から出てくるように
言われるのですが、ドアを開けるのに手間取っている間に逃げてしまうのです。
そこでスライドドアを全開にして押さえておく作戦を取る事にしました。

そのおかげで次のチャンスには何とか証拠写真だけ撮影することに成功。

a0035279_16280922.jpg


見たかったアマミハナサキガエルも出てくれて、速攻外に飛び出して撮影成功。
ひーこはカエル狙いだったので大喜びです。

こちらは緑色型
a0035279_16285375.jpg


こちらは褐色型。意外に大きくて10cmくらいあったかな。
a0035279_16285736.jpg


側溝の水の中には大きなオットンガエルが折り重なっていました。
a0035279_16290034.jpg


そのお隣にはシリケンイモリも
a0035279_16290438.jpg


と、小さな生き物たちを楽しむことが出来ましたが、肝心のアマミノクロウサギは見当たらず、もう今夜は無理かも
と一時車内には諦めムードが漂っていたのですが、しばらくするとウサギ活動タイムに入ってきたのか
道端にチラホラ姿が見えるようになってきました。しかし車を止めてカメラを構えるとあっという間に隠れてしまい
中々撮影まで至りません。難しい~

そんな事を何度か繰りしていると、のんびりしている性格なのかあまり逃げない個体に遭遇!
道端でじっとしているのでドアから身を乗り出してピントを合わせるとシャッターを切ります!
a0035279_16292323.jpg

やったー。前回スカったアマミノクロウサギ、やっと撮影する事ができました(^^)
ホクホク喜んでいるとこのクロウサギ、向きを変えこっちに近づいてくるじゃないですか。
a0035279_19184692.jpg

何考えてるんでしょう、どんどんこっちに来るので300mmじゃクロップ解除でフルサイズにしても画面に入りきりません(^^;
a0035279_15313899.jpg

こうしてクロウサギを堪能することができ、ナイトドライブは無事終了。

と思っていたらまだ続きがありまして、ここからは帰りがてら寝ている鳥のチェックタイム。
ガイドさんが次々発見してくれるので、その度にハイエースのスライド窓から身を乗り出し撮影します。
おお、電線で寝ているのはアカショウビンじゃないですか!こういうの撮りたかったんだ~
a0035279_15315286.jpg

キョホッ キョホッの声がするほうにライトを向けると・・・おお~リュウキュウコノハズクだ~!
a0035279_15314884.jpg

続いてアカショウビンの若もお休み中。
a0035279_15315541.jpg

ルリカケスのカップルも電線で寝ています。電線はほかの生き物が来てもすぐ分かるから安全なんでしょうね。
a0035279_15320122.jpg

そして最後にリュウキュウコノハズクの巣立ち雛たちにあえました。
a0035279_17002594.jpg

見ていると親鳥が餌を持ってやってきました。
a0035279_16591640.jpg

そして雛に給餌すると飛び去ってゆきます。
a0035279_15320513.jpg


これでこの夜は大満足。とっても充実したナイトドライブで、まずは奄美初日大成功!


[PR]

by o-rat | 2018-07-28 17:08 | 2018奄美 | Comments(6)