元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

<   2018年 06月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2018年 06月 25日

虫撮り2018

折角の週末でしたが土曜日はお仕事、日曜日も昼まで雨模様だったので鳥撮りできず!
でも昼からすっかりいい天気になってきて悔しいので近所の公園に虫撮りに行ってきました。
と言う訳で今期の他のムシムシ画像も絡めて虫スペシャル~

園内に入ると雨上がりでご機嫌の小さいウシガエルにまず遭遇。これくらいのサイズだと結構綺麗だし多少可愛いんですけどねえ

a0035279_19122904.jpg


次にであったのはハラビロカマキリの赤ちゃん。
2週間ほど前はこんなちっちゃかったのに

a0035279_19494732.jpg



こんなに大きくなってました・・・って良く分かりませんね(^^;

a0035279_19495143.jpg



蝶はあまり目立ちません。雨上がりで濡れちゃってるのかな。

a0035279_19130084.jpg



前回はこんなの見て焦っちゃいました。この色!ミドリシジミ!?でも良く見ると縞があるし・・・トラフシジミでした。

a0035279_19501059.jpg


目がクリクリで可愛いハエトリグモの仲間。

a0035279_19502063.jpg


ちっちゃいゾウムシもいい被写体です。
a0035279_19500154.jpg


でもなんかおっさん臭いんだよな。
a0035279_19500509.jpg


マクロ目になってみると数ミリの蛾の意外と綺麗だったりします。
a0035279_19502329.jpg


対してこんな大物もいたりします。
a0035279_19505252.jpg


それじゃこの日の本命ポイントへ向かいましょう。
このポイント、前回は本命はおらず、かわりにこんな人面カメムシみたいなのがいました。
オオホシカメムシでしょうか。

a0035279_19501743.jpg


あと葉っぱみたいな蛾も。

a0035279_19501390.jpg


そしてこれがやっと見つけられた本命、前からいないかなあと思って探していたトウキョウヒメハンミョウ!

a0035279_19123346.jpg


Sippoさんに6月下旬くらいに出ると教えてもらっていたのでそろそろかなあと思っていたのですが
ちゃんと今年もいてくれました(^^)
a0035279_19124984.jpg


地味だけどキラキラしててとっても綺麗なんです。
長さ1cmくらいしかないんですが、口には普通のハンミョウと同じように牙があります。
実は肉食で獰猛なやつなんですよね。
a0035279_19125223.jpg


目標の虫にあえてほっとした所で猛禽の声!
針葉樹の林の中を探してみるとツミ発見!

でもサンヨン手持ちじゃイマイチすっきり撮れません。修行が足りませんかね。
a0035279_19125628.jpg

と言う訳で今週は虫中心でした。
でも鳥シーズンもあとちょっと。焦るなあ・・・
来週こそ晴れてほしいです!






[PR]

by o-rat | 2018-06-25 21:53 | 虫撮り | Comments(2)
2018年 06月 18日

ヤマセミホイホイ

日曜日はひーことはお昼にバイクで現地集合のパターンで再びRICKさん、にゃっちさんとお出かけ。
目標の鳥の前に寄り道したら、ちょっと距離が遠かったけど
久しぶりにヤマセミに会うことができました。
a0035279_19524578.jpg

まずは思いがけない出会いが出来てちょっとうれしいです。
それでは今回のメインターゲットに会いに行きましょう。

渓流沿いの道を捜し歩いていくと、まず出てきてくれたのがオオルリ。
大きな声で囀っていましたが暗いので嘴がぶれちゃいました。
a0035279_19524904.jpg

岸辺にはカワトンボ
a0035279_19525380.jpg

流れの中にはカエルもいます。
a0035279_19530768.jpg

そんな素敵な環境の中「グェ グェ ホイホイホイ」の声が聞こえてきました。
声を頼りに姿を探すと・・・いました!本日の主役ホイホイ!
a0035279_19525619.jpg

木の間をせわしなく飛び回り、姿を見せてくれるのはほんの一瞬なので撮るのは大変でしたが何とか捕らえる事ができました。

そのあとはちょっと見晴らしのいいところで、緑の口の中を見せてホイホイやってくれました・・・が尻尾がチョイ残念。
長いから引っかかっちゃうんですね。
a0035279_19525999.jpg
さらに追従しつづけもうワンカット
a0035279_22333556.jpg
そして場所を変えてもう一回と一応今期で一番まともにホイホイゲットすることが出来ました。
a0035279_19530412.jpg

ホイホイに満足して地面に目を向けると綺麗な虫が飛んでいます。
止まった所にそ~っと近寄るとハンミョウでした。この前のニワハンミョウより全然綺麗です。

まずは腕を伸ばしコンデジで一枚
a0035279_19532058.jpg

さらにレンズをロクヨンから90mmマクロに付け替えひざを着き
そーっと上半身を倒し接近する作戦でドアップを狙います。
そしてそーっと肘を突きドアップゲット!
a0035279_19531175.jpg

と、その時肘に違和感が・・・なんだろう?と思ってみてみると・・・
ひえ~~~~ヒルじゃ~~~~!
あわてて摘んで放り投げ、何とか咬まれるのは防げましたが、
国内でヒルに会ったのは初めて。ちょっとショックです。
これからは虫撮りのときもちょっと気をつけないとね。あ~怖かった。
a0035279_19531793.jpg

ヒルの後アオジョウガイを撮ったあとひーこから現地到着とのラインが来たので鳥撮りは終了。
a0035279_19532251.jpg

みんなで尾昼ごはんを食べに行きました。
今日もお昼はお蕎麦。僕は先週に引き続き暖かい鴨汁のせいろ。うまかった~
a0035279_19532462.jpg

食後はRICKさんたちと別れてひーこと二人ツーリング、海を目指しました。
山の中を通り抜けると1時間ほどで海岸に到着。海だ~!って感じ
a0035279_19532798.jpg

そこからしばらく海沿いのツーリングを楽しみました。あんまり海見えなかったけど(^^;
a0035279_19532987.jpg

海から離れるともう4時過ぎ、そろそろ帰らなくちゃ。
大渋滞のアクアラインを通ってうみほたるで一休み。
a0035279_19533199.jpg

そして真っ暗になる前に無事帰ってきました。楽しかった~
これからは他の夏鳥も一段落してホイホイの季節、また来週もホイホイかな。


[PR]

by o-rat | 2018-06-18 21:36 | 鳥撮りツーリング | Comments(8)
2018年 06月 16日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング 最終日、まともに鳥撮り そして帰宅


夜中に結構な雨が降ったようですが、5時前に宿を出るときはもう止んでいて路面も乾き始めていました。
さてどうしましょ。昨日のポイントでもう一度キビとも思ったのですが、折角なので草原の方を周ってみようかな。
ということで曇り空の下木道を歩き始めます。
林の中からはキビの声が聞こえますが、これは粘っても報われないパターンっぽかったのでスルーして草原地帯に入ります。
カッコウの声が結構近くから聞こえるなあと思ったら対岸の針葉樹の上でカッコーカッコーやっていました。

a0035279_23034832.jpg


疎林の中からは再びキビの声。それっと共にジュクジュクと複雑なさえずりも。
どこかに動く影はないかとじっと目を凝らしていると、まず出てきたのはコサメビタキ。


数羽で追いかけあっているみたいです。
a0035279_23035121.jpg

近くの木からコツコツ時を叩く音が聞こえてきたのでカメラを構えて様子を見ていると
アカゲラのオスが姿を現しました。昨日も姿は見えたけど撮れなかったのでうれしいです(^^)
a0035279_23035398.jpg

声があっちに行ったりこっちに来たりとかなり激しく飛び回っていたキビも勢いあまったのか
いい枝に止ってくれました。やった~

a0035279_23035559.jpg


その先ではウグイスがしきりと囀っています。でもウグイスってなかなか姿見えないんだよな
と思いつつもちょっと見てみると、いい枝の上でケキョケキョやってました(^^)

a0035279_23035835.jpg
このウグイス、ケキョケキョケキョとやるたびに羽をパタパタさせていてめっちゃ可愛かったです。
a0035279_23040026.jpg
昨日一昨日と比べたらかなりの撮れ高に楽しい気分で先に進むと木道で鳥を見ている集団に遭遇。
その中のお一人にカッコウが止っているよと教えていただき順光で撮影成功。ありがとうございました。
a0035279_23040444.jpg
その先のデッキからはぐるっと草原が見渡せます。この頃になると雲の切れ間から朝日がちょっと顔を出し、
上空にはかすかに青空も見えてきました。
a0035279_00010781.jpg

なんかホオジロ系の声がするなあと思ったら、
結構近くのこれまた枯れ木の上でホオアカが囀っていました。
a0035279_23040718.jpg

さらに他の枯れ木の上にも怪しい影。
あれはもしや!とファインダーに入れると大好きなノビ太じゃないですか!
a0035279_23042879.jpg

ノビ太は餌を採りながら少しづつ近寄ってきてくれます。

a0035279_23043249.jpg

おかげで久しぶりにしっかりとその姿を見ることが出来ました。

a0035279_23341450.jpg
ノビタキを撮れて幸せな気分に浸っていると、向こうからやってきた方に
ノビタキなら向こうにいっぱいいましたよ、と教えていただきました。
ここで時刻は7時20分。歩きだとそこまで30分くらいかかるそうです。
どうしようかなあ・・・
としばらく悩んでいたのですが、バイクに戻って移動する事に決定。
来た道を早足で戻る途中、アオジが高らかに囀っていたので一枚撮らせて頂きます。
a0035279_23043850.jpg

さらに枯れ木にはニュウナイスズメが止り足止めされてしまいました。

a0035279_00010087.jpg

でもここからはバイクに一目散、そして一気に移動してポイント近くに着いたのが午前8時。
ひーこには8時くらいには帰るって言ってたんだけど・・・まあ30分位許してもらいましょ。
ということでポイントへ向かいます。折から小雨も降り出しました。あまり時間はありそうもありません。急がなきゃ
しかし歩き出してすぐ、キビの若に足をとめられます。急いでる時に限って出てきてくれちゃうんだよなあ。

a0035279_23044222.jpg

一応撮影してさあノビのポイントへ!しかしちょっと行くと今度は成長オスキビ登場。

急いでるんだけどねえ。でもそんな所にいたら撮らない訳にいかないでしょ。
a0035279_23044533.jpg
そんなキビたちの誘惑に引っかかりまくりつつやっと草原地帯に到着、
するとほんとにノビ太がいっぱい囀ってるじゃないですか。なんか北海道みたいです。
a0035279_23050635.jpg
周辺に3羽はいるようで、お互いを意識して縄張り宣言に余念がありません
a0035279_23050197.jpg
飛びながら囀りそのままソングポストの木に降りて来たりして、あたりはノビの囀りがいっぱい。
a0035279_23050918.jpg
その近くではホオアカもひっそり囀っていました。
a0035279_23051219.jpg

さあ、それじゃ一応ノビも撮れたし雨もちょっと本降りっぽくなってきたので宿に戻らなきゃ。
と木道を引き返していくと、林の中にはいる手前でビッビッという声と共に餌を運ぶノビ子にも会えました。
子育て真っ最中なんでしょうね。

a0035279_23051522.jpg

あとはキビの声にも目もくれずバイクに直行。8時半には宿に戻る事ができました。

部屋に戻り、ホテルで用意してくれた朝ごはん代わりのおにぎりを大急ぎで食べたらチェックアウト。
バイクに荷物を仕舞っていると雨がぽつぽつとあたってきます。荷造りが終わったら合羽を着込み出発。
路面も完全に濡れているので転ばないように気をつけて帰りましょ。

a0035279_00145830.jpg


山を降り高速に乗る頃には本降りになってきました。
あとは降ったり止んだりの中でしたが、それほど激しい降りにたたられる事も無く昼過ぎに無事帰宅。
夕方からは土砂降りになたので、その前に帰ってこれてよかったです。

こうして急遽決まった2泊3日の鳥撮り&ダムハントツーリングは無事終了。
走行距離は3日で800kmくらい、燃費は30km/lくらいと中々優秀でした。
次はどこに行こうかな~



[PR]

by o-rat | 2018-06-16 17:47 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 06月 15日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング 峠を越えて夕方鳥撮り

川俣ダムを過ぎるといよいよ山奥へやってきた感があります。
この先川俣温泉というのがあるらしいですが、さぞやひなびた秘境の宿なんだろうな
なんて思いつつ走っていくと、目的の林道峠に行くには温泉の手前で曲がり、川を渡る事が判明。
そしてその橋を渡りつつ先の方をふと見ると、そこにあったのは高層階の温泉旅館が立ち並ぶ
まるで熱海のような巨大温泉街でした。あれが秘湯川俣温泉・・・なんかめっちゃ期待を裏切られた感じ・・・

一方僕らが向かった峠への道はすれ違う車もほとんどいない、ほんとに秘境っぽい道でした。
ほんとに向こう側に出れるんだろうかとどきどきしながら九十九折れの道を登って行き、
途中ちょっと見晴らしの利くところでバイクをとめてみると、
さっきまで通ってきた鬼怒川の流れが。
a0035279_20331741.jpg
動画も撮ってみました。



30分ほど木々の茂る林道を走ると最高地点っぽい広場があり、
そこから先は雰囲気がガラッと変わり所々開けた場所が現れるようになりました。
a0035279_20332956.jpg
前にそびえるのは男体山かな?なかなかの絶景です。
a0035279_20333248.jpg
やがて道は下りベースになってきて、林道制覇もあとちょっと。
標高が下がるにつれ周囲は笹薮と白樺の明るい林になりました。
a0035279_22174574.jpg
そして久しぶりの人の気配と共に峠越えも終了。
目的地の牧場に無事到着!
a0035279_22233019.jpg
ここでアイスクリームを食べてホッと一息
a0035279_22232835.jpg
ここで先に宿にチェックインするひーことは別れ、僕は鳥撮り開始!
目星をつけていた林道に行ってみます。かなり奥まで行くと道路を挟んで鳴き交わすキビの声。
声を頼りに結構粘ってみましたが、木の上のほうを飛び回っていて撮れるような所まで降りてきてくれません。
時刻はもう4時半を周っているし、あまり時間も無いので移動する事にしました。
a0035279_22233458.jpg
エンジンを切ってヘルメットも脱ぎ耳を澄ませます。カメラとロクヨンはたすき掛け。
いつでも撮影できる体制で惰性で林道を下っていくと再びキビの声。今度はかなり近いし位置も低いです。バイクを停め撮影準備。

三脚を担いで声のほうへ近づいていくと・・・良いところにとまっています!
a0035279_20334600.jpg
う~ん、綺麗なキビ。今回の鳥ツーでやっとまともに鳥が撮れた感じです。
a0035279_20334222.jpg
グリーンバックの目の前の枝でも囀ってくれて大満足♪
a0035279_20333991.jpg
この時点で時刻はもう5時半を過ぎていました。
ひーこから部屋番号と晩御飯の時間をラインで教えてもらう手はずだったのですが
どうも連絡来ないなあと思ったら、ここは電波が届かない事が発覚。
ご飯が6時からだったら拙いので、キビも撮れた事だし今日の所はこれくらいにして宿に向かうことにしました。
a0035279_20374666.jpg
宿に着くとフロントで部屋番号を教えてもらい、ひーこと合流。
晩御飯は7時からにしてもらえたそうで一安心。
まだ1時間ほど余裕があったので、近くの湖に行ってみました。
a0035279_22234144.jpg
湖面は鏡のように静まりかえり、夕暮れの青空を映していました。
a0035279_20334980.jpg
今日一日、とってもいい天気でしたが明日は台風の影響で前線が活発化するらしいです。
早朝はなんとか持ちそうですが、果たしてどうなるか・・・

再び宿に戻りかけ流しの温泉でゆっくり暖まったあとは晩御飯。
この時点でひーこさんはすっかり泥酔しており会話もままならない状態(^^;
ちなみにスマホで料理を撮ってもらったらこんなのしか写ってませんでした。
a0035279_22233969.jpg
お腹いっぱいになって部屋に戻るとふかふかのお布団が・・・
もちろん倒れこんだ瞬間気絶するように眠りに落ちてしまいました。





[PR]

by o-rat | 2018-06-15 22:59 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)
2018年 06月 14日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング ダムハント!

宿をでると曇り空の下グーグルさんの言うとおりに去年と同じゴールドラインを通って山を下ります。
a0035279_22362882.jpg



山を降りるにつれ晴れ間が覗いてきました。やがて眼下に会津若松の街並みが見えてきます。
ここからの景色、結構好きなんだけど止るタイミングを逸してしまったので車載で一応撮影。

a0035279_22365502.jpg



山を降り切ると汗ばむ暑さ。この日東京では今年初の真夏日になったそうで、そりゃ暑いですな。
車の多い街中を抜けると畑の中の一本道に

a0035279_22370195.jpg



隣には会津鉄道が併走しています。ここからはこの線路に沿ってひたすら進みます。
列車が来れば良いのにと期待したものの、結局道中一度もすれ違わず。

a0035279_22370616.jpg



いくつかの集落を抜けると道はすっかり山の中へ。

a0035279_22374277.jpg



ここからしばらく行くと今回初のダムに到着。
ひーこと「なんだかダムの管理事務所への道ってどこも似たような感じだねえ」なんて言いながら
ダムサイトへ向かっていくと・・・ん?デジャビュ?
あ~ ここ去年の夏にも来た大内ダムじゃん!

という事でとっととスルー。まあたまにはこういうこともあるのです(^^;

a0035279_22384216.jpg



大内ダムをあとに街道をどんどん走ってゆきます。前回よりは1時間ほど速いペース。
ホテルはやめにチェックアウトしておいて良かった~

a0035279_22374748.jpg




やがて並走する阿賀川の河原が広くなってくると南会津もそぐそこ。
2度目のせいかあっという間に着いちゃった気がします。

a0035279_22375252.jpg



ここから先、どんどん秘境に向かうので南会津で念のためガソリン補給。
こういうところはどこのスタンドも価格横並びみたいですが、そんな中JAのスタンドはちょっとだけ安かったです。

a0035279_22383992.jpg



昼ごはんにはまだちょっと早かったので先に進みますが
南会津の街には魅力的なご飯屋さんがいっぱいで非常に後ろ髪を惹かれます。

ここから日光方面へ転進。気持ちの良い青空の下、快適なツーリングが続きます。

a0035279_22375829.jpg



やがて前回向かった那須塩原方面とは別の方向に曲がると素敵な渓流に沿った道になりました。
なんだか釣りがしたくなっちゃうなあ。

a0035279_22380667.jpg



その先道がちょっと広くなってくると、川はダムのバックウォーターっぽくなってきました。

a0035279_22382100.jpg



そしてトンネルと橋をいくつか抜けると湯西川ダムに到着!やった~

a0035279_22451013.jpg



管理事務所のインターフォンを押すとおじさんがダムカードを持ってきてくれました。
よっしゃ、まずは1ダムゲット!
a0035279_22393970.jpg



さあ、あんまりのんびりしていると夕方の鳥撮りタイムがなくなってしまいます。とっとと次に行きましょう。
次のダムは目と鼻の先の五十里ダム。ここも管理事務所のインターフォンを押してカードを持ってきていただきました。

a0035279_22382956.jpg



順調順調♪さあ、次いこうかね。

と調子に乗っていたらグーグルさんがいきなりバカになり、気がつくと来た道を戻っていました。
明らかに道が違うようなので、ここらで昼ごはんをかねて一休みして仕切りなおしとなりました。
どこかいい店ないかなあ、と探しながら走っていると、蕎麦打ち職人さんっぽい人発見。
横にあったお店で食事が出来るか聞くと大丈夫だというので、ここでお昼にしました。

画像撮るの忘れちゃいましたが暖かい鴨出汁のつけ汁でいただく手打ち蕎麦、とっても美味しかったです。


a0035279_22395258.jpg


それじゃグーグルマップをセットしなおし出発!
来た道を引き返し、さらに先に進みます。

a0035279_22391682.jpg



川は再び狭くなっていきこれまた魅力的な渓相に。


a0035279_22395840.jpg


ここの先、画像を忘れてしまいましたがお土産物屋みたいなところで
栃木黒部ダムのカードゲット。

道はどんどん奥地に向かい秘境っぽさが漂ってきました。
そして川治ダムも制覇。ここもダムサイトのお土産物屋さんみたいなところが配布場所でした。
ここで悔しい事が発覚。湯西川、五十里、川治、川俣の鬼怒川4ダムのスタンプを集めるとカードホルダーをもらえる
キャンペーンをやっていたそうなのです。もう引き返すにはちょっと遠い湯西川ダム・・・まあしょうがない、諦めましょ。

a0035279_22522261.jpg


さあ、それじゃいよいよ最奥のダム、川俣ダムを目指しましょう。
渓相は再び変わり河原のある明るい流れに。フライフィッシング向けっぽいなあ。
でもここで釣りするならほんとに釣りをメインの目的にしてこないとちょっと遠いですね。

a0035279_22401178.jpg


そしてついに川俣ダムに到着。とうとうここまでやってきましたなあ。
無料駐車場に車を止めてダムサイトまで結構な距離を下っていくと管理事務所があり。ダムカードをいただけました。

a0035279_22400269.jpg


ダムサイトは工事中。命綱一本で法面で作業をしている人を見ると見てるこっちがすくんでしまいます。

a0035279_22400644.jpg



ここから今降りてきた道を再び登りバイクのところまでつくともう息も絶え絶え。
ここが今までで一番体力的にハードだったダムカードゲットでした。
こうして5ダムカードをゲット。ひーこはホクホクでした(^^)

a0035279_21574815.jpg


さあ、それじゃここからもうひとっ走り、林道で峠を越えて今日の宿に向かいます。


[PR]

by o-rat | 2018-06-14 21:59 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)
2018年 06月 13日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング 二日目朝撮り

翌朝は5時前に宿を出て昨日のポイントへ向かいます。
天気は曇りでしたが思っていたほど寒くなく、ダウンはいらず長袖Tシャツとウィンブレで十分。
渓流沿いのトレッキングロードを歩いて行くとオオルリの声。しかし姿は見えず。
その先にすすむと森の奥からトラツグミの声が聞こえてきました。姿を探す気にもならないけど・・・
やがてすぐ近くにキビの姿を捕らえることが出来ました。まだ暗いのでSS1/8とかです。
先幕ライブビュータッチパネルで何とか1枚撮影成功!

a0035279_21095418.jpg


と、その時どこからかキョロロロロ~ というあの声が!
空耳かと思って静かにしていると再びキョロロロロ~!
谷の向こうの山の中から聞こえてくるようです。
それに被せるようにトラツグミの「フュー フュー」
さらにコルリの囀りも加わり、声だけはとても贅沢な空間となりました。

姿は見えずともすばらしい声に聞きほれていると、突然すぐ近くから「キョロロロロロ~」が!
ほんとにすぐそこなのでこちらも固まって動けなくなってしまい、その場から葉陰に赤い姿を探しますが
5回ほど鳴いた後、声は急に聞こえなくなってしまいました。
まあ見れるつもりも無かったけど、ほんとにいるんだなあとビックリ。
やがて撤収時間も迫ってきたのでぼちぼち引き返す事に。すると途中キビとオオルリが鳴き交わしている所に差し掛かりました。
なんだかこの2種って仲悪いというかお互いライバル視していることが多いですよね。
どちらかでも見えないかなあとしばらく待っていると、オオルリ登場!昨日よりマシな所に止ってくれました。

a0035279_21095631.jpg


キビはというと真上の高い所で空抜けな上見えるのはお腹だけという厳しい状況で囀っているのを発見。こりゃ撮ってもしょうがないな。
さあ、それじゃ宿に戻って朝ごはんでも食べようかな、と歩き出すと、さっきのオオルリが目線の高さに止っているのを発見。
距離があったのですが、綺麗な背中の青が良く見えてちょっとラッキー

a0035279_21095854.jpg


これで朝撮りはほんとに終了。結局オオルリとキビがちょっと撮れただけだったけど、
ボウズじゃなかったしキョロロも聞けたからまあよかったかな。でもキョロロ撮りたかった~

ホテルに戻るとバイキングの朝ごはんをたっぷり頂いて9時にチェックアウト。

a0035279_00130879.jpg


さあ、それじゃ今日はダムカード集めに徹しますよ。


[PR]

by o-rat | 2018-06-13 08:32 | Comments(4)
2018年 06月 12日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング 1日目

a0035279_00154739.jpg
先週の金曜日から2泊3日で北のほうへ鳥ツーリングに行ってきました。
折から入梅したばかりの関東地方、天気予報は微妙でしたが東北道を北上するにつれ青空が広がってきました。
途中サービスエリアで休憩するとツバメが営巣中。SAもツバメを大事に見守ってくれてます。
a0035279_09205124.jpg

そしてSAで休憩するたびに何かを食すひーこさん。
a0035279_09205450.jpg



朝ごはん食べてきたのに・・・だいじょうぶかな?
a0035279_09205711.jpg



200km以上を走りきり高速を降りると今回まず第一の目標、去年の夏霧に閉ざされて
うわさの絶景とやらがほとんど見えなかった高原のハイウェイに向かいました。
今回は多少曇っていたものの高架橋もちゃんと見えてひーこさんも大喜び。
a0035279_09210007.jpg

さらに絶景浄土平は今回も雲の上。

a0035279_23583557.jpg

ここで一休み、いや~遠くまで来たなあって感じです。

a0035279_09273665.jpg



折角なので木道を歩いてみます。

a0035279_09273837.jpg



湿地帯にはワタスゲがいっぱい咲いていました。

a0035279_09290215.jpg



鳥はオオルリが遠くでないていたのと、イワツバメが上空を飛び回っているくらい。
そのイワツバメ、ビジターセンターで営巣していました。

a0035279_09292426.jpg



そのあともう一本、湖畔のハイウェイを乗り継いで今回の第一宿泊地に着いたのはお昼過ぎ。

a0035279_20461608.jpg



ハイライトの動画もまとめてみました。



お昼ごはんにはソースカツ丼をいただきました。お客が一人もいない大広間で頂いた割りに結構美味かったです。

a0035279_20461936.jpg


食後は本格的に鳥撮りに入りますが、キビにさえ苦労する始末。結構いい森なんですけどねえ。時期が悪いのかな?

a0035279_20462398.jpg


虫はイトトンボとか

a0035279_20462579.jpg


交尾中のトンボとかトンボばっか。

a0035279_20463197.jpg


もうちょっと鳥がいるかと思ってたのに残念。
でもひーこにセグロアオハバチを見せれたのはちょっと良かったかな。

a0035279_20462988.jpg


あとは沼めぐりをしてここは終了。

a0035279_20463673.jpg


a0035279_20462722.jpg


ここでホテルにチェックインするひーことは別れ独り鳥撮り開始。
RICKさんに教えてもらったとっても雰囲気のいいポイントへ行きました。

a0035279_20542355.jpg


しかしここではオオルリに翻弄され、何とか証拠写真が取れただけ。

a0035279_20542905.jpg


そのうち日も暮れてきたのでろくな成果の無いまま撤収となりました。
まあ明日の朝にかけましょう。

a0035279_20545067.jpg


ホテルは去年の夏と同じ宿でしたが、お部屋がなんだかすごく豪華!
カーテンめちゃ長!リビングとベッドルームが別々でもうスウィートっていっていいくらい。極楽じゃ~

a0035279_20545529.jpg


露天風呂で疲れを取ったあとはみんな大好きバイキング!
今回もいっぱい食べましたよ~

a0035279_20545982.jpg


そしてデザートもほぼコンプリート、ぐるじい~

a0035279_20552328.jpg


素敵な部屋に戻ると疲れ果てて、部屋の素敵さを楽しむ間もなく爆睡でした。


[PR]

by o-rat | 2018-06-12 21:04 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)
2018年 06月 05日

今週もコマ

この週末も2匹目のコマを狙ってとれたさんとこの前の場所に出撃。
いい天気に恵まれて先週より30分時間短縮して現地到着です。
a0035279_00030463.jpg
まずはビンズイが綺麗な声で出迎えてくれました。
a0035279_22304190.jpg
期待に胸を膨らませ、さわやかな草原がら森の中に分け入ります。
a0035279_00030938.jpg
が、そうそういい事が続くわけも無く、声はすれどもという厳しい状態が続きます。
しょうがないのでカワトンボでも一枚。
a0035279_22304476.jpg
そして待つこと3時間、やっとワンチャンス。
a0035279_22304702.jpg
ヒンカラは撮れなかったけど先週散々いい思いをしたからあんまり贅沢言っちゃいけませんね。
a0035279_22305189.jpg
今回はお昼にひーこと駐車場で合流する事になっていたため、とれたさんとはここでお別れ。
僕は撤収する事にします。残った彼はこの後かなりいい思いをしたようで・・・くやし~(><)

このときはそんな事はつゆ知らず、駐車場への道を急ぎます。
でも途中綺麗なヒオドシチョウに心奪われたり
a0035279_00030769.jpg
砂利道の上を飛び回るいろんな色のニワハンミョウ?を眺めたりしていたら結構ゆっくりペースになっていました。
a0035279_22305532.jpg
しかしニワハンミョウってのは個体差が激しいんですね。綺麗な緑のがいたかと思えば
こんな褐色のがいたり
a0035279_22305963.jpg
黒いのもいたりして、帰宅してから調べるまではみんな別種かと思っていました。
a0035279_22305728.jpg
結局待ち合わせ予定より1時間ほど遅れて駐車場に着いたのですが、
ひーこも相変わらずおしてたようで到着してアイスを食べ終わった所だったそうで良かった良かった(^^)

先週に引き続きお昼ごはんにお蕎麦をいただくと、食後の腹ごなしにちょっとキビポイントに寄らせてもらい、
今週は撮影成功!ここのところコマばっかり撮ってたのでなんだか新鮮。キビも綺麗だなあ・・・
a0035279_22310691.jpg
これですっかり心も満たされあとはのんびり帰路につきます。
川の流れを下って行き
a0035279_00031552.jpg
やがてその川が造ったと思われる遊水地で一休み。
a0035279_00031894.jpg
オオヨシキリをちょっと撮らせてもらったあとは
a0035279_22310826.jpg
久しぶりにダムカードゲット!
a0035279_21110670.jpg

あとはのんびり高速を流して無事帰宅となりました。

さて今度の週末はどうしようかな。








[PR]

by o-rat | 2018-06-05 21:12 | 野鳥 | Comments(6)