人気ブログランキング |

元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

<   2019年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2019年 06月 08日

恒例虫の日、ゼフィルス祭り


a0035279_00120042.jpg
毎年6月4日は虫の日と決めてゼフィルスを撮りに行っているのですが
今年は平日だったので出かけられないなあ、と思っていた所、昨日訳あって早朝に家を出なくてはいけないということになり、
そういうことならと急遽虫の日決行と相成りました。機材はEM-1Mk2にサンヨンです。
午前6時半、現地に着くと良く見えるところでガビチョウが囀っていました。
a0035279_21134249.jpg


普段は薮から薮へコソコソと移動していく印象のガビチョウですが早朝は大胆になるのでしょうか。

さて本命のゼフィルス、そろそろ出てきてるかなあ?と姿を探しますがまだ時間が早いのでしょうか?どこにも姿は見えません。
同じくゼフィルス狙いと思われるカメラマンの方達と情報交換をしてみるものの、まだ誰も見ていないそうです。
今年は発生が遅いのか、または不作なのかとのこと。

そんな中、まずツバメシジミを発見。地味ながら後翅のパッチの色がきれいでした。

a0035279_22413351.jpg


後はキリギリス系の幼虫(ちょっと苦手)とか

a0035279_21134228.jpg


アオイトトンボ?とか
a0035279_21134109.jpg


そんなのを撮りつつゴールデンタイム到来を待ち続けます。

そしてどれくらい経ったでしょうか、遠くで数名のカメラマンがシャッターを切り始めました。
おおっ、ついに出たかミドリシジミ!

大急ぎで駆けつけるとさっき会った人が手招きしてくれました。
おお~ミドリシジミじゃ!
a0035279_22413309.jpg


翅を開いておくれ~とドキドキしながらファインダーを覗き込んでいると・・・
開いた!
a0035279_21134204.jpg


残念ながらA型のメスでした(^^;

しかしメスが居るならオスがいないはずはないですよねえ、なんて皆さんと話しながら
さらに捜索を続けます。

おっ、テングチョウ!綺麗だなあ。
a0035279_21134151.jpg


なんて見とれている場合じゃありません。9時位にになったらゼフは木の上に上がっちゃうから
撮るのが難しくなるそうなのですが、時刻はもう8時過ぎ。時間がない~

とりあえず一帯をくまなく探し回ると再びミドリシジミ発見!またも翅を閉じています。
周りの人たちが「こりゃ開かないよ。ちょっと飛び移った時がチャンスだな」なんて言ってたら
言ってるそばからちょっと飛び移り・・・ほんとに開いた~~~オスじゃ~~~!
a0035279_21134197.jpg


いや、皆さんの言うとおりでした。虫屋さんすごい!

これでとりあえずミドリシジミのメタリックグリーンを拝む事ができました。
しかしほんとに今期は数が少ないですね。例年なら何匹もがキラキラと飛び回っているって言うのに。

ここでは後が続かず再び捜索を続ける事にします。草むらの中の細道を歩いて行くとオールドレンズをつけた虫屋のおとうさんに遭遇。
アオイトトンボが居るよ、と教えてくれました。おお、粉吹いてないやつは綺麗だなあ。
a0035279_21134279.jpg


なんとなくそのまま色々お話をしていると、「ほら、ミドリシジミ飛んできたよ」と教えてくれました。
ほんとだ!自分はいいから撮りなさい、というお言葉に甘えてカメラを構え
ファインダーを覗き込むと、ミドリシジミ少しづつ翅を広げ始めました。こいつもオスだ!
a0035279_22413307.jpg

そして全開!これまた美しい~
a0035279_21134273.jpg

いや~思わずファインダーから目を離して肉眼で凝視しちゃいました。ほんと綺麗だなあ。
おとうさんありがとうございます!

ミドリシジミはこれでもう大満足。
ホッとした所でアカスジカメムシも初めて見る事が出来ました。
もうちょっと大きいと思っていたのですが実物は1cmほど。
小さくて綺麗なのは好みのど真ん中です(^^)
a0035279_22413386.jpg

その後もしばらく粘ってみましたが、もうミドリシジミの気配もなくなったので
お父さんと別れて森の奥へ行ってみました。
ここで飛んできたのがこの時期良く見かけるビーロードハマキ。こいつも色鮮やかです。
a0035279_21140782.jpg

さあ、色々撮ったしそろそろ撤収しようかな。と思い歩いていくと道路際に池がありました。

ヤンマでも居ないかなと思い覗いてみると、池の真ん中を泳ぐ50cmほどの魚影、ライギョです。
その周りの水面がざわめいているのでなんだろうと思いレンズ越しに覗いてみると・・・
ライギョの幼魚の大群でした!親ライギョに付きまとうように泳いでいます。
ライギョの幼魚はしばらく親にお世話されると聞いていましたがほんとなんですね~
a0035279_21140775.jpg

なんかポニョの兄弟を思い出させるような姿でした。

こんなのまで見れてもう大満足、さあそれじゃほんとに撤収、とバイクに戻ろうとすると、横の草むらで白い影が動くのが目に入りました。
もしや!?と思い草むらを覗いてみると大当たり。こいつも見たかったゼフィルスの一種、ミズイロオナガでした。
白い翅裏の模様が綺麗な蝶ですが、表はパッとしないグレーなので裏が見られればOKです。
a0035279_21140642.jpg

こいつを撮影していると虫屋カメラマンと思われる方が歩いてきたのでミズイロオナガの場所を教えると
「こんなのは撮ったかい?」と赤と緑の綺麗なセイボウの仲間の画像を見せてくれました。
これが来ていたというヒメジョオンの場所も教えてくれたので、帰る前にもう一頑張りしてみるか、とそこへ向かいます。
ここかな?とそれらしき花の前で待っていると一人また一人とカメラマンが集まってきて、
さらにさっきのお父さんも加わりみんなで主役の登場を待つことになりました。

待っている間にも色々な虫がやってきます。羽を広げてとまるのが特徴のダイミョウセセリ。
a0035279_21140711.jpg

イチモンジチョウはタッチアンドゴーで中々じっくり撮らせてくれません。
a0035279_21140652.jpg

ベニシジミは小さいくせに気が強く、やってきたキアゲハを追い払ってしまいました。
a0035279_21140665.jpg

本命じゃないハチをプロキャプチャーで試し撮り。黄色い顔が中々綺麗です。
a0035279_21140617.jpg

小さいハチのような毛むくじゃらの甲虫、何だろうと調べてみたらヒメトラハナムグリと言うやつでした。
a0035279_21145567.jpg

プーンと飛んできたのはクロトラカミキリかな?ちっちゃくて良く見ないとカミキリとは気づきませんね。
a0035279_21140689.jpg

そしてついに赤とメタリックグリーンのが!と思ったらマメコガネでした(^^;
a0035279_21145418.jpg


30度超えの炎天下の中、昨日出たという14時半まで粘ってみましたが、いい加減ヘロヘロになってしまったので
諦める事にして皆さん撤収。お父さんと一緒に駐車場まで歩き、お礼を言って分かれた後トイレを済ませバイクのところへ行こうとすると
お父さんが手招きしています。どうしたのか聞くとウラナミアカシジミが居るとのこと。
さっき見たいなあって言ってたのを覚えてくれていたみたいです、ありがとうございますっ!

と言う訳でこいつもゼフィルスの一種ウラナミアカシジミです。
a0035279_21145551.jpg

これでゼフィルス3種ゲット、一度に3種はとっても嬉しいです(^^)
a0035279_21145570.jpg

さあ、虫は堪能したし田んぼでも覗いてから帰ろうかな。とちょい移動。
現地に着くと、いきなりキジが3羽佇んでいました。
a0035279_21145548.jpg


しかしいっぱい聞こえてくるはずのオオヨシキリの声は少なめで。
最後にホバるチョウゲンボウを撮ってこの日は終了。ああ、もう16時過ぎだ・・・
a0035279_21145586.jpg


午後から仕事しようと思っていたのに結局ガッツリ1日休んじゃったな(^^;
でもまあこれからしばらくお休み無しだからこれくらい許されるでしょ。

次に遊びに行けるのは6月後半ですよ~





by o-rat | 2019-06-08 00:09 | 虫撮り | Comments(2)
2019年 06月 04日

キビタキ遠征!

ここの所コマドリにかまけていて今期はまだまともに撮っていなかったキビタキ。
そんなキビタキに会いに、この週末は1泊でちょっと鳥遠征に行ってきました。
とはいえスタートが昼前になってしまったので現地についたのは午後でした。


お天気は上々、いつ来ても気持ちのいい場所です。

そして肝心のキビタキ、まずは会うことが出来ました(^^)
a0035279_23522988.jpg


まだ若い個体でしたが良い声でたっぷりさえずりを聞かせてくれます。幸せ~

a0035279_23522902.jpg


他にはビンズイ
a0035279_23522978.jpg


ウグイスなどを見ることができました。
a0035279_23522838.jpg


しかしひーこさんがこの後牧場のソフトクリームを食べたいというので30分位撮っただけで撤収。
また明日も来るから待ってておくれ~
a0035279_23522999.jpg

と言う訳で一度山を降りて反対側の山の上にある牧場まで1時間ほどのツーリング。
途中天気が悪くなってきて、標高1500mの牧場に着く頃にはすっかり冷え切ってしまい、
凍えながらソフトクリームを頂きました(^^;時折雲の切れ間から差し込む日差しがありがたかった~
a0035279_23585704.jpg


さすが牧場、バイクの前を馬が歩いていきました。
a0035279_23585759.jpg


後は宿に入ってお風呂で温まり、美味しい晩御飯をいっぱい食べた後、
食後のスウィーツ食べ放題に大興奮して頑張ってしまいぐるじくて死にそうになり、そのまま気絶。
a0035279_00071693.jpg


翌朝は早起きして宿の近くのポイントでキビタキ探しをしました。
この朝もいい天気。
a0035279_00164503.jpg

こちらでもキビタキは結構サービス良かったです。
a0035279_00073038.jpg

ここは黒々したオスと若いオスが睨みを効かせ合っていて、
バトルに勢いあまってすぐそばに止まってくれる事も。
a0035279_00073054.jpg

目線の高さで飛びまわることも多かったので、グリーンバックのを色々撮る事ができました。
a0035279_00072933.jpg

やっぱキビタキは綺麗だなあ・・
a0035279_00073088.jpg

この後一度部屋に戻って朝ごはんを食べると早めに宿をチェックアウト。
再び昨日の山へ向かいます。
しかしこの頃になると曇り空が広がり始めました。まあ雨は降らなそうなので我慢しましょ。
a0035279_00164627.jpg
現地に着きバイクを停めると早速キビの囀りが聞こえてきました。
声のほうを探すと新緑の中に鮮やかな山吹色が浮かび上がっています。綺麗だ~
a0035279_00133720.jpg
近くにもう一羽若オス登場。なんかいたるところにキビタキって感じですね。
a0035279_00073011.jpg
足元の草むらから何か緑の虫がが飛び出しました。降りたところに見に行ってみると
羽化し立てのエゾハルゼミでした。これも綺麗な色してます。
a0035279_00164716.jpg

それじゃ遊歩道を歩いてみましょう。
森の中に入るとまずはニュウナイスズメが登場。
動き回るのであんまりきれいには撮れませんでしたが
とりあえず一種追加ってことで。
a0035279_00133838.jpg

そしてここでもキビタキの囀りが聞こえてきました。黒くなりきっていない
若いオスが多いですね。
a0035279_00133899.jpg

それでもやっぱキビはきれいだ~
a0035279_00133837.jpg

キビを満喫したら森を抜け草原地帯の木道へ。
ここではノビタキが出迎えてくれました。
a0035279_00133959.jpg

はるか彼方の潅木の上ではホオアカが囀っていました。
a0035279_00133902.jpg

そして再びノビタキ、こちらもいい声で囀っています。
a0035279_00133800.jpg

草原地帯を抜けると木道は再び森の中へ
a0035279_00164658.jpg

森の中を流れる川の周りは新緑に彩られています。晴れてたらもっと綺麗だったろうなあ。
a0035279_00164764.jpg

木道と木道の隙間ではヒガラが一生懸命巣材を集めていました。
a0035279_00164527.jpg

キビの声もそこここで聞こえてはきますが、ちょっと遠かったり茂った葉っぱの中に居たりで姿を見つけるまでにはいたりません。
目的地と決めていた池のところまで来た所で、これからのツーリングもあるので引き返す事にします。

帰り道は気温が上がってきたせいか、森の中はエゾハルゼミの声で溢れて
キビタキの声が聞こえなくなってしまいました。
その代わり元気のいい声でチョチョビーと囀っていたセンダイムシクイに見送られ、鳥撮り終了。
a0035279_00133900.jpg

バイクのところに戻るとリアボックスの上にスターウォーズっぽい虫が・・・
a0035279_00164522.jpg
スカシシリアゲモドキというののメスらしいです。

こんな感じでキビタキ遠征は終了
a0035279_00133777.jpg

この後はワインディングの峠道を超え、高原の風景の中を走ってとツーリングを楽しんでから高速に乗って無事帰宅。
500kmちょっと走りましたが、その割に鳥撮り時間は短かったかな。
もうちょっとドップリ鳥撮りに浸りたかったですが、
まあ目的のキビにはいっぱい会えたから良しとしましょう。

さあ、これから6月後半まではお休みなしです。その後の狙いはサンコウチョウくらいですかねえ。





by o-rat | 2019-06-04 09:41 | 野鳥 | Comments(0)