人気ブログランキング |

元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2019年 07月 14日

タビン最後の一撃

タビンでの最後の鳥撮りミッションを終えてリゾートに戻ると11時くらいでした。
カフェエリアに行き100plusで一息入れます。
この後片付けをしてシャワーを浴び、ここを出発するのは午後1時半。
a0035279_22302875.jpg
ホッとしつつもあたりの生き物を探していると、おおっ、トラフタテハが飛んできました!
めちゃくちゃ綺麗な色してるなあ・・・今まで何度かみていますがこんな鮮やかな色のやつは初めてです。
a0035279_22282599.jpg
これで蝶撮り熱が再燃してしまい一度機材を部屋に置きに行ってからオリンパスセットだけ持って最後の蝶探しに出動。
まずはリゾートを流れる河原に下りてみます。
a0035279_00301975.jpg
ここを飛び回っていたのは綺麗なカワトンボ。
a0035279_22282423.jpg
後ろの翅のメタリックブルーが綺麗だったのでプロキャプチャーで飛ぶところを
狙ってみましたが、まだまだ修行が足りません(^^;
a0035279_22282498.jpg
その後、いつものルートを歩いていくと、今日もトンボが産卵中。
メスは地味ですが、オスは赤い上にコバルトブルーの顔で中々きれい。
a0035279_22282549.jpg
ただ今日は蝶はあまりいないみたい。唯一見れたのがとってもかっこいい蛾。
何かの紋章みたいです。
a0035279_22282484.jpg
その代わり鳥は色々出てきてくれました。
まずはセキュリティーゲートの手前でアカハシゴジュウカラ。
すごく珍しいのかと思っていたけどなんだかんだで毎日見ましたね。
a0035279_22282674.jpg

セキュリティーゲートの先まで行って見ると、道路をイタチのような動物が横切りました。
なんだか凶暴そうな顔に見えたけれど尻尾がフサフサしているからリスの仲間かな?
a0035279_22294663.jpg
ここで引き返し、リゾート前の道へ入ってすぐクリムネバンケンモドキが現れました!
いつも木の中をモニョモニョと動き回り抜けた所に出てきてくれない鳥っていうイメージだったのですが
今回は全身をはっきりと見せてくれました。尾羽の裏の模様が綺麗ですねえ。
a0035279_22282620.jpg
そういえばここらへんは初日のナイトドライブの帰り、マレーヒメアオヒタキが寝てたところだなあ
なんて思いつつ薮の中をチェックしていると、黒っぽい鳥が動いているのが目に留まりました。
逆光でよく色が分からなかったのですが、ファインダーに入れてみるとまさにマレーヒメアオヒタキ!
喉が青いからオスですね。何とか背景を入れて証拠写真ゲット!
a0035279_22294510.jpg
よく見るともう一羽それらしき小鳥がいます。
警戒されないようにじっとしていると、近くまでやってきてくれました。
こちらもマレーヒメアオヒタキのメスです。
マレーーヒメアオヒタキはメスも綺麗な色してるんですねえ。
a0035279_22282467.jpg
最後に青い鳥が見れてなんだか得した気分です。
さあ、そろそろ部屋に戻って片付けをしなくては。
しかし中々思うとおりに行かないのが人生?

部屋に向かう途中で、同じオリンパス使いと言う事で仲良くなったドイツ人のアクセルさんに遭遇。
サンヨンを使ってみたいと言うのでアクセルさんの使っていたパナの100-400mmと交換し
テナガザルやカンムリワシ相手に試写会となりました。
a0035279_22282551.jpg
a0035279_22282507.jpg
確かに遠くの解像力はサンヨンの圧勝だと思いました。
手振れ防止の段数も違いますしね。


そんなこんなですっかり時間ぎりぎりになってしまい、大慌てで荷物を片付けてレセプションへ。
そして最後にモーさんと記念撮影。
a0035279_00422140.jpg
ほんと4日間色々ありがとう!すっごく楽しかったです!

こうしてタビンでの日々は終了。
ラハダトゥの空港に向かったのでした。


# by o-rat | 2019-07-14 10:36 | 2019ボルネオ | Comments(0)
2019年 07月 10日

最後の朝はカワリサンコウチョウ!

いよいよタビン最終日の朝になってしまいました。
朝一の日課はホテルのウッドデッキでアオムネカワセミのチェック。今日もいませんねえ。
a0035279_22085951.jpg
さてこの朝ですが、色々目標も達成できたので(ホントはクロアカヤイロチョウも心残りではありましたが)
昨日イマイチきっちり撮れていないカワリサンコウチョウを目指す事にします。それではしゅっぱーつ!

リゾートを後にすると昨日アオヒゲショウビンを撮った方に進みます。
a0035279_22085961.jpg
鳥エリアに入るとまずはシラガシキチョウが路上に出現。
a0035279_06330857.jpg
その先では葉っぱ被りでしたがカザリオウチュウが雛に給餌をしていました。
a0035279_06330861.jpg
空抜けの木の上にはガマヒロハシが止まっています。
a0035279_06330837.jpg
昨日アオヒゲショウビンがいた辺りでモーさんが車を停めました。
そしていつものごとくレーザーポインターで指すほうを見てみると、キヌバネドリが止まっていました。
残念ながらメスですがズグロキヌバネドリとのこと。これは初見です。オスならなお幸せだったのですが・・・
a0035279_06330808.jpg

そして橋を渡ると昨日のカワリサンコウチョウポイントへ到着。
しかし今日はサンコウチョウの気配はなし。

そこでもう少し先へ行ってみることにします。
橋を過ぎ10分ほど走ったでしょうか。
道路沿いの木の中に不自然なほど真っ赤なワンポイントが。あれはキヌバネドリに違いない。
とレンズを向けシャッターを切ったとたんに飛ばれてしまいましたがコシアカキヌバネドリでした。
a0035279_06330886.jpg
あ~あ、ちゃんと撮れなかったなあ、なんてちょっとがっかりしていると、ちょっと先から「ホイホイホイホイホイホイ」の声!
本命来たか!と緊張しつつ息を殺していると・・・キタ~~~!

白いヒラヒラが車のすぐ横に飛んできました!カワリサンコウチョウです!
a0035279_06330716.jpg
その後はあっちでホイホイホイホイホイホイホイホイ
a0035279_06330713.jpg
こっちでホイホイホイホイホイホイホイホイホイ、とたっぷり撮影させてくれました。
そう、カワリサンコウチョウは日本のサンコウチョウよりホイホイが長いのです。

これで最後の目標もクリア。タビンでの撮影もほぼ終了しました。
a0035279_22085957.jpg
さあ、それじゃ宿に戻りましょうかね。

途中昨日のアオヒゲショウビンポイントでモーさんが他のガイドさんが分かるよう
目印作りをするためちょっと休憩。でも今日は声聞こえないし、もういなくなっちゃったかな。
ちなみにモーさんが持っているのは野生のショウガ、象の大好物なんだそうです。
a0035279_22085978.jpg

今日の帰りがけの駄賃はクロサイチョウのメス
a0035279_06330720.jpg
そしてコシラヒゲカンムリアマツバメでした。これでカンムリアマツバメ2種ゲット!
a0035279_06330708.jpg
この後は出発まで少し時間が有るので宿の周りで蝶でも狙ってみようかな。





# by o-rat | 2019-07-10 23:28 | 2019ボルネオ | Comments(0)
2019年 07月 04日

ナイトサファリは猫だらけ

この日の晩御飯はエビのフリッターと鶏の焼いたのと卵焼き。
ここの鶏は骨ごとぶつ切りにしてあるので勢い込んで食べちゃうと口の中が骨だらけになってしまうので要注意。
これに比べたら日本の鶏肉は温室育ちって感じですねえ。
a0035279_09511734.jpg
これからナイトサファリが控えているので量はほどほどにしておきました。
食後、一休みしたらいよいよ緊張のナイトサファリスタート!
モーさん、今晩こそはガマグチヨタカゲットを目指しているようでその目は真剣です。
僕的には「今日はお腹大丈夫かな。昼間結構飲んじゃったけど晩は控えたから大丈夫かな・・・」
と、期待感より不安が勝る感じで出発!

いつものセキュリティーゲート右側の道を走り始めますが、今夜は霧が濃いみたい。
そんな霧を眺めつつモーさんに「ナイトドライブでお化けとか見たことある?」
と聞くと何度かある!と熱心に体験談を披露してくれ、ちょっとナイトドライブ怖くなっちゃいました。
こんなとこで聞かなきゃ良かったよ~
一番怖かったのは霧の中に白い服を着た女の人が立ってたってやつ。
でも他のは日本のとは大分赴きが違うようで、所変わればってやつですかね。

そんな感じで進んでいくと少しづつきりが晴れてきました。
そしてベンガルヤマネコが登場!ニョロニョロと歩いていましたが
いい所で立ち止まり振り返ってくれて、今回初めてまともに撮れたかも!
a0035279_21551538.jpg
さらに進むと今度はモーさんジャコウネコを見つけてくれました!
パームシベットというやつらしいです。
a0035279_21551532.jpg
いつもはすぐ隠れてしまうジャコウネコですが今夜は大胆。
木の実を食べつつ割と開けた所でマッタリしてくれていました。
ロクヨンじゃちょっと近すぎかも。
a0035279_21551561.jpg
ジャコウネコを眺めていると茹でたトウモロコシのような香りが
漂い始めました。モーさんによるとこれがジャコウの香りなんだとか。
へ~もうちょっときついにおいかと思ってたけど割とマイルドですね。
a0035279_21551596.jpg
ともあれ最終夜にジャコウネコを堪能できて良かったです。

しかし残念ながらガマグチヨタカは出てきません。
何箇所かポイントはあるようなのですが、コールバックへのレスポンスはなし。

結局折り返し地点まで来てもガマグチヨタカは現れませんでした。
さあ、ここからが勝負、果たしてお腹は持つか!?

しかし帰り道はヤマネコだらけでそんな事気にしてる暇がありません。
ちょっと動いてヤマネコ、またちょっと行くとヤマネコと、この晩は計7匹のベンガルヤマネコが出てきてくれました。
その中でも愛想が良かったのがこの子。
a0035279_21551481.jpg
しばらくここでじっとしていてくれた挙句、顔洗いから欠伸までたっぷりサービスしてくれました。
a0035279_21551473.jpg
その後ニョロニョロとした動きでプランテーションの林の中に歩いてゆきました。
a0035279_21551438.jpg
そして最後のお土産にマレーウオミミズクも登場。
a0035279_21551552.jpg
と言うわけで今回は何事もなく無事リゾート到着。
いや~盛り沢山で楽しかった~

部屋に戻るとまた違う種類のカマキリが窓枠に止まっていました。
この調子でカレハカマキリあたりにも来て欲しかったな。
a0035279_21551436.jpg
さあ、明日の朝は最後の鳥撮りです。果たして何を狙っていくでしょうか。











# by o-rat | 2019-07-04 23:03 | 2019ボルネオ | Comments(0)
2019年 07月 03日

アオヒゲショウビンとの遭遇

さて午後の部スタートです。幸いこの日は雨も降らず、
午前中と同じ条件でアオヒゲショウビンを狙えるのではないかと期待していざ出発。
今朝と同じ道を通り奥地に分け入ってゆきます。
a0035279_09511739.jpg

そしてまず登場したのはカンムリアマツバメ。かなり遠かったので
どこにいるか判らず、モーさんのレーザーポインターを頼りに何とか確認できました。
コシラヒゲじゃないカンムリアマツバメは初めてです。
a0035279_09514899.jpg

よく見るとそこらへんをプンプンと飛び回っていたのでオリでトビモノチャレンジ。
でも曇り空の空抜けじゃどうににもなりませんねえ。
a0035279_22134284.jpg

次にでてきたのはおなじみウォーレスクマタカ。
でも心はアオヒゲショウビン、気が急きます(^^;
a0035279_09514843.jpg

そんな気持ちを知ってか知らずかクロサイチョウのお爺さんもでてきてくれました。
a0035279_09514834.jpg

そしてさらにムネアカハチクイが出るというポイントで気配を覗うことしばし。
しかし現れないようなのでとっととアオヒゲポイントへ急ぎましょうよ、モーさん~

そんなはやる気持ちいっぱいで到着したアオヒゲポイント。おお~まだ鳴いてるぞ~!
と言うわけでコールバック&捜索開始。
でも距離感的には朝とそんなに変わんないんだよな。ほんとに見られるところに出て来てくらるのかねえ。
でも昨日のズアオヤイロチョウの件もあります。モーさん信じないと!


しかしそれから1時間、全く状況に変化なし。
こりゃ駄目かねえ。と諦め気分が僕を支配し始めます。
そんな時アカハシゴジュウカラが目の前に下りてきてくれました。
a0035279_09233632.jpg

初日よりしっかり撮れたし、まあ最悪これだけでも良いっていや良いかな。
なんて思っていると、モーさんに緊張が走りました!

道路際の木の中を覗き込むと僕を手招きします!
もしかしてアオヒゲショウビン!?
でも声はもっと遠くから聞こえてるよなあ。じゃあなにがいるんだろ?

半信半疑ながらそーっとモーさんの横に移動します。
モーさん、レーザーポインターで森の一角を指し示しました。
葉っぱに囲まれトンネル状になったその先に目をやると・・・

おおっ!いるじゃん!
そっとカメラを掴みレンズを向けると、奇跡的に一発でファインダーの中にアオヒゲショウビンの姿が浮び上がりました!
興奮を抑え、ブレない様に慎重にシャッターを切り続け・・・
やった~!アオヒゲショウビンゲット!
a0035279_23041402.jpg
そして10秒くらいが経ったでしょうか。
アオヒゲショウビンは音もなく森の中に飛び去りました。

いや~本当に出てきてくれるとは。幸せじゃ~~
モーさんもほんとよく見つけてくれました。モーさんすごい!

こうして1日かけて捜し求めたアオヒゲショウビンにも会うことが出来ました。
アオヒゲショウビンはこれが二回目なのですが、前回はKNCの名ガイド、故Mr.Yotinに薮の中につれて行かれ、三脚をここに置け!と言われ、カメラのファインダーに入れてもらい、肉眼じゃどこだか良く分からないかなり遠くのやつに対して」シャッターを切っただけ、だったのでイマイチ撮った感が乏しかったのです。

しかし今回は視認して自分でファインダーに入れ、さらにかなりの近距離で撮影できたので撮った感もいっぱいで大満足。
しつこいようですがモーさん本当にありがとう~~~

興奮冷めやらぬなか、視界の端に飛び込んできた鳥の影。
そのあたりを見てみるとクロエリヒタキが営巣中でした。
a0035279_09233566.jpg
と、後半になって急に充実してくれた午後の鳥撮り、晴れて目標も達成できたので
軽やかな気分で宿に戻る事にしました。帰りがけの駄賃に道路を歩くオオトカゲ、
a0035279_09511771.jpg
そしてちょっと遠かったですが今回7種類目のサイチョウ、
シワコブサイチョウも見ることが出来、大満足の午後ドライブとなりました。
a0035279_09514810.jpg
宿に戻る頃には日も暮れてきました
a0035279_09511738.jpg
さあ、今日も恐怖のナイトドライブが待っています。
お腹痛くなったらたならないのでここは節制しとかなきゃ、
と思いつつ、アオヒゲショウビンに会えたのを祝して
ついついカフェスペースで乾杯してしまいました。
a0035279_09511760.jpg

う~ん、うんめ~~。一仕事の後の一杯はなおさらですなあ
美味いモンはしょうがない!後はなるようになれ~ってやつです(^^;

日々スケジュールに追われて忘れていましたが、ここも今晩が最後でした。
なんとも良いところだったなあ。
a0035279_09511744.jpg
なんて感慨に浸る前に、まずはナイトドライブを乗り越えなければ!


# by o-rat | 2019-07-03 23:16 | 2019ボルネオ | Comments(0)
2019年 07月 01日

午後の蝶取り3日目

午前中のミッションを終えてリゾートに戻ってきたのが11時半。
長い階段を登って部屋に戻るのもしんどいので、川沿いのオッターズデッキに行き100プラスで一息入れることにします。
a0035279_23280340.jpg
近くに生えている赤い花にはナガサキアゲハがやって来ます。なんかリゾートっぽいな~
a0035279_23273638.jpg
川を眺めながらマッタリしていたら昼ごはんの時間になりました。
今日もメニューは肉と魚、魚はマグロっぽくて美味しかったです。
a0035279_23280362.jpg
後は恒例となりつつある蝶探し。レセプションから歩き出すとまずはイワサキタテハモドキ?ちょっとボロでした。
a0035279_23273615.jpg
こちらもボロのリュウキュウムラサキ?
a0035279_23273711.jpg
今日はアオスソビキアゲハも吸水に来ていました。
a0035279_23280209.jpg
折角なのでプロキャプチャーで飛翔を狙ってみました。
a0035279_23273658.jpg
まるで天女のよう。また透けた前翅がすばらしいです。

同じく吸水に来ていたチャイロイチモンジ
a0035279_23273580.jpg
水溜まりの周りには赤いイトトンボ、名前は不明です。
a0035279_23273559.jpg
こちらはアルベッキウラベニヒョウモンかな?
a0035279_23273652.jpg
一昨日のツメアシフタオシジミかと思ったらちょっと模様が違うこのシジミ、スソビキシジミの仲間でしょうか?
a0035279_23273527.jpg
蝶は良く分からないので名前を調べつつやっておりますが間違っていたら教えてくださいね。

と、珍しく雨の気配のないまま一通り撮り終えた後は汗だくになってしまったので部屋に戻りタイガーを一杯。
今日はナイトドライブもあるから控えるべきなんでしょうが、美味いモンは仕方ない!ってことで(^^;
a0035279_23280391.jpg
午後は15時半スタートでアオヒゲショウビン大捜索です!








# by o-rat | 2019-07-01 22:46 | 2019ボルネオ | Comments(6)