元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ
2018年 09月 25日

初秋の高原ノビタキ


三連休中日はRICKさんたちと高原へ。
目標の鳥とは出会えなかったものの
その代わり冬羽に移行中のノビタキがいっぱい遊んでくれました。
a0035279_21221871.jpg
高原は一部で紅葉も始まり秋の雰囲気が濃くなってきていました。
a0035279_19444140.jpg
そんな中で見るノビタキもまた夏と違っていい雰囲気です。
オスはまだ顔が黒くって夏の面影が残ってますね。
a0035279_21221857.jpg


メスは冬羽もあんまりかわりません。

a0035279_21221797.jpg


2羽並びもしばしば。これから群れになって南に渡っていくんでしょうね

a0035279_21221653.jpg


湿地の上をオニヤンマがたくさん飛び回っていました。

a0035279_21221759.jpg


背後の潅木林の中をちょこまかと動いていたのは山から降りてきたメボソムシクイかな?

a0035279_21221721.jpg


さらにそこにノビタキも入り込んでいました。

a0035279_21221745.jpg


おかげで幹止まりのノビタキなんかも撮れたりして。
普段こんな所には止らないからなんか別の種の鳥みたいです(^^;

a0035279_21221703.jpg
そうこうしているうちにお昼になりました。
いつものように後から家を出たひーこが合流する予定なのでそろそろ撤収することにします。
帰りがけの駄賃にホバるノスリに遭遇。でも空気の揺らぎが激しくてイマイチ解像せず。
a0035279_21221796.jpg
と、こんな感じの鳥撮り、目的の鳥には会えなかったけれど、天気も良くて気持ちよかった~
a0035279_19444182.jpg
ひーこさんと合流後はみんなで昼ごはん。色のまんま、めちゃ濃い口のお蕎麦でした(^^;
a0035279_19444151.jpg
食後はRICKさんたちとは解散してひーこと二人、グーグルさんの思し召すままに
山の中の秘境ツーリングをしつつ無事帰ってまいりました。
a0035279_19444145.jpg








[PR]

# by o-rat | 2018-09-25 19:51 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 09月 23日

地元でホイホイ

9月の3連休後半初日は生憎の雨模様でスタート。
でもどんな夏鳥たちが通過しているかと思うとじっとしていられず
合羽を着ていつもの公園へ出撃。

びしょ濡れになりがら鳥を探して歩いて行くとシジュウカラの群れに遭遇。
と、その中にひときわ大きな黒い鳥が混じっていました。
おお!あれはホイホイことサンコウチョウ!
a0035279_04195073.jpg
まだアイリングも嘴も黒い若鳥でしたがホイホイはホイホイ、やった~

a0035279_04195118.jpg

この混群のなかには他にもキビタキのメス
a0035279_04195140.jpg
センダイムシクイなんかも混じっていました。
a0035279_04195172.jpg
雨の中出てきて良かったです(^^)

そうこうしているうちに天気は急転、雨も止み日が差してきました。
するとやぶ蚊の猛攻が始まりました。かゆい~

それを我慢して水辺を歩いていると若いカワセミ登場。この冬も楽しませてくれるかな?
a0035279_04290066.jpg
後はコサメビタキとかエゾビタキ、キビタキのオスなんかがいれば最高なんだけどなあ
と思いながら鳥を探していると再びサンコウチョウが登場。
a0035279_04194976.jpg
さっきと同じやつみたいです。
a0035279_04195012.jpg
なかなか良いところに出てきてはくれるんですが、やっぱりアイリングの色がないと地味だなあ。
a0035279_04195042.jpg
するとそこにもう1羽、別のサンコウチョウが現れました。こちらはアイリングと嘴にわずかに色がついています。
a0035279_04195099.jpg
成鳥メスってほどじゃないかな。今年生まれのオスの若でしょうか。
a0035279_04195014.jpg
色の薄い若とは兄弟なのかな?
2羽で追いかけっこをしていてたっぷり楽しませてもらいました。
a0035279_04195032.jpg
結局夕方までサンコウチョウに遊んでもらいこの日は終了。
思いがけず地元でホイホイ祭りとなったのでした。

[PR]

# by o-rat | 2018-09-23 04:57 | 野鳥 | Comments(0)
2018年 09月 17日

そろそろシーズン 秋の渡り

9月最初の3連休でしたが土曜日はお天気イマイチだったのでおとなしくしておいて、
日曜日にツーリングがてらタカの渡りを見に行ってきました。
家を出るときはドンヨリしていた空も、現地につくころには大分晴れ間が広がっていました。
a0035279_22110823.jpg

しかし本命サシバは遠くの稜線の上を数羽が飛んでいただけ。
a0035279_20523387.jpg


滑降してきたのはなんだ!?
a0035279_20514813.jpg



と思ったらそのまま木のうえに降り立ちました。正体はノスリで微妙(^^;
ハチクマとかが良かったなあ・・・
a0035279_20514729.jpg



以降は大した動きがも無かったので、鳥のほうは切り上げて後は走りに徹することにします。ユルユルとね。
しかし山を降りたところで真上にサシバ登場!結構近いです。
ロクヨンを出す暇が無かったのでダミータンクに入れておいたサンヨンとD850で撮影。

a0035279_21341582.jpg


曇り空の逆光でイマイチですが、山の上から見るよりはましでした。
そのあといい感じの道の駅が会ったので、ここで早めの昼ごはん。

a0035279_21184858.jpg


ここの裏の庭園がまたなかなかいい感じ。小さな流れがあって、その周りをミヤマアカネや

a0035279_21354980.jpg


マイコアカネが飛び回っていたので少々虫撮りモード。

a0035279_21354921.jpg


食後は再び山の中にはいり、クルクルと舗装林道を走り回って奥武蔵の山を堪能、
a0035279_21185320.jpg


早めに帰路についたので、帰り道も渋滞知らず。暑さも和らいできて大分楽なツーリングとなりました。


そして本日はKで秋の渡り鳥探し。
森の中ではサンコウチョウの若が飛び回っていましたが
動きも早いし遠いしでまともに撮れず。

その代わりキビタキに遭遇。
a0035279_20514786.jpg


おお~!オスもいます
a0035279_20514728.jpg


木の向こうだったけどおなかの黄色も見せてくれてました。
a0035279_20514750.jpg


これくらいですが、まあシーズンはじめとしては上々かな。
その後は久々にカワセミに会いに行きました。
a0035279_20514739.jpg


久しぶりに見るカワセミはやっぱ綺麗です。まだ若いメスのようですが
これから寒くなってくるとどんどん綺麗になってくるんでしょうね。
a0035279_20514844.jpg


でっかいハゼも食べていました。
a0035279_20514802.jpg
やがて夕方になると雨が降ってきたで、それを機にこの日は終了。
秋の渡り鳥はこれからが本番でしょう。来週も楽しみだ~


[PR]

# by o-rat | 2018-09-17 22:17 | 野鳥 | Comments(6)
2018年 09月 11日

オオセイボウと渡り少々

週末はあまり時間も無く先週に引き続きオオセイボウにチャレンジ。

a0035279_21525449.jpg


晴れていた分この前よりはまともに撮れたけど
やっぱ遠くてイマイチといえばイマイチ

a0035279_21530927.jpg


今週もピンクと青でケバケバでした。


a0035279_21531388.jpg

後はウチワヤンマがいっぱいいました。時期的なものなのかな?
a0035279_21525791.jpg

ムラサキツバメもいたけれど紫色があんまり綺麗じゃありませんでした。夏型なのかな?
a0035279_21524845.jpg

鳥はといえばはるか遠くにコ?サメビタキ
a0035279_21530262.jpg

後は至近でセンダイムシクイ。これが今週一番の成果かな。
a0035279_21530174.jpg

仕事も一段落しそうなので今度の週末からはガンガン撮るぞ~!

[PR]

# by o-rat | 2018-09-11 22:00 | 野鳥 | Comments(2)
2018年 09月 06日

2018奄美遠征6 嵐の前の朝撮り

いよいよ台風突入当日。前夜はかなり嵐っぽかったのですが、台風とはいえ折角の奄美滞在です。
のんびり朝寝なんてしていられません。この日も早起きしていつもの森へ向かいます。

お天気のほうは小康状態。雲の流れはすごく速いし風もかなり強いですが所々晴間も見えたりして雨は降っていません。
果たしてどれくらい持ってくれるかな。

a0035279_23094666.jpg


森に着くと雲間から朝日が一瞬顔を出しました。

a0035279_23094520.jpg


もしかして台風もう通り過ぎたのかな?なんて思ってしまいましたが、あたりはすぐに雲に覆われて薄暗くなってしまいました。
さて今日はイシカワガエルどうかな?といつもの洞を覗きますが今日も不在のようです。どこ行っちゃったんでしょうねえ。

風が強くて木がざわめき鳥の声も聞き撮りづらいですが、
それに負けない鋭い声でキョッ キョッと鳴きながらオーストンオオアカゲラがやってきました。

a0035279_23100733.jpg


しばらくすると雨がぱらついてきたので池のほとりにあるあづまやへ避難して
シリケンイモリなど眺めつつ雨宿り。

a0035279_23100645.jpg


と、ちょっと遠目の木の枝に赤い鳥が飛来!リュウキュウアカショウビンじゃないですか!
一昨日はまともに撮れなかったのですが、この嵐が警戒心を緩めてくれたのでしょうか。
しばらくそこに佇んでいたのでシャッター切まくり。

a0035279_23100728.jpg


よっしゃ~アカショウビンゲット!これだけでも台風の中出かけてきた甲斐がありました(^^)
やがてアカショウビンは去り、雨も止んできたのでアカヒゲの様子を見に行ってみると、今日もパパが元気に跳ねていました。

a0035279_23100700.jpg


でも雛たちの姿は見えません。嵐に怯えて薮の中に隠れているのか、それとももう親離れしちゃったのかな?
アカショウビン、アカヒゲ、オーストンオオアカゲラと撮れて、残る課題はルリカケス。
声は時々聞こえるんだけど何とかならないかな。

と思っていたら森の管理人のお兄さん登場。朴訥な感じの好青年で、しばらくお話をしていると
ここの所ルリカケスがよく見られている場所を教えてくれました。

朝食の時間を考えるともうあまり長居も出来なかったのですがワンチャンスを狙ってそこへ行ってみます。

するとゲェーという声が聞こえてきました。ルリカケスいるみたい!
声のするあたりをじっと見ていると一瞬ルリカケスが抜けている枝に止ってくれました!
とりあえずファインダーに入れてシャッターを切りますが顔が黒いな・・・

a0035279_23100627.jpg


まだ若いやつのようです。でも一応ルリカケスはルリカケスだから良しとしましょう。

このあと木の表面をかじってしばらく何かを探していましたが、
遠くから聞こえてきたもう一羽の声に答えるように森の奥へ飛んでいってしまいました。

a0035279_23100691.jpg


さあ、それじゃそろそろ撤収だ。と車のところまで戻るや否や大雨が降り始め、後は宿まで暴風雨の中のドライブとなりました。
a0035279_23094683.jpg

これじゃ一日何も出来そうもありませんが、朝撮りの間だけでも天気が持ってくれて良かったです。
さあ、それじゃのんびりたっぷり朝ごはんを頂きましょう!
a0035279_23094608.jpg

[PR]

# by o-rat | 2018-09-06 20:49 | 2018奄美 | Comments(2)