人気ブログランキング |

元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

タグ:キゴシタイヨウチョウ ( 1 ) タグの人気記事


2019年 07月 16日

コタキナバルの休日

コタキナバルの朝です。昨日まで早起きが続いていたので集合時間もないのに早く目が覚めてしまいました。
せっかく早起きできたんだから朝一で島に行っちゃおうか、と言う事になり、昨日買っておいたパンで朝ごはんを済ませ
早めに出発、目指すはガヤ島までボートが出ているジェッセルトン・ポイント。天気もいいし絶好の海日和です
a0035279_21192462.jpg
しかしその前に手持ちの現金が心もとないので両替しなければならないことに気づき、そのためにパスポートを取りに一度ホテルへ。
そして両替所を探す事30分、意外と近くにありました(^^;
a0035279_21192434.jpg
さらにパスポートをこのまま島に持っていくのも心配なのでもう一度ホテルに戻る羽目に。

そしてあれがない、これがないとやっていたらもう時刻は10時過ぎ。
改めてジェッセルトンポイントに行き、ボートのチケットを買おうとしたところ、受付の横にいた兄ちゃんが
「今からガヤ島に行っても人だらけだよ」と一言。これにガックリきてしまい、また明日朝一で出直すことにしました。なんだかな〜

と言うわけでこの日はバイクを借りて「コタキナバルの休日」に予定変更。
前もって調べておいた「ゴーゴーサバ」と言う店でスクーターを借りました。
相変わらずガソリンはあまり入っていないようですが、今回はそんな遠くまで行くつもりもないので何とかこれで持たせましょう。

そしてまず向かったのがコタキナバルに来たら生きたかった「CotaKinabal WetLand」
マングローブの自然保護区です。
市内からは10分ほどと思ったよりあっという間に着いたウェットランド。さあどんな鳥がいるでしょうか?
入り口の案内を見るとルリカワセミやコウハシショウビンなんかもいるようで期待しちゃいます。
入場料を払いマングローブの中の道を歩き出すと、キゴシタイヨウチョウが出迎えてくれました。
a0035279_21195646.jpg
どろの上に木道が渡されていて、足元にはトビハゼの姿も見えます。
a0035279_21195729.jpg
さらにタイヨウチョウ系がマングローブの中を飛び回っています。
これはチャノドコバシタイヨウチョウの若でしょうか?
a0035279_21195756.jpg
これは中々期待できそう。
ウハウハしながら歩いて行くと。アカガオサイホウチョウも葉っぱの中をチョロチョロしています。
a0035279_21195795.jpg
マングローブの奥からはナンヨウショウビンの声も聞こえてきますが姿は見えません。
a0035279_22393418.jpg
炎天下、時折カポッというマングローブの音がするだけの静かな木道の上。
遠くで動いているのはチャノドコバシタイヨウチョウ。
a0035279_21212201.jpg
そんな中ミドリカラスモドキが賑やかに鳴きながら群れで移動してゆきました。
a0035279_21195733.jpg
結局期待していたカワセミ系は見られないまま一番奥のハイドに到着。
ここでは潮が引いた干潟上のところをイソシギが歩いていました。
a0035279_21195591.jpg
さらにその奥の草むらからギャーギャーとすごい声が聞こえてきました。
カメラを構え声のほうをチェックすると、声の主はムラサキサギの親子でした。
巣立ち間際の雛に給餌しているようです。親鳥に噛み付くように餌をねだっていて
見てると親鳥が可愛そうになるくらいでした(^^;
a0035279_21193858.jpg
こちらはちょっと大きくなった若ムラサキサギでしょうか?水辺をのんびりと歩いています。
a0035279_21195473.jpg
しかしここでもナンヨウショウビンさえ見ることが出来ず、先に進む事にしました。
あと半周、果たしてどうなるか?との期待もかなわず結局この後出てきてくれたのはササゴイ。
a0035279_21195698.jpg
そして出口間際で再びキゴシタイヨウチョウを見ただけでウェットランドは終了。
a0035279_21195612.jpg
まあコタキナバルで鳥撮りなんて全然期待していなかったので、ちょっとでもシャッターが切れて良かったかな。

もう時刻はお昼過ぎ。そろそろ昼ごはんを食べておきたいとこではありますが、
その前にコタキナバルではぜひ行ってみたいと思っていた水上モスクを見学に行く事にします。

ウェットランドからはバイクで10分ほど。
入場料を払ってバイクを止めると、係りの人に案内されたのは外堀の外の芝生広場。
ここまでしか入れないんかい!後で調べた所によると中に入るためにはさらに多くの寄進をして
さらにイスラムの服を借りて着ないと駄目なようでした。
しかもここから夕方までの画像が行方不明という踏んだりけったり。
FBに上げた画像1枚だけが唯一残っていました。
a0035279_21202710.jpg
そんな中、心温まる話もひとつ。
ここでトイレに行こうと思ったのですが、5リンギットを入れなくちゃ駄目っぽい感じ。
でも小銭がなくて困っていると、トイレから出てきたおじさんが代わりに5リンギット払ってくれたのです。
良いんですか!?とビックリしていると大丈夫、と微笑みながら去っていくおじさん。イスラム捨てたモンじゃないな!
とちょっと感動してしまったのでした。



by o-rat | 2019-07-16 22:06 | 2019ボルネオ | Comments(0)