元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

タグ:スノーケリング ( 2 ) タグの人気記事


2018年 12月 10日

2018奄美遠征10 スノーケリングとリーフの鳥

お腹がいっぱいになったらスノーケリングへ出撃!
車を停めてビーチに下りてみると波は結構穏やか、でも潮が意外と満ちています。
昼ごはんを食べているうちに干潮時刻が過ぎちゃたのかな?
a0035279_21183023.jpg
こうなると綺麗な珊瑚のところまで結構泳がなくちゃいけなさそうですが行ってみましょう。
しばらくは単調な砂地と岩のような珊瑚の残骸が続きますが、貴誌から50mほど行ったあたりで生きている珊瑚発見!
a0035279_21182929.jpg
周りにはトゲチョウチョウウオの姿も見えます。
a0035279_21182944.jpg
ただ一面の珊瑚というわけには行きませんね。
もうちょっと沖に出たけれど珊瑚の姿はポツポツ
a0035279_21183047.jpg
魚もボチボチ見られましたが台風の影響も少々あるようだしフィンもつけていなかったため、
あまり遠くまでは行かずそこらで遊ぶ事にしました。
a0035279_21183025.jpg
しばらく漂って満足した所でウミヘビが出てきてくれたのでこれを期に終了。
a0035279_21183027.jpg
さあ、それじゃちょっとリーフの鳥でも見に行こうかな。
a0035279_21183059.jpg
スノーケリングポイントから10分ほどのリーフに着くとここはまだまだ潮が引いています。
さっきのところは引いてもあんなもんだったのかもしれませんね。
やっぱり綺麗な珊瑚はススキューバでないと見られないのかな。

さて鳥撮りしなくちゃ。強い日差しの下目を凝らすとそこここで動く鳥影が見えます。
あれは夏羽のメダイチドリかな?
a0035279_21184325.jpg
キョウジョシギの姿も見えます。
a0035279_21184512.jpg
距離があると陽炎が激しくてモヤモヤしてしまいますがムナグロがいました。
a0035279_21184335.jpg
シロチドリは近くにいてもちっちゃいですねえ。
a0035279_21184441.jpg
リーフの手前の水溜りではソリハシシギが餌を採っていました。
a0035279_21184445.jpg
こちらはトウネン?メダイチドリと比べるとあまりの小ささにびっくりです。
a0035279_21184513.jpg
日差しに焼かれいい加減暑さに我慢できなくなってきたので鳥撮りはこれくらいで終了。
それじゃそろそろ帰路につきましょう。
といってもまだまだ日が高いし明日は家に帰らなくちゃいけません。
名残惜しいのでちょっと寄り道して西郷さんの実家を見学。
a0035279_21192165.jpg
西郷さんの奥さんの子孫が住んでいる家の庭先に当時の家が保存してありますがもう閉園時間を過ぎていて外からの見学。
しかし前に来た時は西郷さんの家があるなんて全然気にしてませんでしたが今回はそこらじゅうセゴドンだらけで押し捲りでした。

セゴドンちの近くの漁港を覗いて見るとイソヒヨドリ発見。
a0035279_21192190.jpg
あーあ、こんな空もしばらく見れないなあ・・・
a0035279_22405591.jpg
そこからさらに半島をぐるっと廻り、ちょっとわき道に入ってみます。
その先に灯台があるということですが思ったより激しいダート、轍の真ん中も草ボーボーで
途中で引き返したくなりましたが頑張ったおかげで素敵な夕暮れの景色に出会えました。
a0035279_21192132.jpg
宿に戻るともう夕暮れ。最後の晩餐はホテルの屋上ビアガーデン。
a0035279_22563217.jpg
大した料理は無かったけど暮れ行く名瀬の街並みが何よりのつまみでした。
a0035279_22405586.jpg


[PR]

by o-rat | 2018-12-10 22:43 | 2018奄美 | Comments(0)
2018年 12月 02日

2018奄美遠征9 台風一過で潤う島

大満足の朝撮りを終えて宿に戻る頃には天気もすっかり回復し、南国らしい青空がパカーンと広がっていました。
こんな天気の下遊べるなら帰るの2日遅れて正解だったなあ、なんて思っちゃいます。
それじゃ南の島を満喫しに出発!
まずはアジサシ達が見られるという漁港へ。
いや~ほんといい天気。そして海が青い!やっぱり南の島はこうでなくちゃ!
a0035279_19511552.jpg
肝心のアジサシは・・・
いました!生簀と思われる筏の縁に沢山のアジサシが止っています。しかもそのほとんどが大好きなベニアジサシ!
それにエリグロアジサシが少々混じっています。彼らも台風から避難して内湾にいたんでしょうか。
a0035279_19381440.jpg
キャラキャラ鳴きながら飛び回るベニアジサシ、青い海に映えますねえ。
a0035279_19381521.jpg
a0035279_19381573.jpg

白色型のクロサギも何羽か飛び回っていました。南だな~!

a0035279_19381497.jpg
ひとしきり撮らせてもらったら北上開始。次のポイントは珊瑚のリーフがハート型になっているというハートロック。
別にロマンチックさとかはいらないんですが、海に行けばまたアジサシ系がいるんじゃないかと思って(^^;

ナビを頼りに走っていくと海辺へ向かうそれらしき小道を発見。車を停めて踏み入ると、
そこはまるで田中一村の画に出てくるような南国ムード満点のジャングル。
a0035279_19511646.jpg
道端の花にはリュウキュウアサギマダラが来ていました。
a0035279_19511545.jpg
鬱蒼とした森の奥からはルリカケスの声も聞こえてきます。
a0035279_19511561.jpg
そして小道の先にはアダンの茂みがありその向こうには・・・
a0035279_19511640.jpg
大荒の海!
まだ台風の影響残りまくってますねえ。
a0035279_19511601.jpg
目的のハートロックはというと、荒波にもまれつつも辛うじてその姿を現していましたが
もっと潮の引いた時にこないと良くわかんないですね(^^;
a0035279_19511692.jpg
さあ、次はスノーケリングに行きましょう。でもこの波で大丈夫かなあ。
と一抹の不安を抱えつつさらに北上。
途中綺麗な所があると車を停め、のんびりと進んでいきます。
a0035279_19511579.jpg
しかしのんびりしすぎたようで時刻は既に13時半。
下手するとまた昼ごはんを食べ損ねかねないので急いで食べる所を探さないと。

近辺では一番の観光地と思われるあやまる岬に行ってみると綺麗なカフェが出来ていたので
入って見ると食べ物はもう売り切れ。さてどうしましょ。カフェで他に食事を出来そうな場所を聞くと
以前、と言っても15年以上前に行った事のある食堂を教えてくれました。まだやってたんだ。
それじゃあやまる岬の綺麗なリーフを眺めたら行ってみましょう。ここらへんの海は穏やかそうですね
a0035279_19511568.jpg
店があるのはスノーケリングをする予定の土盛の海岸。
入って見ると店内はその当時のまま。あの時はたいきがザル蕎麦食べたんだよな。なつかし~
聞くと食事も出来るそうなのでここで昼ごはんにします。
ひーこはカレー、僕はミートソース。これから泳ぐからほどほどにしておかないとね。
a0035279_19511551.jpg




[PR]

by o-rat | 2018-12-02 21:15 | 2018奄美 | Comments(2)