人気ブログランキング |

元 子連れバーダーの日々 BLOG

orat.exblog.jp
ブログトップ

タグ:バイク ( 51 ) タグの人気記事


2019年 06月 04日

キビタキ遠征!

ここの所コマドリにかまけていて今期はまだまともに撮っていなかったキビタキ。
そんなキビタキに会いに、この週末は1泊でちょっと鳥遠征に行ってきました。
とはいえスタートが昼前になってしまったので現地についたのは午後でした。


お天気は上々、いつ来ても気持ちのいい場所です。

そして肝心のキビタキ、まずは会うことが出来ました(^^)
a0035279_23522988.jpg


まだ若い個体でしたが良い声でたっぷりさえずりを聞かせてくれます。幸せ~

a0035279_23522902.jpg


他にはビンズイ
a0035279_23522978.jpg


ウグイスなどを見ることができました。
a0035279_23522838.jpg


しかしひーこさんがこの後牧場のソフトクリームを食べたいというので30分位撮っただけで撤収。
また明日も来るから待ってておくれ~
a0035279_23522999.jpg

と言う訳で一度山を降りて反対側の山の上にある牧場まで1時間ほどのツーリング。
途中天気が悪くなってきて、標高1500mの牧場に着く頃にはすっかり冷え切ってしまい、
凍えながらソフトクリームを頂きました(^^;時折雲の切れ間から差し込む日差しがありがたかった~
a0035279_23585704.jpg


さすが牧場、バイクの前を馬が歩いていきました。
a0035279_23585759.jpg


後は宿に入ってお風呂で温まり、美味しい晩御飯をいっぱい食べた後、
食後のスウィーツ食べ放題に大興奮して頑張ってしまいぐるじくて死にそうになり、そのまま気絶。
a0035279_00071693.jpg


翌朝は早起きして宿の近くのポイントでキビタキ探しをしました。
この朝もいい天気。
a0035279_00164503.jpg

こちらでもキビタキは結構サービス良かったです。
a0035279_00073038.jpg

ここは黒々したオスと若いオスが睨みを効かせ合っていて、
バトルに勢いあまってすぐそばに止まってくれる事も。
a0035279_00073054.jpg

目線の高さで飛びまわることも多かったので、グリーンバックのを色々撮る事ができました。
a0035279_00072933.jpg

やっぱキビタキは綺麗だなあ・・
a0035279_00073088.jpg

この後一度部屋に戻って朝ごはんを食べると早めに宿をチェックアウト。
再び昨日の山へ向かいます。
しかしこの頃になると曇り空が広がり始めました。まあ雨は降らなそうなので我慢しましょ。
a0035279_00164627.jpg
現地に着きバイクを停めると早速キビの囀りが聞こえてきました。
声のほうを探すと新緑の中に鮮やかな山吹色が浮かび上がっています。綺麗だ~
a0035279_00133720.jpg
近くにもう一羽若オス登場。なんかいたるところにキビタキって感じですね。
a0035279_00073011.jpg
足元の草むらから何か緑の虫がが飛び出しました。降りたところに見に行ってみると
羽化し立てのエゾハルゼミでした。これも綺麗な色してます。
a0035279_00164716.jpg

それじゃ遊歩道を歩いてみましょう。
森の中に入るとまずはニュウナイスズメが登場。
動き回るのであんまりきれいには撮れませんでしたが
とりあえず一種追加ってことで。
a0035279_00133838.jpg

そしてここでもキビタキの囀りが聞こえてきました。黒くなりきっていない
若いオスが多いですね。
a0035279_00133899.jpg

それでもやっぱキビはきれいだ~
a0035279_00133837.jpg

キビを満喫したら森を抜け草原地帯の木道へ。
ここではノビタキが出迎えてくれました。
a0035279_00133959.jpg

はるか彼方の潅木の上ではホオアカが囀っていました。
a0035279_00133902.jpg

そして再びノビタキ、こちらもいい声で囀っています。
a0035279_00133800.jpg

草原地帯を抜けると木道は再び森の中へ
a0035279_00164658.jpg

森の中を流れる川の周りは新緑に彩られています。晴れてたらもっと綺麗だったろうなあ。
a0035279_00164764.jpg

木道と木道の隙間ではヒガラが一生懸命巣材を集めていました。
a0035279_00164527.jpg

キビの声もそこここで聞こえてはきますが、ちょっと遠かったり茂った葉っぱの中に居たりで姿を見つけるまでにはいたりません。
目的地と決めていた池のところまで来た所で、これからのツーリングもあるので引き返す事にします。

帰り道は気温が上がってきたせいか、森の中はエゾハルゼミの声で溢れて
キビタキの声が聞こえなくなってしまいました。
その代わり元気のいい声でチョチョビーと囀っていたセンダイムシクイに見送られ、鳥撮り終了。
a0035279_00133900.jpg

バイクのところに戻るとリアボックスの上にスターウォーズっぽい虫が・・・
a0035279_00164522.jpg
スカシシリアゲモドキというののメスらしいです。

こんな感じでキビタキ遠征は終了
a0035279_00133777.jpg

この後はワインディングの峠道を超え、高原の風景の中を走ってとツーリングを楽しんでから高速に乗って無事帰宅。
500kmちょっと走りましたが、その割に鳥撮り時間は短かったかな。
もうちょっとドップリ鳥撮りに浸りたかったですが、
まあ目的のキビにはいっぱい会えたから良しとしましょう。

さあ、これから6月後半まではお休みなしです。その後の狙いはサンコウチョウくらいですかねえ。





by o-rat | 2019-06-04 09:41 | 野鳥 | Comments(0)
2019年 05月 27日

今週もコマ!

なんと3週連続でコマ詣で。今月に入ってバイクで1000kmは走ってます(^^;

お山はツツジが見ごろで華やかな雰囲気いっぱいでした。
a0035279_22144801.jpg

そして今週もコマドリ、尾羽を広げてヒンカララララララーとやってくれました。
a0035279_22103566.jpg

何度聞いてもいい声ですねえ。
a0035279_22103599.jpg

この日は標高1500mの現地でもTシャツ1枚で良いくらい暖かくてめちゃめちゃいいお天気。
a0035279_22103740.jpg

とっても気持ちよかったけれど、ちょっとコントラストがきつかったかな。
a0035279_22103527.jpg


ともあれ今週も会うことが出来て良かったです(^^)

a0035279_22103605.jpg


昼前には観光客も大勢やってきたので早目に退散。
帰り道を歩いていると、先週は見られなかったニワハンミョウ発見。

a0035279_22103683.jpg


あと、にゃっちさんが綺麗な蛾を発見。
フジキオビというやつで結構珍しいやつみたいです。やった!

a0035279_22272567.jpg


この日は夕方から用事が会ったので昼過ぎには早々に撤収することにしました。
帰路、途中の川辺で一休み。

a0035279_22103560.jpg


川の中を覗いてみると岸辺の流れがゆるくなっている所に鮎が泳いでいました。

a0035279_22103640.jpg


そして帰り道の途中の田んぼで佇んでいたキジを撮ってこの日は終了。

a0035279_22103665.jpg


しかし今月はコマドリばっか撮っていたなあ。
サンコウチョウはまだまだこれからとして、そろそろキビタキが恋しいところです。



by o-rat | 2019-05-27 22:35 | 野鳥 | Comments(6)
2019年 05月 21日

コマドリ ディスプレイ真っ最中

前日に引き続き日曜日も夏鳥を目指して取れたさんと一緒にちょい遠征。
狙いはコマドリです。

現地に着くとコマドリのヒンカラが響き渡っていました。
声を頼りに姿を探すとコマドリ登場!どんどん近くにやって来ます。

そして尾羽を上げてヒンカラララララ~!これぞ求めていたコマドリの究極体型!
a0035279_22262307.jpg


先週のコマドリは、他のオスやコルリに対しての縄張り宣言、
というか喧嘩上等って感じのヒンカラでしたが、そういう時は尾羽は上げないみたいです。

a0035279_23412511.jpg

こんな風に尾羽を上げ、さらに広げちゃう時はメスに対するアピールをしてる、
いわゆるディスプレイでしょう。

a0035279_22262360.jpg

しかし良いところでヒンカラやってくれますねえ。この姿をずっと思い描いていたので、
ヒンカラ言うたびにシャッターを切らずにはいられません。


近くではミソサザイも元気に囀っているので箸休めにちょっと撮影したりしつつ

a0035279_22262204.jpg


ヒンカラが聞こえてくるともうそちらに釘付け

a0035279_22262298.jpg


と、ヒンカラばっかり撮っているとたまに口を閉じた所も新鮮です。

a0035279_22262231.jpg


やがてコマドリは頭に尾羽が着くくらいに尻尾を挙げてディスプレイステーションと思われる岩の上で歩き始めました。

a0035279_07431269.jpg


これを何度も繰り返し、さらに地団駄を踏むみたいな尻尾上げヒンカラ!

a0035279_22262264.jpg


彼をこれほど駆り立てさせたのはこのメスでした。

a0035279_23153788.jpg


と言う訳で今週はコマドリのディスプレイをたっぷり堪能させてもらえ、おなかも一杯。

a0035279_22262433.jpg


やがてお昼近くなりヒンカラも聞こえなくなったので現場を撤収。

a0035279_23171591.jpg


バイクのところに戻る途中に遅れて家を出たひーこと合流し
みんなでお蕎麦を頂いてから帰路につきました。

a0035279_22572511.jpg


帰り道の川でちょっと一休み。魚釣りもしたいなあ。

a0035279_22572551.jpg


さらにいつもの草原でも一休み。風が気持ちよかった~

a0035279_22572479.jpg

ここでオオヨシキリを撮ってこの日の鳥撮りは終了。

a0035279_22572560.jpg

と言う訳で2日続けての大満足鳥撮りとなりました。
さあ、次の週末はどうしようかなあ。
やっぱりこの時期はワクワクがとまりません(^^)










by o-rat | 2019-05-21 23:29 | 野鳥 | Comments(4)
2019年 05月 13日

夏鳥シーズン開幕!まずはコマドリ、コルリから

GWも終わっていよいよお山の夏鳥シーズンが開幕。
一年で一番忙しくて楽しい時期がやってきました!

と言う訳で夏鳥遠征第1弾は恒例となったげんさんと行くコマドリ大作戦です。

今年もお天気に恵まれ、楽しいツーリングの後現地到着。
標高1500m越えのこのあたりはまだ桜が咲いていました。
a0035279_22084782.jpg

まず聞こえて来たのはコルリの囀り
声のするほうを探すと木の上で囀るコルリ発見。
a0035279_21011500.jpg

そのままずっと眺めていると、ひょいと下に降りてきてくれました!
a0035279_20434190.jpg

そしてすぐ近くで「チッチッチッチッチッ ヒンカララララララ~」
a0035279_20434177.jpg

ロクヨンを置いてオリンパスセットだけで様子を見に行った先ではコマドリ登場!
ヒンカラやってるじゃないですか!何でこんな時に~!
それでもそこそこ写ってくれたので何とか救われました。
a0035279_20450385.jpg

道路にはコツバメの姿も見えます。こう言う時のためのオリンパスです。
a0035279_20450350.jpg


それではもうちょっと登ってみましょう。
去年いい思いをした沢の辺りまで来ると、岩の上でヒンカラやっているコマドリ発見!

尾羽は上げてくれませんが、結構気合を入れて囀っていました。
a0035279_20434047.jpg

これは期待をもてそう!とワクワクしながらカメラをセットし、げんさんと一緒にじっと待機。
この苔生した岩の上に止まったらたまんないね!なんていいつつ待つこと1時間。
a0035279_22102979.jpg
しかしコマドリがやってくる気配はなく、結局アナグマを見ただけで終了。
a0035279_20450471.jpg
しょうがないのでさっきのポイントへ戻ることにしましたが、その途中山桜の花をついばむコガラに遭遇。
花を食べているのかと思ったら、中にいる芋虫を摘んでいました。
a0035279_20434035.jpg


地面をプンプン飛び回っていたのはニワハンミョウ。

去年のコマドリポイントでも見ましたが、住んでる環境が似ているのかな?
a0035279_20450470.jpg

それでは再びコルリと行きましょう。
去年はあまり見られなかったコルリですが今年はいっぱい遊んでくれました!
a0035279_20434074.jpg

コルリを撮っていると後からゆっくりと家を出たひーこも無事合流。

時折ゴジュウカラもやって来ます。
a0035279_20434175.jpg

さらにコマドリメスも登場。
a0035279_21423645.jpg

こいつが意地悪なメスでコルリを追っ払ってしまいました。
かわいそうなコルリはしばらく藪の中で様子見です。
a0035279_20450449.jpg

やがてメスコマが居なくなった隙に薮から登場。太陽の下だと白いおなかがまぶしいですねえ。
a0035279_20434089.jpg

と、そのとき別のポイントからコマドリの高らかな囀りが聞こえてきました!
あわててそちらに行ってみると綺麗なオス!
a0035279_20434065.jpg

そしていいところに止まって尾羽を広げヒンカラララ~
a0035279_20434100.jpg

さらにもう一丁ヒンカラララ~
a0035279_20434122.jpg

これでこの日は大満足。
時刻も昼を過ぎひーこも飽きてきたようなので撤収しましょう。
バイクへの道すがら、ひーこが蛇を発見。これを撮ってこの日の鳥撮りは終了となりました。
a0035279_20450380.jpg

げんさんとはここでお別れ、春の交通安全週間ということでスピードに気をつけつつ、
あとは楽しく山の中をツーリング。
山の中の道の駅で昼ごはんをいただきました。
a0035279_22084712.jpg

このあと雷鳴と共に雨が降り始めましたがそれもまたツーリングというもの。
雨の峠をゆっくりと走りぬけ、雨雲からの脱出成功。

というわけで鳥もいっぱい撮れたしツーリングもたっぷり楽しめ、ボルネオ以来の充実した1日となりました。


by o-rat | 2019-05-13 22:18 | 野鳥 | Comments(2)
2019年 04月 08日

スプリングエフェメラルのち決死の登山 そして衝撃の!

日曜日はこの時期にしか見られない蝶を求め、桜満開の中を山までツーリング。

a0035279_22144113.jpg


目的地の峠は芽吹き始めたばかりという感じ。
そんな中まず出迎えてくれたのがミヤマセセリ

a0035279_21141769.jpg

さらに登山道を登っていくと稜線に出たあたりで目的のギフチョウがヒラヒラと舞い始めました。
アゲハチョウの力強さとは対照的なはかなげな飛び方はまさにスプリングエフェメラルって感じです。
やがて一頭が地面に止まりました!風に煽られ必至に枝にしがみついています。
a0035279_22203919.jpg

その後もポツポツと飛んでくるギフチョウ。そのまま谷の奥へ飛んでいってしまうものもいますが
時々すぐそばに降りてくれる個体も。
a0035279_21141742.jpg

翅を立てていると煽られるので、ぺたっと伏せる姿勢のほうが都合が好きみたい。
a0035279_21141613.jpg

しかしなんとも可憐な蝶ですね。
a0035279_21141624.jpg

なんて思っていたらスミレに舞い降りてくれました。というよりフラフラと着地して
地面を這うようにスミレにたどり着き、風に飛ばされないようにしがみつくようにして吸蜜する様は
なんだかちょっとイメージと違ったな。
a0035279_21141669.jpg

オリンパスを導入したらギフチョウを撮りたいと思っていたので目標達成できて一安心。

去年はギフチョウを撮ったところで撤収したのですが、今年は時間もあるし折角来たので頂上まで登ってみる事にします。
砂礫っぽい地面は滑りやすいので、急斜面に付けられた水平とは程遠い谷に向かって傾いた踏み跡を歩くのはなかなかの恐怖。
a0035279_21141585.jpg

さらに頂上直下の登りはほぼ崖。足元滑りまくりなので木の枝や根っこを掴んで這い登る感じです。来なきゃよかった~
でもここまできたら引き返すのもナンなので頑張って登り続けます。
そしてやっと稜線に這い上がると・・・そこには立派な登山道が!うちらのルートは完全に裏ルートだった模様。
しかしバイクのところまで戻るにはいまきた崖を下らなきゃなりません。憂鬱だ~

まあしょうがないのでとにかく頂上を極める事にします。やった~頂上制覇!
a0035279_22154186.jpg

そんなに広くない園地にはカメラマンが2名。周りを一頭のギフチョウが飛び回っていましたが、止まろうとするとこいつ
a0035279_21141682.jpg

越冬ヒオドシチョウがやってきて飛ばしてしまうようです。
まあギフチョウはたっぷり撮ったからもういいでしょう。
それより気になるのが下りの登山道。あそこをとっととクリアしないとどうも落ち着かないので
早々に撤収。

そして下りは案の定ありじごくのようにズルズル滑りまくり。
掴める物は何でも掴んで何とか滑り落ちてるようにクリア。
やっと一息つけたところでもこの斜面です。
a0035279_22154175.jpg

でも経験というのは人を強くするもののようで、ここから先の斜面は割とゆとりを持って歩いてゆくことが出来ました。
コガラを撮ったりする余裕だって出てきました。
a0035279_21141785.jpg

木の幹に擬態した蛾みたいなのもM3/4のサンヨンならマクロ的に撮る事ができますね。
同じレンズで鳥から虫まで撮れるんだから結構すばらしいシステムじゃないでしょうか。
a0035279_21141656.jpg

帰り道には残念ながら止まってくれるギフには会えず。最後にミヤマセセリを撮って登山終了。
a0035279_21141763.jpg

いや~大変だったけどなかなか楽しかったです。

さあ、それじゃ帰りましょう。

機材を片付け走りだすと、近くの集落に綺麗な桜がありました。
あの下にバイクを置いて写真でも撮ろうか、と、ちょっと横道に入ります。と、ここで悲劇は起こりました



エンストで立ちゴケ(TT)
たまたまカメラ回ってました。頑張ってこらえたんですけどねえ・・・

まあサイドバッグのおかげでほとんど被害はなかったのですが、このあと起こすのが大変でした(^^;


これで少々凹みましたが帰りも桜だらけの中をツーリングして元気も回復。

a0035279_23130600.jpg


バイクにいい季節になって来ましたねえ。

しかし・・・エンジンガード、着けようかな(汗)



by o-rat | 2019-04-08 23:15 | 虫撮り | Comments(6)
2018年 10月 29日

キビも終わりで海へツーリング


水曜日からしばらく出張で来週末は遊びに行けません。
なのでたっぷり楽しんでおこうと土曜日は地元に出撃。
木々は少し色づいてきました。
a0035279_22181464.jpg


木の上ではモズがキチキチ鳴いています。

a0035279_22181420.jpg


朝一でキビタキオスがいたとの話を聞き張り込んでみますがでてくるのはメスばかり。

a0035279_22181556.jpg


途中TさんのゴーヨンPFを貸してもらいちょっと歩いていたらハイタカが飛んできてくれたので試し打ち。

a0035279_22181503.jpg


う~ん、なかなかいい感じ。でもお高いですよねえ・・・

その後は再びキビタキ待ち。

a0035279_22181565.jpg


でもやっぱりメスしか現れず。

a0035279_22181511.jpg


代わりにここらへんでは冬鳥のアオジを今季初撮りとなりました。

a0035279_22181569.jpg


秋の渡りもほぼ終了ですかねえ。となるとジョウビタキがもうちょっと
アピールし始めても良いと思うのですがこの日は暖かかったから調子が狂っちゃったのかな?

翌日曜は海までツーリング。途中j海老名のSAで「名物なんだったっけ?」と思いつつ、
美味しそうだったのでカレーパンを買って10時のおやつに。

a0035279_22261749.jpg

お腹も満足行った所で再び走って目的地に到着。

a0035279_22261730.jpg
バイクを留めるととりあえずロクヨンを担いで島内の散策に行ってみます。
a0035279_22261724.jpg
大通りの裏には細い道が続きひなびた漁村の雰囲気。意外と静かな所なんですね。
a0035279_22261802.jpg
避難用階段を登って見晴らしのいいところにでました。長閑だ~

a0035279_22261897.jpg
と思っていたのもつかの間、ここから参道に合流するとえらい人混み(><)
とりあえず島を横断し向こうの海岸まで出て見ましたが
急階段が多くてロクヨンを担いでの上り下りはメチャクチャきつかった~
a0035279_22261889.jpg
結局この道中で見れたのはトビくらい。
a0035279_23414889.jpg
ただのロクヨン運搬特訓になっちゃいました。

再び大混雑の参道を降り、海辺に行ってホッと一息。
なかなか荒れていますねえ。
a0035279_22261606.jpg
と、そこへイソヒヨドリ登場!
a0035279_22181550.jpg
荒磯をバックにイソヒヨドリが撮れてちょっと来た甲斐がありました。
a0035279_22264265.jpg
a0035279_22264221.jpg
アップも幸せ♪
a0035279_22264215.jpg
これで一応溜飲が下がったのでお昼ごはんにします。
小さな鮮魚食堂で名物生シラスとシラスの天ぷら、
a0035279_22261631.jpg
そしてアジフライを頂いてひーこさんも大満足。
a0035279_22261789.jpg
帰りには久しぶりに西のカワセミに会いにいってみました。
カワセミは健在、綺麗なオスです。
a0035279_22264206.jpg
もう日陰でトビモノは撮れませんでしたが、
綺麗なオスは久しぶりなのでこれも嬉しかったです(^^)
a0035279_22264185.jpg
池にはヒドリガモの姿も。この土日は結構暖かかったけれど冬が近づいてるんですね。
a0035279_22264178.jpg
ここの木々も大分紅葉が進んでいました。次のお休みの頃にはジョウビタキにいっぱい遊んでもらえるかな。
a0035279_22261781.jpg







by o-rat | 2018-10-29 23:57 | 鳥撮りツーリング | Comments(2)
2018年 08月 17日

ロクヨン バイクで鳥撮り仕様完全版

ここの所バイクでの運用がメインになったロクヨン。
リアケースに入れた耐衝撃ケースで持ち運んでいるのですが、やはり細かい振動が多いようで
フードとレンズの取り付け部が削れて来てしまいました。

a0035279_21323241.jpg


使う分には特に問題ないのですが、あまりこのまま使っているのもフードにもレンズにも良くないと思い
折りたたみのフードを導入することに。

とりあえず天体望遠鏡用のエンビ製巻き付けフードで運用していましたがあまりかっこよくありません。
そこでひーこさんからお誕生日プレゼント(また忘れられていました;;)にレンズコートのトラベルフードを買ってもらいました。

a0035279_21160639.jpg



うん、エンビ板より全然かっこいいっす(^^)

a0035279_21132558.jpg



収納時はボディーに巻きつけておけるのでかさばらず、その分耐衝撃ケースの断衝材を増やす事ができました。

a0035279_21133219.jpg



さらに勢いで前から欲しかったジッツオの4型5段も導入(^^;ちっこいです~

a0035279_21133561.jpg



これならザハもボールベースごとワンタッチで取れるしサドルバッグに振り分けて入れられるので
今までの三脚運びの苦労から開放されるでしょう。

a0035279_21265562.jpg


これで鳥撮り装備、バイク仕様は完璧!

a0035279_21133836.jpg







by o-rat | 2018-08-17 21:34 | 撮影機材 | Comments(4)
2018年 06月 18日

ヤマセミホイホイ

日曜日はひーことはお昼にバイクで現地集合のパターンで再びRICKさん、にゃっちさんとお出かけ。
目標の鳥の前に寄り道したら、ちょっと距離が遠かったけど
久しぶりにヤマセミに会うことができました。
a0035279_19524578.jpg

まずは思いがけない出会いが出来てちょっとうれしいです。
それでは今回のメインターゲットに会いに行きましょう。

渓流沿いの道を捜し歩いていくと、まず出てきてくれたのがオオルリ。
大きな声で囀っていましたが暗いので嘴がぶれちゃいました。
a0035279_19524904.jpg

岸辺にはカワトンボ
a0035279_19525380.jpg

流れの中にはカエルもいます。
a0035279_19530768.jpg

そんな素敵な環境の中「グェ グェ ホイホイホイ」の声が聞こえてきました。
声を頼りに姿を探すと・・・いました!本日の主役ホイホイ!
a0035279_19525619.jpg

木の間をせわしなく飛び回り、姿を見せてくれるのはほんの一瞬なので撮るのは大変でしたが何とか捕らえる事ができました。

そのあとはちょっと見晴らしのいいところで、緑の口の中を見せてホイホイやってくれました・・・が尻尾がチョイ残念。
長いから引っかかっちゃうんですね。
a0035279_19525999.jpg
さらに追従しつづけもうワンカット
a0035279_22333556.jpg
そして場所を変えてもう一回と一応今期で一番まともにホイホイゲットすることが出来ました。
a0035279_19530412.jpg

ホイホイに満足して地面に目を向けると綺麗な虫が飛んでいます。
止まった所にそ~っと近寄るとハンミョウでした。この前のニワハンミョウより全然綺麗です。

まずは腕を伸ばしコンデジで一枚
a0035279_19532058.jpg

さらにレンズをロクヨンから90mmマクロに付け替えひざを着き
そーっと上半身を倒し接近する作戦でドアップを狙います。
そしてそーっと肘を突きドアップゲット!
a0035279_19531175.jpg

と、その時肘に違和感が・・・なんだろう?と思ってみてみると・・・
ひえ~~~~ヒルじゃ~~~~!
あわてて摘んで放り投げ、何とか咬まれるのは防げましたが、
国内でヒルに会ったのは初めて。ちょっとショックです。
これからは虫撮りのときもちょっと気をつけないとね。あ~怖かった。
a0035279_19531793.jpg

ヒルの後アオジョウガイを撮ったあとひーこから現地到着とのラインが来たので鳥撮りは終了。
a0035279_19532251.jpg

みんなで尾昼ごはんを食べに行きました。
今日もお昼はお蕎麦。僕は先週に引き続き暖かい鴨汁のせいろ。うまかった~
a0035279_19532462.jpg

食後はRICKさんたちと別れてひーこと二人ツーリング、海を目指しました。
山の中を通り抜けると1時間ほどで海岸に到着。海だ~!って感じ
a0035279_19532798.jpg

そこからしばらく海沿いのツーリングを楽しみました。あんまり海見えなかったけど(^^;
a0035279_19532987.jpg

海から離れるともう4時過ぎ、そろそろ帰らなくちゃ。
大渋滞のアクアラインを通ってうみほたるで一休み。
a0035279_19533199.jpg

そして真っ暗になる前に無事帰ってきました。楽しかった~
これからは他の夏鳥も一段落してホイホイの季節、また来週もホイホイかな。



by o-rat | 2018-06-18 21:36 | 鳥撮りツーリング | Comments(8)
2018年 06月 15日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング 峠を越えて夕方鳥撮り

川俣ダムを過ぎるといよいよ山奥へやってきた感があります。
この先川俣温泉というのがあるらしいですが、さぞやひなびた秘境の宿なんだろうな
なんて思いつつ走っていくと、目的の林道峠に行くには温泉の手前で曲がり、川を渡る事が判明。
そしてその橋を渡りつつ先の方をふと見ると、そこにあったのは高層階の温泉旅館が立ち並ぶ
まるで熱海のような巨大温泉街でした。あれが秘湯川俣温泉・・・なんかめっちゃ期待を裏切られた感じ・・・

一方僕らが向かった峠への道はすれ違う車もほとんどいない、ほんとに秘境っぽい道でした。
ほんとに向こう側に出れるんだろうかとどきどきしながら九十九折れの道を登って行き、
途中ちょっと見晴らしの利くところでバイクをとめてみると、
さっきまで通ってきた鬼怒川の流れが。
a0035279_20331741.jpg
動画も撮ってみました。



30分ほど木々の茂る林道を走ると最高地点っぽい広場があり、
そこから先は雰囲気がガラッと変わり所々開けた場所が現れるようになりました。
a0035279_20332956.jpg
前にそびえるのは男体山かな?なかなかの絶景です。
a0035279_20333248.jpg
やがて道は下りベースになってきて、林道制覇もあとちょっと。
標高が下がるにつれ周囲は笹薮と白樺の明るい林になりました。
a0035279_22174574.jpg
そして久しぶりの人の気配と共に峠越えも終了。
目的地の牧場に無事到着!
a0035279_22233019.jpg
ここでアイスクリームを食べてホッと一息
a0035279_22232835.jpg
ここで先に宿にチェックインするひーことは別れ、僕は鳥撮り開始!
目星をつけていた林道に行ってみます。かなり奥まで行くと道路を挟んで鳴き交わすキビの声。
声を頼りに結構粘ってみましたが、木の上のほうを飛び回っていて撮れるような所まで降りてきてくれません。
時刻はもう4時半を周っているし、あまり時間も無いので移動する事にしました。
a0035279_22233458.jpg
エンジンを切ってヘルメットも脱ぎ耳を澄ませます。カメラとロクヨンはたすき掛け。
いつでも撮影できる体制で惰性で林道を下っていくと再びキビの声。今度はかなり近いし位置も低いです。バイクを停め撮影準備。

三脚を担いで声のほうへ近づいていくと・・・良いところにとまっています!
a0035279_20334600.jpg
う~ん、綺麗なキビ。今回の鳥ツーでやっとまともに鳥が撮れた感じです。
a0035279_20334222.jpg
グリーンバックの目の前の枝でも囀ってくれて大満足♪
a0035279_20333991.jpg
この時点で時刻はもう5時半を過ぎていました。
ひーこから部屋番号と晩御飯の時間をラインで教えてもらう手はずだったのですが
どうも連絡来ないなあと思ったら、ここは電波が届かない事が発覚。
ご飯が6時からだったら拙いので、キビも撮れた事だし今日の所はこれくらいにして宿に向かうことにしました。
a0035279_20374666.jpg
宿に着くとフロントで部屋番号を教えてもらい、ひーこと合流。
晩御飯は7時からにしてもらえたそうで一安心。
まだ1時間ほど余裕があったので、近くの湖に行ってみました。
a0035279_22234144.jpg
湖面は鏡のように静まりかえり、夕暮れの青空を映していました。
a0035279_20334980.jpg
今日一日、とってもいい天気でしたが明日は台風の影響で前線が活発化するらしいです。
早朝はなんとか持ちそうですが、果たしてどうなるか・・・

再び宿に戻りかけ流しの温泉でゆっくり暖まったあとは晩御飯。
この時点でひーこさんはすっかり泥酔しており会話もままならない状態(^^;
ちなみにスマホで料理を撮ってもらったらこんなのしか写ってませんでした。
a0035279_22233969.jpg
お腹いっぱいになって部屋に戻るとふかふかのお布団が・・・
もちろん倒れこんだ瞬間気絶するように眠りに落ちてしまいました。






by o-rat | 2018-06-15 22:59 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)
2018年 06月 14日

2泊3日鳥撮り&ダムハントツーリング ダムハント!

宿をでると曇り空の下グーグルさんの言うとおりに去年と同じゴールドラインを通って山を下ります。
a0035279_22362882.jpg



山を降りるにつれ晴れ間が覗いてきました。やがて眼下に会津若松の街並みが見えてきます。
ここからの景色、結構好きなんだけど止るタイミングを逸してしまったので車載で一応撮影。

a0035279_22365502.jpg



山を降り切ると汗ばむ暑さ。この日東京では今年初の真夏日になったそうで、そりゃ暑いですな。
車の多い街中を抜けると畑の中の一本道に

a0035279_22370195.jpg



隣には会津鉄道が併走しています。ここからはこの線路に沿ってひたすら進みます。
列車が来れば良いのにと期待したものの、結局道中一度もすれ違わず。

a0035279_22370616.jpg



いくつかの集落を抜けると道はすっかり山の中へ。

a0035279_22374277.jpg



ここからしばらく行くと今回初のダムに到着。
ひーこと「なんだかダムの管理事務所への道ってどこも似たような感じだねえ」なんて言いながら
ダムサイトへ向かっていくと・・・ん?デジャビュ?
あ~ ここ去年の夏にも来た大内ダムじゃん!

という事でとっととスルー。まあたまにはこういうこともあるのです(^^;

a0035279_22384216.jpg



大内ダムをあとに街道をどんどん走ってゆきます。前回よりは1時間ほど速いペース。
ホテルはやめにチェックアウトしておいて良かった~

a0035279_22374748.jpg




やがて並走する阿賀川の河原が広くなってくると南会津もそぐそこ。
2度目のせいかあっという間に着いちゃった気がします。

a0035279_22375252.jpg



ここから先、どんどん秘境に向かうので南会津で念のためガソリン補給。
こういうところはどこのスタンドも価格横並びみたいですが、そんな中JAのスタンドはちょっとだけ安かったです。

a0035279_22383992.jpg



昼ごはんにはまだちょっと早かったので先に進みますが
南会津の街には魅力的なご飯屋さんがいっぱいで非常に後ろ髪を惹かれます。

ここから日光方面へ転進。気持ちの良い青空の下、快適なツーリングが続きます。

a0035279_22375829.jpg



やがて前回向かった那須塩原方面とは別の方向に曲がると素敵な渓流に沿った道になりました。
なんだか釣りがしたくなっちゃうなあ。

a0035279_22380667.jpg



その先道がちょっと広くなってくると、川はダムのバックウォーターっぽくなってきました。

a0035279_22382100.jpg



そしてトンネルと橋をいくつか抜けると湯西川ダムに到着!やった~

a0035279_22451013.jpg



管理事務所のインターフォンを押すとおじさんがダムカードを持ってきてくれました。
よっしゃ、まずは1ダムゲット!
a0035279_22393970.jpg



さあ、あんまりのんびりしていると夕方の鳥撮りタイムがなくなってしまいます。とっとと次に行きましょう。
次のダムは目と鼻の先の五十里ダム。ここも管理事務所のインターフォンを押してカードを持ってきていただきました。

a0035279_22382956.jpg



順調順調♪さあ、次いこうかね。

と調子に乗っていたらグーグルさんがいきなりバカになり、気がつくと来た道を戻っていました。
明らかに道が違うようなので、ここらで昼ごはんをかねて一休みして仕切りなおしとなりました。
どこかいい店ないかなあ、と探しながら走っていると、蕎麦打ち職人さんっぽい人発見。
横にあったお店で食事が出来るか聞くと大丈夫だというので、ここでお昼にしました。

画像撮るの忘れちゃいましたが暖かい鴨出汁のつけ汁でいただく手打ち蕎麦、とっても美味しかったです。


a0035279_22395258.jpg


それじゃグーグルマップをセットしなおし出発!
来た道を引き返し、さらに先に進みます。

a0035279_22391682.jpg



川は再び狭くなっていきこれまた魅力的な渓相に。


a0035279_22395840.jpg


ここの先、画像を忘れてしまいましたがお土産物屋みたいなところで
栃木黒部ダムのカードゲット。

道はどんどん奥地に向かい秘境っぽさが漂ってきました。
そして川治ダムも制覇。ここもダムサイトのお土産物屋さんみたいなところが配布場所でした。
ここで悔しい事が発覚。湯西川、五十里、川治、川俣の鬼怒川4ダムのスタンプを集めるとカードホルダーをもらえる
キャンペーンをやっていたそうなのです。もう引き返すにはちょっと遠い湯西川ダム・・・まあしょうがない、諦めましょ。

a0035279_22522261.jpg


さあ、それじゃいよいよ最奥のダム、川俣ダムを目指しましょう。
渓相は再び変わり河原のある明るい流れに。フライフィッシング向けっぽいなあ。
でもここで釣りするならほんとに釣りをメインの目的にしてこないとちょっと遠いですね。

a0035279_22401178.jpg


そしてついに川俣ダムに到着。とうとうここまでやってきましたなあ。
無料駐車場に車を止めてダムサイトまで結構な距離を下っていくと管理事務所があり。ダムカードをいただけました。

a0035279_22400269.jpg


ダムサイトは工事中。命綱一本で法面で作業をしている人を見ると見てるこっちがすくんでしまいます。

a0035279_22400644.jpg



ここから今降りてきた道を再び登りバイクのところまでつくともう息も絶え絶え。
ここが今までで一番体力的にハードだったダムカードゲットでした。
こうして5ダムカードをゲット。ひーこはホクホクでした(^^)

a0035279_21574815.jpg


さあ、それじゃここからもうひとっ走り、林道で峠を越えて今日の宿に向かいます。



by o-rat | 2018-06-14 21:59 | 鳥撮りツーリング | Comments(0)